2006年02月09日

■新年会〜日本食レストランで

猫次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム


■拝啓

■昨晩は、尊敬する社長さん、そして大手企業でバリバリと働く同級生のT君と、某日本食レストランで新年会でしたわーい(嬉しい顔) 。

■もう2月なのに、新年会・・あせあせ(飛び散る汗)、昨年の年末からずーと予定してたのですが、なかなか皆さんの都合がつかず、ようやく実現したのでした猫

■幹事のT君がよく通っているというこの日本食レストランは、噂では聞いていたのですが、値段も味も高級な部類に入り、実際に海産物は新鮮で、最高に美味しかった手(チョキ)です。

■しかしまぁ〜、外はマイナス30度というのに、店内は多くのロシア人で賑わっていたのには驚かされました犬

■T君の会社での奮闘振りなど話しが盛り上がり、気が付くと12時を過ぎてまして・・たらーっ(汗)。4時間以上もいたことになりますねー。いやはや、久しぶりに楽しいひと時を過ごすことができましたわーい(嬉しい顔)

■さて、ロシアは極寒が継続中で、エネルギー消費量も1月20日の記録(1万6,000メガワット以上)を抜き、記録更新中がく〜(落胆した顔)。『統一エネルギー』のアナトリー・チュバイス会長も、アップアップ・・あせあせ(飛び散る汗)。同社株も極寒が続くたびに冷えていきます。はい。

■さて皆さん、今日は、世界知的所有権機関(WIPO=World Intellectual Property Organization)が、2005年の発明特許を申請した国々のランキングを発表したというニュースをどーぞっexclamation モバQ

本 以前通りに、第1位は米国で、第2位は既に2年連続で日本ひらめき 。(中略)3位がドイツ、4位がフランス、5位が英国、6位が韓国(昨年8位から躍進)7位がオランダ、8位がスウェーデン、9位がスイス、10位が中国。

本 ロシアは21位となり、2004年と比較して発明数が20%減少している。2005年に様々な国々で各自が受取った特許数は約13万4,000件で、WIPOの歴史で最高数となった。

本 この記録は、主に日本、韓国、中国からの特許申請の増加がもたらした。その他のランキング上位と大差をつけている米国の特許登録数は3万4,300件。

本 10位以下の国々の特許数は、総数の5%となっている。ロシアは2005年、僅か425件の特許申請手続きが行われたが、2004年と比較して100件減少している。したがって、ロシアはインドやカナダ、オーストラリアさえも入っているトップ20位にも入らなかった。

WIPOの公式HP ⇒ http://www.wipo.int/index.html.en

■日本が第2位手(チョキ) 位置情報 

■私の知り合いやビジネスパートナーのロシア人の多くが、医療技術や特殊なコンピューターテクノロジー関連で発明特許を取っていますのでロシアは特許大国なんだなぁ、と思っていたのですが、このニュースを見て、あ〜ら、びっくりがく〜(落胆した顔)でした。

■ロシアではインターネットでの申請手続き数が今年は増えているそうです(全体の70%とか)。

■インターネットは便利ですが、情報の機密性に神経を尖らせないといけない特許に、公開性の高いインターネットはちょっとねー。エシュロンhttp://tinyurl.com/7z5x9とかありますし、とても危ないのでは目、と人事ながら心配になります(ロシアに限らず日本の場合も、横取りされたら発明者が可哀想ですからね・・猫 特許申請する方は、ご用心!わーい(嬉しい顔) )

■ではでは手(パー)  

犬次項有 banner_03.gif 毎日ありがとうございます!! 海外のユニークなブログが盛りだくさん!! 
posted by アルバート at 14:40| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13025934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。