2005年12月23日

■日本の寒波はロシア株のように理由が分からず

■拝啓

■モスクワは銀世界 霧(エンヤの曲を3倍は楽しめますわーい(嬉しい顔))。

■しかし日本も20年来の寒波で冷えこんでいるそうですね。皆さんも、風邪引かないように、ショウガ・ティーでも飲んでくださいねー手(チョキ)

■さて久しぶりにロシア株式市場のお話しです。

■今日のMMVBのインデックスは+1.8%。

■12月後半というのに、未だに好調もうやだ〜(悲しい顔)。。10月後半に向けて下降していたのに11月初旬から上向きになって、12月22日になっても高水準をキープしたまま。

■ドイツのシュレーダー元首相がドイツとロシアのガスパイプラインの合弁会社の経営責任者に、そしてアメリカのエバンズ前商務長官もロスネフチの会長を打診されているというニュースに影響されてか、本来は“危ない株”のユコスが、以前好調を続けてます。最近、一時的に47ルーブルまで下げましたが、気が付けば今日の終値は、56.15%(前日比+4.25%)がく〜(落胆した顔)

■不思議ですねー。日本の寒波と同じくらい、理由がわかりません猫

■これもそれも、日本の株式市場と同じく外資が原因なのでしょうが。じっくり狙いを定めていきます目。はい(ところで、モスエネルゴはまだ4〜4.2ルーブルをずーっと維持しており、動きが怪しいので売りは控えてます)。

■ではでは 手(パー)
posted by アルバート at 06:06| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。