2006年05月31日

■ルーブル高の今後〜いつまで続く!?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日も天気は曇り雨。夕刻から晴れでした。ところでモスクワは今、日の出が4時55分、日の入りが22時ですひらめき。晴れていると、太陽が中々沈まないので、嬉しい季節ぴかぴか(新しい)です。はい。

■さて、今日のMMVBのインデックスは、0.79%右斜め下の1,303.53でした。売買代金は約713億Rblでした。71社が右斜め上で、77社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値/ 前日比 /売買代金)
『ロステルAO』・・・100.34Rbl / 1.2%右斜め上 / 約16億Rbl
『タトネフチ』・・・121.7Rbl / 0.79%右斜め上 / 約1億Rbl
『ガスプロムAO』・・・282.9Rbl / 0.15%右斜め上 / 約401億Rbl
『ズベルバンク』・・・4万2,890Rbl / 0.14%右斜め上 / 約13.5億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『モスエネルゴ』・・・5.978Rbl / 5.26%バッド(下向き矢印) / 約2億Rbl
『アエロフロート』・・・47.3Rbl / 2.79%右斜め下 / 約1,747万Rbl
『統一エネルギー』・・・16.372Rbl / 2.37%右斜め下 / 約126億Rbl
『シブネフチAO』・・・122.99Rbl / 2.31%右斜め下 / 約5,718万Rbl
『ルコイル』・・・2,166Rbl / 1.77%右斜め下 / 約70億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,161.08Rbl / 1.27%右斜め下 / 約3,567万Rbl
『ユコスAO』・・・29.75Rbl / 0.83%右斜め下 / 約2,762万Rbl
『スルグトネフチガス』・・・38.205Rbl / 0.25%右斜め下/約8.4億Rbl

■今日はスタートから右斜め下。欧州市場開始後も右斜め下でしたが、その後、若干盛り返しました。しかし結局NY市場開始後に伸びきらず、0.79%の右斜め下で終了。やはり、外的要因に左右されますねダッシュ(走り出すさま)。しかし右斜め下と言っても、先週のような荒れ模様ではなく、下げ幅も小さくなっています雷。はい。さぁ〜明日はどうなるでしょうかexclamation&question

■さて今日のニュースは、為替レートのお話しです猫。最近の対ドルレートでのルーブル高は、インフレ上昇の沈静化とともに、徐々に落ち着いてきている感はありますー(長音記号1)

■しかし、問題は今後雷。一体、どれくらいまでルーブル高は続くのでしょうか犬exclamation&question それでは、記事へLet`s GoモバQ 

本 ロシア政府は、今後数年のルーブルレート高の予測値を上方修正した、とジャーナリスト達に対し、経済産業発展省マクロ経済予測局局長のアンドレイ・クレパチュが月曜日に伝えた。

本 『私達は、独占企業のサービス料金値上げに対するインフレ効果を維持するために、更なるルーブル高に進みました』、と同局長は語った。

本 今後数年のロシアの発展のシナリオによれば、2006年の対ドルの実勢為替レートは26.9Rblで、2007年は26.3Rbl、2008年は26.9Rbl、2009年は27.3Rblになるという。

本 ルーブルの公定為替レートは、2006年には6〜7%上がり(以前の予測では6.5%だった)、2007年は5.1%(以前は2.8%)、2008年は1.3%(同1.1%)、2009年は0.9%(同0.4%)。

本 ロシアの5月の20日間のインフレ率は0.3%だったと、クレパチュ局長は伝えた。経済産業発展省の予測では、5月のインフレ率は0.4〜0.5%になり、5ヶ月間で5.8%〜5.9%になるという。

本 『今のところ、インフレは、昨年よりも遅いテンポで進んでいます』と局長は語る(2005年の5ヶ月間では7.3%だった)。クレパチュ局長は、インフレ進行の鈍化を、公共料金や食料品価格の値上げが、昨年よりも、さらに抑えられているからだと説明した。

■“独占企業”とは、石油・ガス・電力会社などのことで、↑の株価コーナーに居並ぶMMVBに上場している“優良企業”のことです猫

■ロシアはハイパーインフレを体験しているだけに、一体、ルーブル高は、いつまで続くのだろうかexclamation&question、と心配してましたが、このシナリオでは、2009年には27Rblの水準に戻る(犬)、ということですので、とりあえず安心しましたね〜ダッシュ(走り出すさま)

■大統領選に絡む2008年〜2009年の実勢為替レートは注目です雷。“戻る”ということをシナリオに盛り込むということは、ルーブルが弱くなるということかexclamation&question、あるいは中銀がインフレ対策をとらずに済むということかexclamation&question いずれにせよ、何かの動きを予測しているようにとれますね〜雷

■突然ですが、在ロシア米国大使ウィリアム・バーンズが今日、『ロシアのWTO加盟に関する二国間合意(米ロ)は、近々締結されると思っています』、とモスクワのコンファレンスで語っています眼鏡。バーンズ大使は、ロシアの加盟が『両国間の投資提携の門戸を開くぴかぴか(新しい)』とも言っています。

■大統領選の前後にロシアが揺れるかどうかexclamation&question、はその時期の米ロ関係がどうなっているかにかかっていると言っても過言ではないでしょう雷。このWTO加盟問題の結果が、判断材料の1つかもしれませんね猫


■最後に、先日、ロシア語会議通訳者で、ロシア語のスペシャリスト、そしてエッセイストでもある米原万理さんがお亡くなりになりました。ニュースを知った時は、本当に驚きました。。

■以前、モスクワで食事をご一緒させて頂いたことがありましたが、とてもエネルギッシュで、率直で、ユーモア溢れる方でした。そのロシア語の流暢さは、ネイティブそのもので、天下一品でした。『さすが、一流の人は違うな・・』と感動したのを覚えてます。

■若すぎる死ですが、この世でやるべきことは、全てやり終えられたのだろうと、信じています。日ロ関係にとって、とても貴重な方を失い残念です。ご冥福をお祈りします。

■ではでは

iモード次項有 あなたの一票をお願いします!!次項有やや欠け月
posted by アルバート at 05:50| モスクワ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルバート・トオル様
毎度「ドゥネブニク ケナー ☆モスクワ・ロシアの今☆」でお世話になっておりますKENです。
このたび「ロシアの食べ物・美味しいものリンク集」なるサイトを立ち上げましたことをご報告申し上げます。

http://russianfood.knaka.com/

なかなかイメージの上がらないロシア、隣国なのになかなか理解されないロシア・・・。
「ロシアの食べ物リンク集」は、ロシアの食べ物をきっかけに少しでもロシアに興味をもってもらえたらいいなと思い、立ち上げました。
食べ物のHPではございますが、「ロシアのブログ」というページも作りまして、大変勝手ではございますが、既に「ロシア通信伝」をリンクさせて頂きました。
もしご迷惑であればご一報いただけますでしょうか?
連絡先アドレス(HP上からもアクセスできます)
kzapad●hotmail.co.jp 
(お手数ですが●に@を半角にしたものを入れてください。「ドゥネブニク ケナー ☆モスクワ・ロシアの今☆」のコメント欄に書き込んで頂いても結構です!http://blog.livedoor.jp/knakanaka2/

今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by ken at 2006年06月01日 04:47
Kenさんへ

新しいサイト、さっそく拝見しました。さすが元料理人というだけあって、ロシア料理に詳しいですね(^^)。

また、暇を見てわたしも勉強させて頂きます(じっくり読みたいですからね)。

リンクいただき、こちらこそ、ありがとうございます。たくさんブログをお持ちで大変でしょうが、日本の方々に韓国・中国以上にロシアを知らしめるために、がんばって下さいね!応援してます!
Posted by アルバート at 2006年06月01日 06:54
ありがとうございます!
コツコツと増やしていこうと思っております。
よろしくです。
Posted by ken at 2006年06月01日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。