2006年02月12日

■グリーンメーラーがい〜っぱい!〜グレフ大臣、その心は?

猫次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日は晴れ 気温も暖かくなってきました(マイナス10度付近です)手(チョキ)

■休日でしたので、ショッピングモールに買出しに。相変わらずの混雑ぶりです。はい。

■さて、今日のニュースは、ロシア経済産業発展相のゲルマン・グレフ大臣の発言です猫。グレフ大臣がロシア政府直属『企業活動と競争力に関する委員会』の会議の冒頭で、市場における合併吸収で富を得つつも、ビジネスを発展させず、非効率な所有者となる『グリーンメーラー人影』が、ロシアで活動をしていると発言。

■そしてまた、『不法に資産を略奪しビリオネアになったグリーンメーラー達は、流刑地にいるはずが、『Forbes』誌の上位のランキングに居座っているパンチ』、と皮肉ってます。

■ところで、『グリーンメーラー』という言葉。私は初めて聞きましたのであせあせ(飛び散る汗)、調べてみると、『あらかじめある企業の株を買い占めておいて、企業に対し高額で株式を引き取るよう迫る』、という意味の『グリーンメール』からきている造語のようです。日本でもけっこう使われているんですねわーい(嬉しい顔) ちなみにロシア語読みは、『グリンメイレル/Гринмейлер』です。

■昨年の『Fobus』誌では、トップ10に入っているのは僅か2名(アブラモービッチとアレクペロフ)ですが、コメルサント誌によると、この大臣の発言は、国内のビリオネアリストを指しているのか、世界のリストを指しているのか、分からないということです目

■グレフ大臣も含め、ロシア政府の高官達は、こういった、所謂、新興財閥系の人々を忌み嫌ってます(故Z氏もそうでした)。

■ホドロコフスキーが逮捕された後に、次はアブラモービッチかがく〜(落胆した顔)exclamation&question、何て私は思っていたのですが、彼は『チェルシー』を買収し、国内で得た利益を思いっきり海外に流すという、高官達の怒りに油を注ぐようなことをやっていながらも、今までまったく無事で、ピンピンしてますわーい(嬉しい顔) (そのためホドロコフスキーは、アブラモービッチにはめられたのか、と勘ぐりたくなっちゃいます犬)。

■あるいは、この大臣の発言は、イギリスに“逃亡”しながらも、未だにプーチンさんを恨み続け、ウクライナの件でも裏で画策していたと言われる執念深いたらーっ(汗)政商(懐かしいなぁ)ベレゾフスキーにも向けられているのかもしれません。田中宇さんのようにわーい(嬉しい顔)、記事をよみながら、そんなこと考えていました犬

■しかし、よーく記事を読むと、側近の話として、大臣は力を込めて発言しているわけではなく、冒頭のスピーチにアクセントを加えたいだけだった、ということで・・あせあせ(飛び散る汗)。ようは目立ちたかったんすか・・犬

■『お〜いッ!パンチ』、と突っ込みを入れたくなっちゃいます。はい。

■どこの国でも、政治家は余計な敵は作らない、が鉄則なのですね猫。アブラモービッチも、その辺の処世術をキチンとつかんでいるんでしょうか。さすがはユダヤ系ぴかぴか(新しい)

■ではでは手(パー)

犬次項有 banner_03.gif ありがとうございます!海外のユニークブログ盛りだくさんのコーナーへ!! 
posted by アルバート at 08:18| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13171359
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。