2005年12月25日

■ロシア人は欧州がお好き!?

■拝啓

■今日はクリスマス。縁起の良いことに、2日連続で晴れでした。

■休日で時間もあるので、DVDで『ステルス』を観ました。人工知能を搭載したステルス戦闘機『エディ』が、落雷にあい、自己が目覚めていく・・・がく〜(落胆した顔)。ストーリーは平凡と言ってもいいかもしれませんが、CGを駆使したスピード感溢れる楽しい娯楽映画でしたわーい(嬉しい顔)

■人工知能というものは、良いことでも、悪いことでも、何でも吸収してしまう。まさに『○○と刃物は使いようexclamation』。まるで潜在意識のように、善悪の判断なく、吸収してしまうんですねー。

■臨機応変な思考が出来るまで、人工知能の性能を高めないと、まさに『ターミネーター』の世界になってしまう目。ましてや、戦闘機に使うなんていうのは、もってのほか。人工知能を利用する人間のモラルを問う映画だったのでしょう。

■さて、ロシア通信です。今日のニュースは、全ロ世論研究センターが公表したもので、58%のロシア人がその文化と生活様式に関して欧州に親近感を持っているというものです。特にモスクワとペテルブルグの住民が一番多く(70%)、そう考えているとか。

■私の周りのロシア人も、よく『ロシアは欧州だ』って言うんですが、なぜか、そう言われると、エモーショナル的に『ロシアはロシアで、欧州は欧州だよっ』、って言いたくなるのは、なぜでしょう(本当は、どっちでも良いからかなぁわーい(嬉しい顔))。

■本音の部分では、ロシアもEUに入りたいんでしょう。しかしEU議長が数年前に、『ロシアの加盟は認めない失恋』と冷たく発言してます。表向きは、対米のバランスの問題と言っていますが、実はロシアに入ってもらっては困るんでしょう。ロシアは今後の世界で、別の役割を果たしてもらわないといけないからです。だからどっちつかずでいて欲しい。

■さて、その他、同センターのデータでは、適切な政治・社会システムに関しては、年齢に関係なく、ドイツが最も人気が高く30%、次がアメリカで23%となってます。そして我が日本は、19%で3位手(チョキ)

■独米はさておき、日本も憧れの眼で見られているんですねー。これも世界中で活躍する日本企業のおかげでしょう猫

■ではでは {/kaeru_night/} 
posted by アルバート at 07:19| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11016678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。