2007年02月28日

■ドル時代終焉??/ロシア株式市場火曜日の結果

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇りですが、太陽の日差しはかすかに届いていますぴかぴか(新しい)

■時の経つのは早いもので、2月も今日で終わりですがく〜(落胆した顔)。今年も残り10ヶ月。張り切っていきましょうexclamation

■さて、火曜日のMICEXのインデックスは、前日比4.14%右斜め下の1,682.12でした。売買代金は月平均の+40%となる約775億Rblで52社が右斜め上、220社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
昨日は無し・・・たらーっ(汗)

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
「モスエネルゴ」・・・6.42Rbl / 5.27%バッド(下向き矢印) / 約3億Rbl
「UES」・・・31.9Rbl / 5.05%バッド(下向き矢印) / 約216億Rbl
「スルグト」・・・32.029Rbl / 4.96%右斜め下 / 約21億Rbl
「ロステルAO」・・・210.46Rbl / 4.25%右斜め下 / 約6億Rbl
「ルコイル」・・・2,118.5Rbl / 4.13%右斜め下 / 約116億Rbl
「ズベルバンク」・・・9万5,000Rbl / 4.09%右斜め下 / 約101億Rbl
「ノル・ニッケル」・・・4,745Rbl / 4.08%右斜め下 / 約87億Rbl
「アエロフロート」・・・72.85Rbl / 4.02%右斜め下 / 約1,665万Rbl
「ガス・ネフチ」・・・112.8Rbl / 3.57%右斜め下 / 約2億Rbl
「ロスネフチ」・・・227.5Rbl / 3.13%右斜め下 / 約8億Rbl
「ガスプロム」・・・276.3Rbl / 3.04%右斜め下 / 約119億Rbl
「タトネフチ」・・・118.6Rbl / 2.97%右斜め下 / 約9億Rbl
「AvtoVAZ-3」・・・2,309Rbl / 1.24%右斜め下 / 約3,553万Rbl

■昨日は前日の反動からか、スタートから大きくバッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)。その後も悲しいかな、ほぼ最後まで右下がりのチャートを描きましたダッシュ(走り出すさま)

■前日比4%強のマイナスは、さすがに大きいですね〜猫あせあせ(飛び散る汗)。これで記録更新も1日天下で終わってしまいましたー(長音記号1)

■対外要因としては、米国は前日若干の右斜め下で終了。欧州は少し右斜め下。アジアも右斜め下。そして何よりも、原油先物がロシアの取引時間を通じて下がり続けたことが痛かったようですあせあせ(飛び散る汗)。はい。

■モスクワ時間16時以降も、米国市場のスタートが悪かったことで、盛り返すことはできませんでしたたらーっ(汗)

■注目すべきは中国市場で、1日にして8.8%下落バッド(下向き矢印)がく〜(落胆した顔)しています。アナリストは、中国政府が金融市場経由による資金の出入調整を検討していることで、機関投資家達が資金を引き上げる利益確定に走ったのではないか雷と見ています。

■まぁ〜それもこれも、全てはNATOがトルコに対し、対イランの軍事行動のために領空を提供するように呼びかけるアート、という眼鏡米国のイラン戦争への第一歩を伝えるニュースが世界中を飛び回ったからでしょう雷

■アナリストはこう語ってます:

本 「これはロシア市場にとっては、多くの意味を持つニュースである。つまり地政学的な不安定期間には、投資家達は資金を呼び戻すことを好むものの、その一方では“戦争の報奨金”は、徐々に、且つ確実に石油価格に入ってくるのだ。ロシア市場では近い将来、強い石油と地政学の綱引きが見られることは間違いないだろう」。

■売買代金は40%グッド(上向き矢印)ですし、BRIC`sのトップ2=中国・ロシアから資金が逃げた、まさに余剰資金・投資資金の本国やオフショアへの引き上げが見事に見られた1日と言ってもよさそうです。はい犬

■それもこれも米国の戦争準備のおかげでしょう。お金持ち投資家や大手投資会社などの情報源は深く、そして幅広いですからね〜ぴかぴか(新しい)

■まさに株式市場は、国際政治の動向を映し出す鏡です乙女座

■ということで皆さん、戦争開始の動向を知るには、一般の政治・経済などのニュースよりも、金融市場のニュースに注目してくださいネ雷位置情報

■さて、今日のニュースは、ロシアの通貨ルーブルの為替レートに関するお話しです猫

■昨年からこのブログで、「対ドルでルーブル高が続くexclamation」、とご報告していますが、昨今の状況をみると、今後も当分続きそうです。それでは、さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 今週は大きなドル下落でスタートした。「モスクワ銀行間通貨取引所(MICEX)」の平均レートは、昨晩7カペイカ減の26.18ルーブルにまで落ち込んだ。この下落の数日前にクドリン財務相はこの下落を予告していた。専門家によると、この数値は、まだ限界ではないという。

本 金融アナリストによれば、ドルの対ルーブルの為替レートの下落は、世界市場におけるドルの下落によりもたらされたという。「MICEX」分析運営局の主任アナリスト、ビクトリア・ミーシナによれば、「一方ではロシア市場は世界的変動に反応を示したといえますが、他方ではこういった変動は祝日後に特徴的な動きともいえます」。

本 「ドルの対ユーロでの下落は、原油価格(「Brent」価格が61ドル以上)、貴金属価格の上昇や、イランの核プログラムの削減拒否による政治的緊張が強化したことで呼び起こされました」〜とミーシナ女史は語った。

本 ロシアにとって、世界における原油高は、当然のことではあるが、ルーブル高を呼び起こす。

本 ドルの展望については、アレクセイ・クドリン財務相が数日前に、経済高等学校の講義で学生達に対しこう明言している〜「ドルは下落するでしょう。問題は、その速度です」。

本 クドリン大臣は、その原因を、米国FRBの米国経済の競争力支援政策に見て取っている。ルーブル高については大臣は、ロシアはその経済の競争力という視点からは、既に“危険ゾーン”に突入したと語った。

本 「MICEX」の専門家の予測によれば、ドル高は全く有得ず、3月末にはその為替レートは26.10ルーブルになるという。モスクワの銀行や両替所では既にそれ以下のレートになっており、ドル購入価格は26ルーブルの水準をギリギリ維持しているものの、中には25.9Rblや25.8Rblで米ドルを購入しているところもあるということは明記するに値する。

本 何人かの専門家達は、この傾向は両替所から取引所に素早く伝わると見ている。何れにせよ、調査会社「Prospect」の専門家によれば、3月末にはルーブルの対ドル為替レートは25.7Rblの水準に達し、今年半ばには25Rblにまで上昇するという。

■米国の通貨で、世界の基軸通貨ドルは、世界的に値下げしてきています雷。ルーブルも対ドル為替でドンドン強くなっています。

■中央銀行のデータによると、今年の2月28日は1ドル=26.15Rblですが、1年前のこの日は28.12Rbl、2年前は27.77Rbl、3年前は28.51Rbl、4年前は31.57Rbl・・・2000年は28.7Rblとなっており、プーチンさんの2期目がスタートした2004年からルーブル高が開始したのが分かりますカメラ。ルーブル高は、もう3〜4年にもなるんですね。驚きですがく〜(落胆した顔)。はい。

■まぁ〜大体2004年頃までは、ロシアでは、ドルはまさに優良株のようで、時間と共に価値が上がっていくため、重宝されたものですわーい(嬉しい顔)。しかし今や、ユーロの成長の影に隠れてしまい、ドルの時代は終わりを告げつつありますダッシュ(走り出すさま)

■余談ですが、モスクワの街中の両替所では、例えば、「1ドル=26.10Rbl」という表示が出ており、「おおっあせあせ(飛び散る汗)、中銀のレートに近いねぇ〜わーい(嬉しい顔)」と、お得な両替所を見つけたことに満足してさっそく両替しようとすると、レート表示の看板の上部に小さな文字で「1,000ドルからexclamation」と書かれており、小額を換金する場合のレートは25Rbl・・・たらーっ(汗)、というのもザラにあります(たまに24Rblというところもありますちっ(怒った顔))。

■これって、一種の詐欺だと思うのですが・・・(窓口で文句を言っても、「私が決めたんじゃないですから・・犬」と言われてしまうだけです・・)。

■在モスクワの皆さんや、旅行者の皆さんは、街中の両替所よりも、ホテルやショッピングモール内にある両替所、または「ズベルバンク」でドルは両替してくださいネ雷。その方がリスクが少ないですので。

■以前は国営最大手の銀行「ズベルバンク」での両替=為替で損、という方程式(犬?)があったのですが、今や、街中の両替所の方が損をする時代です。

■まぁ〜この対ドルのルーブル高については、「来年まで続くexclamation」、「いや2010年まで続くexclamation」と、ロシア中銀や経済発展貿易省、財務省など組織により予測が異なっていますが、ロシアの内部要因に、米国経済の悪化という対外要因が加われば、文句無しにルーブル高は継続されるでしょう雷

■でもこちらに住む外国人としては、このルーブル高、あまり嬉しくなんですよね〜猫あせあせ(飛び散る汗)。ということで、自国通貨が強くなるのは、大人の独立国家としては確かに嬉しいことですが、 私もクドリン大臣同様、これ以上のルーブル高は歓迎しません・・・。はい犬

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 株・仕込みがスタート!?あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:25| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

■盛り上がるロシア株式市場/月曜日のMICEX

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。快晴です。

■さて、昨日は今週最初の取引が行われましたが、MICEXのインデックスは前日比1.52%右斜め上の1,754.75でした。売買代金は平均並みの約560億Rblで、189社が右斜め上、78社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
「ルコイル」・・・2,209.73Rbl / 4.04%右斜め上 / 約102億Rbl
「タトネフチ」・・・122.23Rbl / 3.85%右斜め上 / 約9億Rbl
「アエロフロート」・・・75.9Rbl / 3.2%右斜め上 / 約4,160万Rbl
「UES」・・・33.595Rbl / 2.42%右斜め上 / 約132億Rbl
「ズベルバンク」・・・9万9,050Rbl / 2.11%右斜め上 / 約81億Rbl
「AvtoVAZ-3」・・・2,337.99Rbl / 2.1%右斜め上 / 約3,212万Rbl
「ロステルAO」・・・219.8Rbl / 1.58%右斜め上 / 約3億Rbl
「スルグト」・・・33.7Rbl / 1.51%右斜め上 / 約22億Rbl
「ノル・ニッケル」・・・4,946.99Rbl / 1.37%右斜め上 / 約38億Rbl
「ガスプロム」・・・284.95Rbl / 1.05%右斜め上 / 約84億Rbl
「モスエネルゴ」・・・6.777Rbl / 0.89%右斜め上 / 約2億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
「ガス・ネフチ」・・・116.98Rbl / 1.12%右斜め下 / 約1億Rbl
「ロスネフチ」・・・234.85Rbl / 0.65%右斜め下 / 約7億Rbl

■昨日はスタート時がドーンとグッド(上向き矢印)。その後は、ほとんどの株が右肩上がりのチャートを描きましたぴかぴか(新しい)

■やはり、先週の金曜日のイラン関連ニュース雷、そして米国のガソリン備蓄量の減少雷などが強い追い風となり、石油株を押し上げたようです。はい。

■NY市場の原油先物ブランド「WTI」の4月分の先物契約価格がバレル当たり61.14ドルと今年の最高値を記録してますが、このインパクトが金曜日を休んだロシア市場に大きなプラスになったようですねぴかぴか(新しい)

■石油株が好調なのに、「ガスプロムネフチ」と「ロスネフチ」だけは下げています。前者は、「ガスプロム・エクスポルト」社が今後原油・石油製品の輸出を手掛けることになったため、独自に輸出が出来なくなったことが、大きく響いたようですダッシュ(走り出すさま)

■また「ロスネフチ」は問題の「ユコス」を飲み込みますが、そのことが投資家心理に少しマイナスに働いたのかもしれませんー(長音記号1)(一旦利益確定で様子見に、という意味で)。

■しかしまぁ〜それにしても、昨日は「RTS」(ロシア取引システム)のインデックスは1,970.77と史上最高値を更新exclamation×2、そして更に、上記MICEX(モスクワ銀行間通貨取引所)のインデックスも1,754.75と記録を更新exclamation×2する、ロシア市場にとっては、非常にめでた〜い1日でしたぴかぴか(新しい)

■今まで足を引っ張ってきていた石油株が浮上してきて、今週の出だしはとても良いスタートを切れました。さぁ〜今週はこれからどう動いていくのか、楽しみに眺めていきましょうexclamation。ちなみに今日のスタートは昨日の反動で大きくバッド(下向き矢印)となってますたらーっ(汗)

■さて、今日のお話は、その盛り上がる株式市場のお話です猫

■週末の記事ですが、盛り上がるロシア株式市場に関する記事がありましたのでご紹介しましょう。専門家達は、この先をどう見ているのでしょうかexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 RTS(ロシア取引システム)のインデックスは、この連休前の1週間で1.51%上昇し史上最高値の1,934.26に到達した。専門家によると、その“原因”は原油価格の高騰にあるという。専門家達は、今週の金融市場は、新たな高値域で落ち着くのではないかと予測している。

本 多くの専門家は、インデックス上昇の主な要因は、1日でバレル当たり1.2ドル以上高騰した原油価格にあるとみている。金融アナリスト、イリヤ・ギンズブルグ氏が本紙にこう語った〜「イランが国連安全保障理事会の核プログラムへの要求を拒否したことが、テヘランとワシントンの関係悪化を呼び起こし、これが必然的に原油価格の上昇を呼び込んだのです」。

本 その他、米国エネルギー省の週間情報により、重油とガソリンの備蓄量の減少が予想を大きく上回ったことが伝えられた。このことも、原油先物相場における「Brent」の値段を、心理的に重要なバレル当たり60ドルの水準にまで近づけたと言える。

本 そしてその前日に、メキシコ湾とニューヨーク沿岸の石油パイプラインに漏れが生じ、その後石油製品の供給量は日量6万バレル減少している。そのため、アナリスト達は、先週のロシア株式市場で大きく前進したのは石油・ガス会社だったのではと言及している。

本 ギンズブルグ氏によれば、戦略的投資家達は近い将来、エネルギーに関心を示すだろうと見ている。「現在この部門は十分な評価がされていないように感じます。戦略的投資家の後に、この部門には投資会社が、そしてその後には投機家達が参入し、大きなRTSのインデックスの上昇を扇動するでしょう」、と専門家は確信している。

本 ギンズブルグ氏によると、今週の予測に関しては、「RTSは新たな水準1,980台を試し始めるでしょう。2,000ポイントについて語るのは今は時期尚早ですが、この1年内で見れば、かなり現実的です」。

■やはり、この高騰の要因は、何と言っても米国のイラン戦略に緊張が高まってきたということでしょう眼鏡

■そう言えば、2月9日付けのこのブログに、こういうアナリストのコメントをのせてましたっけ:

本 今後の原油相場の変動については、私は、“異常に寒い米国の天候”というアイデアは徐々に功を奏し、それから2月21日に近づくに連れて、イランの核プログラム抑止に関する要求不履行に対する世界各国の決議を活かすアイデアが波及し始めると思う。

■正確には「2月21日に近づくにつれて・・・」、というよりは、2月21日を過ぎてから雷見事石油株が上がってきていますね〜。

■やっぱり、プランニングメモ。戦争に絡めて、大もうけをしようとする一部の大本大投資家が立てるプランニング。

■やはり株で常に勝ち続けるには、この大資本家が考えることを読みぬく、あるいはその先を読むくらいでないと難しいのでしょうね・・・ダッシュ(走り出すさま)

■しかしまぁ〜気になるところは、米国の証券市場はこれに反して、最近元気がないところでしょうダッシュ(走り出すさま)

■何と言っても、米国は金融の要ぴかぴか(新しい)。ここが盛り上がれば、世界が盛り上がるし、沈没すれば、世界も沈没するあせあせ(飛び散る汗)。これが今の資本主義社会の常識です雷雪

■ですので、ロシア市場が好調だと言っても、米国の好調さと連動していないと、どうしても不安になってしまいますあせあせ(飛び散る汗)。米国株は低迷しているのに、ロンドン、東京、アジア、ロシアは好調。こんなこと滅多にないっす。だから、不気味に感じるんですダッシュ(走り出すさま)

■私は暇がある時に増田俊男氏のラジオを聴いています。日本や世界の政治・経済の話しを米国人的視点で(犬exclamation&question=この方米国生活が長く、米国にも幅広い人脈をお持ちですのでっ)、単刀直入に解説していて、とても勉強になります雪

■今週月曜日の放送では、タイミングよく、日本の株価上昇と米国の株価が連動していないのはなぜかexclamation&question について解説しています。
「増田俊男の本日の目からウロコ」

■要約すると、バーナンキFRB議長は、金利の利上げを行うか否か、とても苦しんでいる。ここのところずーっと5.25%に据え置きできていますが、米国のインフレ率は着々と上昇しています。そろそろ上げ時かな、と思いつつ、ここで金利を上げると、不況に陥る可能性も出てくる(リッセッションリスク)ので、中々踏み込めないのだとかあせあせ(飛び散る汗)

■上げるか否か。この決定は世界中に波及しますので、そう簡単には決められないパンチ

■まぁ〜私の勝手な推測ですが、バーナンキさんの立場に立てば、逆に可能な限り利上げ据え置きを引っ張り、イラン戦争の特需による変化を期待する雷雪ということもFRBの決断によるリスク回避の1つ、何て思ってしまいます。

■ロシアはといえば、昨年末から、石油株抜きでここまで上げてきています。これで原油が上がり、石油株が上がれば、株式市場は高騰するでしょうひらめき。その辺までは容易に推測できます。はい。

■しかし上げて落とす。落として買う爆弾。これが大資本(元締め)の観点からは鉄則雷

■10年サイクルで経済危機は起こってます雷。前回は‘98年。ロシアでは今年下院選挙、来年は大統領選挙、そして米国も来年は大統領選挙。そういったビックイベントに加え、イラン問題+北朝鮮問題などハイレベルな政治不安要素はたくさんダッシュ(走り出すさま)

■ですので今は好調とはいえ、ここ1〜2年は気が抜けませんネ雪演劇。兜の緒を締めていきましょうわーい(嬉しい顔)

■ではでは手(パー) 

晴れ次項有 元締めの視点で!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 18:45| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

■木曜日のMICEX/ビジネスランチは日本食!?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。現在の気温はマイナス21度雪。さすがに外出すると、肌が痛いですね〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

■さて今日はロシアは「祖国防衛の日」で休日です位置情報。ということで今週は木曜日が最終日でした。MICEXのインデックスは前日比1.84%右斜め上の1,728.44で、売買代金はようやく平均並みの約506億Rblで、166社が右斜め上、88社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
「タトネフチ」・・・117.7Rbl / 5.51%グッド(上向き矢印) / 約9億Rbl
「ズベルバンク」・・・9万7,002Rbl / 4.53%右斜め上 / 約127億Rbl
「スルグト」・・・33.2Rbl / 2.95%右斜め上 / 約27億Rbl
「アエロフロート」・・・73.55Rbl / 2.15%右斜め上 / 約3,943万Rbl
「ガス・ネフチ」・・・118.3Rbl / 1.99%右斜め上 / 約7,533万Rbl
「ロスネフチ」・・・236.39Rbl / 1.89%右斜め上 / 約10億Rbl
「ノル・ニッケル」・・・4,880Rbl / 1.88%右斜め上 / 約60億Rbl
「ルコイル」・・・2,123.9Rbl / 1.48%右斜め上 / 約48億Rbl
「UES」・・・32.8Rbl / 1.14%右斜め上 / 約82億Rbl
「ガスプロム」・・・282Rbl / 0.64%右斜め上 / 約51億Rbl
「ロステルAO」・・・216.39Rbl / 0.53%右斜め上 / 約3億Rbl
「AvtoVAZ-3」・・・2,290Rbl / 0.44%右斜め上 / 約1,557万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
「モスエネルゴ」・・・6.717Rbl / 2.33%右斜め下 / 約6億Rbl

■昨日は何と言ってもスタートが決めました雷雪。ほとんどの株がドーンと上昇しグッド(上向き矢印)、その後は13時以降に勢いが止まりますが、夕方には石油株を中心に右斜め上に転じています雪

■やはり昨日の朝、原油先物が1バレル当たり60ドルを一瞬越えたこと雷や、東京をはじめとするアジア市場が好調だったこと雷が、スタートのグッド(上向き矢印)を呼び起こしたのではないか、とアナリストはみています。

■また極東の不安定、イランの核問題が、石油部門には良い意味で影響したようです雷。夕方のグッド(上向き矢印)は、原油先物が60ドルに近づいたこと雷、そして18時30分には米国のガソリン備蓄量が310万バレル減少し、2億2,210万ドルにまで下がったことが発表され雷、このことも大きく影響したようです(ちなみに石油備蓄量は370万バレル増グッド(上向き矢印)の3億2,760万バレル)。

■やはり、このところ不調の石油株が伸びれば、ロシア市場も大いに盛り上がるということを立証した1日でした猫(「RTS」(ロシア取引システム)のインデックスは1934.26と最高値を更新していますぴかぴか(新しい))。

■好調だった石油株に負けぬ勢いを見せたのが、ロシア最大手銀行「ズベルバンク」でした雷。売買代金127億Rblは一時期の「UES」、「ガスプロム」に匹敵する取引量ですがく〜(落胆した顔)

■今週1週間でインデックスは、1,696.59⇒1,728.44と1.88%右斜め上してますし、よい1週間だったと言えるでしょうわーい(嬉しい顔)。さて、来週はどうなりますかexclamation&question 楽しみですね演劇

■さて今日は土曜日ではないですが、ロシアは休日ですので、柔らかいお話をお届けします猫

レストランレストラン業界のビジネスランチのお話しです。特にモスクワっ子達は豊かになってきていますので、昼食時にビジネスランチを取る人々が増えてきているようですが、果たしてどのようなビジネスランチが頑張っているのでしょうか犬exclamation&question さっそく記事にLet`s GoモバQ 

本 ファインダイニングのレストランは、カジュアルのレストランよりも、平日のお客さんに対する“ビジネスランチ”の特別メニューの開発が極めて少ない。

本 調査会社「Tekhnologii Rosta」によると、モスクワのハイクラスのレストランの中で定価でのキチンとしたビジネスランチがあるのは10%以下という。こういったレストランでのビジネスランチの平均価格は557Rblである。

本 また、昼食時の基本メニューにおける割引きは、こういったレストランの55%以上が行っている。割り引き額が20%を超えるケースは極めて少ない。日中のお客さんの大多数は、基本メニューから割引されて作られるビジネスランチを好むということを、レストラン自体は確信している。

本 ファインダイニングの中でビジネスランチサービスの促進を最も積極的に行っているのが日本食レストランである。その割合は、高級ビジネスランチ全体の20%を占める。 レストランのマネージャーによれば、そういった日中のお客さんの大多数は(80%まで)常連さんだという。

■日本食ビジネスランチが最も積極的に促進されている雷。確かに街を歩くと、日本食のビジネスランチを提供しているレストランの看板をよくみかけます決定

■モスクワっ子の財布の中身は豊かになってきていますが、確かに日本食レストランは高いですのであせあせ(飛び散る汗)、いくら豊かさが増してきたとはいえ、夕食にはそうそう行けませんダッシュ(走り出すさま)

■しかしビジネスランチであれば、寿司・味噌汁・揚げ物などがセットで200Rbl〜ありますからひらめき、日本食=高いもうやだ〜(悲しい顔)というイメージが定着しているロシア人にとっては、かなりお得感を感じるでしょう位置情報。そりゃ〜当然リピーターになりますよねわーい(嬉しい顔)

■昨日も、K氏と法律事務所へ行った帰りに、近くのレストラン日本食レストランでビジネスランチを食べてきました猫

■チャーハン+味噌汁+寿司(4巻)+から揚げ4個+サラダがセットで220Rbl雷。約1,000円で、日本的な感覚では安くはありませんが、こちらの感覚で言わせて貰うと抜群のお得感パンチです。

■そりゃ〜ロシア人がはまるのも分かります犬。案の定、周りを見渡すと、ロシア人ばかりでしたぴかぴか(新しい)

■料理人はアジア系の方で、外見は日本人デスカ犬exclamation&question と錯覚します。しかし彼らのほとんどは、カルメキア共和国やウズベキスタンなどの貧しい旧ソ連諸国から出稼ぎにきた人々バス。レストランが日本食のビジネスランチを安く提供できるのも、こういった人件費の安い人々が働いてくれるからですひらめき

■しかし移民法改正でこういった方々が締め出されるとパンチ、後々日本食ビジネスランチも値段が上がるのではないかと思うと少し寂しいですね〜ダッシュ(走り出すさま)

■まぁ〜総じて、ロシア人の日本に対する憧れを日本食がますます引き立ててくれているようでぴかぴか(新しい) 微笑ましい光景でした決定

■それでは皆さん、また来週の火曜日にお会いしましょうexclamation×2

■楽しい週末をお過ごし下さい猫

■ではでは手(パー)

iモード次項有 本物じゃなくでもいいんです!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 18:34| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

■ロシアバッシング、その心は!?/水曜日のMICEX

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。気温はマイナス17度。相変わらずさむいですね〜猫あせあせ(飛び散る汗)

■さて、水曜日のMICEXのインデックスは前日比0.88%右斜め上の1,697.21でした。売買代金はこれまた少なめの約364億Rblで、174社が右斜め上、85社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
「ロスネフチ」・・・232Rbl / 2.53%右斜め上 / 約11億Rbl
「モスエネルゴ」・・・6.877Rbl / 2.09%右斜め上 / 約14億Rbl
「AvtoVAZ-3」・・・2,280Rbl / 1.33%右斜め上 / 約2,450万Rbl
「スルグト」・・・32.25Rbl / 1.27%右斜め上 / 約15億Rbl
「タトネフチ」・・・111.55Rbl / 1.18%右斜め上 / 約3億Rbl
「ルコイル」・・・2,093Rbl / 0.87%右斜め上 / 約37億Rbl
「アエロフロート」・・・72Rbl / 0.71%右斜め上 / 約1,824万Rbl
「ガスプロム」・・・280.2Rbl / 0.6%右斜め上 / 約56億Rbl
「UES」・・・32.43Rbl / 0.53%右斜め上 / 約87億Rbl
「ズベルバンク」・・・9万2,800Rbl / 0.43%右斜め上 / 約62億Rbl
「ガス・ネフチ」・・・115.99Rbl / 0.42%右斜め上 / 約2,536万Rbl
「ノル・ニッケル」・・・4,790Rbl / 0.27%右斜め上 / 約25億Rbl
「ロステルAO」・・・215.25Rbl / 0.12%右斜め上 / 約4億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
昨日はなしexclamationぴかぴか(新しい)

■昨日はスタート直後は右斜め下でしたが、それから正午にかけて右斜め上に転じます。その後は結局、緩やかに下るか、横ばいというパターンでしたー(長音記号1)

■4月の原油先物の値段はバレル当たり57.2ドル〜58ドルの間で揺れましたが、決して値上がりしたわけでありません雪。しかし、この動きに反して、昨日のロシア市場の石油株はご覧のように値を上げていますひらめき

■やはり前日のNY市場の結果や英国の結果が良かったことが、午前中の右斜め上の牽引役となったようですね。

■午後になると、米国の消費者物価指数(CPI)が発表されましたが、今年1月の結果は予想を上回る前月比+0.2%でしたダッシュ(走り出すさま)。このことで少しロシア市場も影響を受け、若干の右斜め下に転じています。

■またNY市場のスタートは右斜め下でしたが、昨日の夕刻時点では、このことはロシア市場には余り影響を与えていないようです。はい犬

■さぁ〜今日は今週の最終日(金曜日は「祖国防衛者の日」でお休みです位置情報)。どうなりますかexclamation&question

■さて、今日は20日に行われたビジネス円卓会議の話題をお届けしましょう猫

■最近のロシア経済の成長に伴い、先進国、特に米国発のアンチ・ロシアキャンペーン位置情報が展開されていますが、今日の記事もこれに少し関連があります雷。さて、どういう内容でしょうかexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 石油価格がバレル当たり18〜23ドルになっても、ロシア経済を脅かさない。昨晩、大統領府鑑定局のアルカディー・ドゥワルコビッチ局長が《Economist Conferences》主催のビジネス円卓会議でこう発表した。同局長は、ロシアには高収益を得るための好条件が設けられ、マスコミが作り出すアンチ・ロシアに外国人が引き込まれないように呼びかけた。

本 昨晩、外国人企業家達が、今後のロシアの経済政策に何が待ち受けているのか、そしてロシアに自己資金を投資することに意味があるのかどうかを理解するために集まった。もちろん、彼らは正式な統計を信じないし、また国際通信社や西側のマスコミは最近、ロシアのリスクについてしばしば報じているからそれも当然である。

本 《Economist Intelligence Unit》社の副社長ダニエル・ターニルが語ったところでは、『ロシアにおけるビジネスの成功は高度な商業的秘密ですが、自己資金(投資)の平均的な収益率は、世界で最も高い部類に入ります』。

本 多くの経済的な実績を背景に、国際的な政治舞台におけるロシアの役割は拡大している。同氏によれば、これは全て『イラクを十字架にはりつける米国がもたらしている』という。

本 外国人投資家達は、ロシア市場に対しとても慎重に接している。ドゥワルコビッチ副局長は、ロシアには未解決の問題がたくさん残っていることを認めた。しかしそれと共に、マクロ経済の安定には到達しており、長期的なビジネスプロジェクトを計画することも可能になっていると語った。一方、十分な安定化基金や金・外貨準備高により、石油が下落したとしても、リスクをカバー出来るという。

本 『西側のマスコミ(プレス)は、ネガティブな側面にしか注目しません。これはプレスは自由ではないということか、またはロシアをただ好きではないということでしょう』〜とドゥワルコビッチ氏は語った。

本 また同氏はビジネスマン達に対し、政府の今の重要課題は、既に実績を持つものを基盤にしたイノベーション経済の創設で、(中略)大規模な産業プロジェクトは、ハイレベルな資源加工分野、航空機・造船分野、工業機械分野において実現されるだろうと語った。

本 ドゥワルコビッチ氏は、『ロシアにとっての外国投資は、お金だけではなく、技術、そして経営の訓練でもあるのです』、と認めた。

本 『ロシアは素晴らしい市場で、ここは投資をするに値します』〜《Coca-Cola Company 》のロシア・ウクライナ・ベラルーシ代表クレイド・タッグル氏は語る〜『重要なのは、ロシアで実際に起こっていること、そして起こっていないことの評価を賢く行うことなのです』。

本 また同氏は、官僚主義や汚職がビジネスにとって大きな問題であることには同意し、こう強調した〜『しかし問題はどこにもあります。シカゴ南部でビジネスをやってごらんなさい、あそこには立ちの悪い汚職がたくさんありますから』。

■う〜ん、石油が18〜25ドルになっても、なぜロシア経済は大丈夫なのかexclamation&question そこに説明のポイントを置いて欲しかったですね〜ダッシュ(走り出すさま)。まぁ〜今の原油価格はバブル状態で、もともと1バレル当たりの価格は局長が仰る価格帯でしたので、大丈夫だよexclamation、ということでしょう。

■確かに、その時代と今では、ロシアの消費社会の発展は目を見張るほどの違いがありますし、安定化基金・外貨準備高も大きな支えです演劇

■しかしまぁ〜、最近のロシアバッシングは凄いですねあせあせ(飛び散る汗)。昨年の米国大投資家達のロシア経済先行き不安発言雷に始まり、アブラモービッチの離婚騒動雷、元FRB議長のロシア政府の資源・エネルギー統合会社の巨大化政策批判雷、リトビネンコ元大佐の毒殺雷など切がないダッシュ(走り出すさま)

■お断りしておきますが、私はロシアに住んでいても、日本人雷。日本人魂は持っているつもりですので眼鏡、一方的にロシアを擁護するつもりはありません。

■しかしこの状況を客観的に見ていて思うのは、情報というものは、必ず発信者がいて、それを受け取る受信者がいるわけで、その発信者を利用しさえすれば、受信者の洗脳は簡単なんだなぁ〜ということ猫あせあせ(飛び散る汗)

■例えば、世界の最大手の通信社『AP通信』(米国)、『ロイター』(英国)は、世界中のマスコミと契約を締結しています雷雪

■ヤフーニュースをご覧になれば分かることですが、海外のセンセーショナルなニュースのほとんどは、この2社が最初に発表してるんですメモTV雷。その後、各国のマスコミが追随して話題を膨らませていくペン。簡単に言えば、こういうパターンなんです犬

■そして上にあげたロシアに関する悪いニュースも、見事にこのパターンに当てはまっているのです雷雪。まぁ〜ロシアの経済成長、そして大統領選挙前ということで、情報戦が始まりますよexclamation×2と昨年からこのブログに書いてますが、それはこういう背景があるからでしてダッシュ(走り出すさま)

■世界の主要勢力・米英と欧州連合の関係で、ロシアはその影響力を考えると、ニュートラルでいなければならないひらめき雷。しかし米国としては、むしろロシアを自分の陣営に取り込みたい眼鏡。エリツィンの時代にはそれが成功しつつありましたが、祖国に忠実なプーチンさんが登場したことで、事は複雑になりました爆弾

■今年の下院選挙、来年の大統領選挙では、グルジアのサアカシビリ大統領のようにコントロールし易い人物を送り込んで有料、主導権を取り戻したいのが米国ですが、ロシアはそれに先手を打つ恰好で、外国人の戦略物資への資本参加に制限を加えようとしたり、外国人労働者の締め出しも行い、そして先日のミュンヘンでプーチンさんが米国批判を行ったりしてるのです雷

■しかし、情報戦では世界的通信社を持つ米国が圧倒的に有利なんですね〜雪。だからロシアは情報戦では負けており、何を発言しても“負け犬の遠吠えー(長音記号1)”のような捉えられ方になってしまう。それが現状です。はい犬

■私ごとで言わせて貰えば、初めてロシアに来た頃は、「ロシアは汚職が酷いexclamation」、とか「民主主義というものを全く知らないちっ(怒った顔)」というフレーズを何度ロシア人に言ったことでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

■確かに事実ではあるのですが、ロシア人から「じゃぁ〜日本には汚職は無いのですかexclamation&question」、「日本には民主主義が浸透しているそうですが、具体的にどうなのですかexclamation&question」、と言われると答えに窮してしまいあせあせ(飛び散る汗)、「犬あせあせ(飛び散る汗)」となってしまうー(長音記号1)

■ただ常日頃テレビや新聞で知った情報を基に、私は勝手に「ロシアはこれだから・・・たらーっ(汗)」と思い込み、今思えば恥ずかしい発言を繰り返していたのです。

■そして逆に祖国日本はどうかという考えは無かった犬あせあせ(飛び散る汗)。「ロシアはこれだから・・ダメだちっ(怒った顔)」という刷り込みがあったからでしょう(あるいは単に日本を知らなすぎたたらーっ(汗))。

■大げさな例えかもしれませんが、これも立派な情報戦です爆弾。「ロシアはダメだexclamation」・「ろくなもんじゃねぇちっ(怒った顔)」と思わせたいのが発信者の大本なのです。はい犬

■まぁ〜洗脳というのは、このようにピンからキリまでありますが、本当に怖いものですね〜あせあせ(飛び散る汗)

■話しは変わりますが、ドクター・トマベチの『脳と心の洗い方』(フォレスト出版)にこの辺のメカニズムが書いてありますので、まだ読まれて無い方は、ご一読下さい(この本の主旨は自己洗脳して自己実現しようというものですがっわーい(嬉しい顔))。

4894512327.01._SL100_SCTZZZZZZZ_
『脳と心の洗い方』



■皆さんは既にご存知かもしれませんが、この方、脳機能学者・計算言語学者で、オウム心理教にはまった信者の脱洗脳で有名になった方です位置情報。また英語の同時通訳まで行うくらい英語達者な方。

■この著書の中にはこういうくだりがあります。

本 『英文原文では、サンフランシスコ講和条約は、日本の独立を宣言するものでは決してなく、単純に日本の敗戦と領土の放棄、並びに、賠償責任を明確にし、その上で、米国の州の1つという意味程度の自治を日本の人々に認めようというレベルの文書にしか思えません』(p.194/日本は独立国か?より抜粋)

■ええっがく〜(落胆した顔)、英語原文によると日本は独立国ではないあせあせ(飛び散る汗)exclamation&question 米国の1つの州なのexclamation&question じゃぁ〜英語の分かる外国人達は、日本を米国の州の1つと思っているけど口に出さないだけ猫あせあせ(飛び散る汗)exclamation&question

■もしこれが事実なら、国連の常任理事国に入れないのも当然で雷、米国の経済や軍事費を負担するのも当然で雷、ロシアが北方領土を返さないのも当然で雷(米国に渡すことになっちゃいますからね〜がく〜(落胆した顔))・・・・。

■「独立国家」として思い込んでいるのは、日本語しか知らない日本人のみなんて。。。たらーっ(汗)

■第2次大戦後、GHQが計画的に日本人を洗脳していったとか・・・ダッシュ(走り出すさま)。怖いですね〜もうやだ〜(悲しい顔)。こういうことを知らずに、日々平和に生きる方が、まだいいような気もします・・・犬あせあせ(飛び散る汗)

■洗脳だらけの世の中ですが、救いはあります雷雪。苫米地氏はその著書で次のように書いています。

本 『世の中で当たり前のように決められていること、当たり前に受け入れられていることに「なんで?」という視点を入れてものを見る必要があるのです』。

■「なんでexclamation&question」、とただこう考えることが自分自身を救ってくれる雷

■この情報が溢れる国際社会では、それに更に付け加えて「誰が得をするのexclamation&question」を常に考えてニュースを見る訓練が必要のようですひらめき

■「なんで犬exclamation&question」+「誰が得をするのexclamation&question」。今日は話が全然飛んでしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)、今後もこの視点でニュースを読んでいきましょう猫

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 無邪気な心で!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 18:09| モスクワ ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

■ロシアの魚・海産物/MICEX火曜日の結果

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇り。気温はマイナス17度霧。予報では今日はマイナス24度にまで下るそうですがく〜(落胆した顔)

■さて、火曜日のMICEXのインデックスは前日比0.83%右斜め下の1,682.48でした。売買代金は約359億Rblで、98社が右斜め上、147社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『モスエネルゴ』・・・6.736Rbl / 8.47%グッド(上向き矢印) / 約17億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・2,250.04Rbl / 0.9%右斜め上 / 約2,153万Rbl
『ロステルAO』・・・215Rbl / 0.47%右斜め上 / 約3億Rbl
『ズベルバンク』・・・9万2,401Rbl / 0.16%右斜め上 / 約38億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『スルグト』・・・31.847Rbl / 2.46%右斜め下 / 約13億Rbl
『ガスプロム』・・・278.53Rbl / 1.76%右斜め下 / 約72億Rbl
『タトネフチ』・・・110.25Rbl / 1.76%右斜め下 / 約2億Rbl
『ルコイル』・・・2,075Rbl / 1.65%右斜め下 / 約38億Rbl
『UES』・・・32.26Rbl / 1.44%右斜め下 / 約78億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・115.5Rbl / 0.43%右斜め下 / 約2,314万Rbl
『アエロフロート』・・・71.49Rbl / 0.24%右斜め下 / 約394万Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,777Rbl / 0.07%右斜め下 / 約44億Rbl
『ロスネフチ』・・・226.28Rbl / 0.05%右斜め下 / 約2億Rbl

■昨日はスタート時は大方右斜め下。その後特に資源系を中心に14時過ぎに更に右斜め下。そしてNY市場開始後に更に右斜め下という結果になっています。

■最近注目の『モスエネルゴ』は、逆に14時過ぎにドーンとグッド(上向き矢印)に転じていることから、資源系で利益確定し、それから『モスエネルゴ』に流れたような印象を受けます。はい猫

■4月の原油先物『Brent』の値段はバレル当たり57ドル近辺まで値下がりしたこと雷、そして米国が再び暖かくなったこと雷、また休日明けのNY市場のスタートがネガティブだったこと雷などが、昨日の結果に影響したのでは、とアナリストはみています犬

■売買代金は約360億Rblで、これで2日連続のマイナス40%ですダッシュ(走り出すさま)。そんな中、『モスエネルゴ』だけは、17億Rblと非常に多くの買いが入っているようですね〜(通常は1億Rbl未満なのにっあせあせ(飛び散る汗))。

■外資が、ロシアのエネルギー業界の再編に物凄く期待していることが伺われますがひらめき、先週『TGC-1』(地域電力会社)の株式を保有するフィンランドの『Fortum』社に対し、政府は決定権を持つ51%までは同社に増資させない雷とするニュースがありました。

■アナリストは、このニュースが昨今のロシアのエネルギー株ブームを冷却するのではないかexclamation&question、とコメントしています。

■電力の大本『UES』は、電力卸売会社(OGK)や『TGC』(地域電力会社)の株を購入する戦略的投資家らに対し、全ての会社発展の問題については『UES』、あるいは同ホールディングが再編後に継承する会社から合意を得るように義務付けています眼鏡演劇

■それゆえ、海外の戦略的投資家が『国の管理が強化かっexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)』と怖気づいて、売りに出るかもしれない雷。そのため、この電力系のブームは一時的なものだろう、というのがアナリスト達の一般的な見方のようですひらめき

■水曜日には昨日お伝えしましたように、米国の経済データが発表されます雷。ロシア市場終了後に行われるかわかりませんが、今日の結果は、この発表に左右されるでしょう犬

■さて、今日は漁業関連のニュースをお届けします猫

■『ここ30年で、世界の魚や海産物の需要は倍増し、その成長は維持されている雷』というもの。また毎年2030年まで平均で1.5%〜2%増加右斜め上すると記事には書いてあります。

■ロシア人は肉食レストランというイメージが強いのですが、この国でも海産物への需要は増えるのかexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 ロシアがWTOに加盟するための、魚業界における課題の1つは、魚製品の原料としての海外への供給から、ロシア内で高品質な魚製品や海産物の加工や製造工程の構築へ移行することである。

本 投資分析グループ《Norge-Fish》によると、現在ロシアの魚市場規模は魚製品450万トンになるという。2005年の総漁獲量とロシアへの魚製品輸入総量は、424万7,000トンだった(輸入が97万9,900トン、漁獲量が317万8,000トン)。

本 それらの指数が448万7,000トンだった2000年と比較すると、2005年には5%、または24万トン減少していることになる。

本 ちなみに、2000年〜2005年には年間の魚製品消費量の平均増加率は15%ということを考慮すれば、2010年には魚市場規模は倍増すると予測できる。

本 2000年と比較すると、2005年の輸入の伸びは6.86倍で、ほぼ10億ドルとなる(2000 年は1億3,920万ドル)。また2000年〜2005年の期間における輸入価格の平均上昇率は100%で、これはつまり、魚製品の輸入量は前年比で毎年100%増加しているということである。

本 また、国民の収入の増加や、消費者バスケットの増加、食文化の変化(良質で健全な食料品への消費の変動)を考慮すれば、まだまだ魚市場規模拡大の潜在力は十分にあると言える。

本 『Norge-Fish』社のアナリストによれば、ロシアは近い将来、1987年〜1989年のピーク時に到達するという。この時期には漁獲量だけで1,100万トンで、国民1人当たり24〜28キロの魚や海産物製品の国内消費をソ連だけで賄っていた。

■1987年〜1989年といえばソ連時代ですが、漁獲量は1,100万トン。記事によると2005年は約318万トンですので4倍弱なんですね猫(ソ連時代の統計は大本営発表だとしても、差が大きいのは確実雷)。

■もちろん、ソ連とロシア1国を単純比較するのはおかしいことは言うまでもありませんがっわーい(嬉しい顔)

■しかしまぁ〜、ソ連時代よりも今の方が明らかに魚製品・海産物の種類は豊富ですぴかぴか(新しい)。この記事からは、いかに輸入量が増加しているかが納得できますネ犬

■モスクワではスーパーに行くと、ニシン・サバ・サンマ・マス・シャケ・マグロなどの缶詰は豊富にありますしぴかぴか(新しい)、冷凍された魚介類の種類も実に豊富です決定

■もともとロシア人にとっては、魚といえば川魚がメインで、海の魚はあまり食べません。ヒラメ・サバなどは以前からありますが、きつ〜い塩漬けの乾燥したものがメインでしたあせあせ(飛び散る汗)

■また海辺の都市に行っても、その土地特有の海の幸を使った料理はほとんどなくたらーっ(汗)、シャシリク(肉の串焼き)やピラフなど山岳民族が食する料理が幅きかせていますダッシュ(走り出すさま)

■そういった視点では、海産物の消費は伸びそうにないと思えるのですが、最近ではある程度経済的に余裕ができ、健康にも気を使うようになったのか、海産物を食べる人々も増えてきているようです雪。はい(日本食・寿司ブームで舌が肥えてきたのでしょうかわーい(嬉しい顔))。

■まぁ〜ロシアがWTOに加盟して、日本への海産物の輸出が全てオフィシャルになると、日本の魚介類・海産物の値段が上がりそうであせあせ(飛び散る汗)、そこが少し気になる記事でした(加盟できるかどうかは、まだexclamation&questionですが猫)。

■ではでは手(パー)

iモード次項有 さしみのススメ!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 18:02| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

■ロシアのビリオネア‘07/月曜日のMICEX

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■皆さん、お久しぶりですわーい(嬉しい顔)。モスクワは今日は晴れ。快晴です雪。その代わり気温はマイナス18度。予報ではマイナス24度にまで下がるようです霧

■色々とドタバタしてましたが、先日久しぶりにロシアのお偉いさんから呼び出しを受け、会ってきましたぴかぴか(新しい)(先週は仕事で官庁を動き回っていたので、彼の耳にも入ったのでしょう猫)。

■プロジェクトの話しでしたが、まぁ〜感心するのは、幾つもの案件があるんですが、月日もずいぶん経ったことだし、何れも『もう立ち消えたのかな犬exclamation&question』と思っていても、実は促進させているというところです。はい。

■しかもそれぞれが国家レベルや国際レベルの案件雷。頭の構造を見てみたいくらいですね〜猫あせあせ(飛び散る汗)(私も頭を鍛えないと・・・ダッシュ(走り出すさま))。

■それでは、さっそく株式情報にいきましょうひらめき

■月曜日のMICEXのインデックスは前日比0.14%右斜め上の1,696.59でした。売買代金は少な目の約333億Rblで、160社が右斜め上、97社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『スルグト』・・・32.65Rbl / 1.39%右斜め上 / 約14億Rbl
『UES』・・・32.73Rbl / 0.49%右斜め上 / 約63億Rbl
『ガスプロム』・・・283.52Rbl / 0.36%右斜め上 / 約88億Rbl
『ルコイル』・・・2,109.9Rbl / 0.16%右斜め上 / 約31億Rbl
『タトネフチ』・・・112.22Rbl / 0.02%右斜め上 / 約2億Rbl
『ロスネフチ』・・・226.4Rbl / 0.02%右斜め上 / 約3億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『AvtoVAZ-3』・・・2,230Rbl / 1.76%右斜め下 / 約1,085万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・116Rbl / 1.69%右斜め下 / 約8,304万Rbl
『ロステルAO』・・・214Rbl / 0.7%右斜め下 / 約4億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,780.11Rbl / 0.41%右斜め下 / 約32億Rbl
『アエロフロート』・・・71.66Rbl / 0.13%右斜め下 / 約2,333万Rbl
『ズベルバンク』・・・9万2,250Rbl / 0.01%右斜め下 / 約50億Rbl
『モスエネルゴ』・・・6.21Rbl / 0.00% / 約3億Rbl

■昨日はほとんどの株がドーンとグッド(上向き矢印)スタート。その後欧州市場開始後も好調を維持しますが、14時過ぎからやや右斜め下。16時過ぎには、はっきりとバッド(下向き矢印)に転じますが、そこで持ちこたえた株が上げ組に入っています。

■やはり昨日は米国が大統領の日でお休みだったため、売買代金も非常に少なくなっています(月平均のマイナス40%あせあせ(飛び散る汗))。

■先週は1週間お休みしていましたが、最後にお伝えしたインデックスは1,695.24でしたので、僅か0.08%の右斜め上。このブログを休むと株価が上がるというジンクスは今回は通じなかったようです猫あせあせ(飛び散る汗)

■また最後にお伝えした1日で約39%高騰した『モスエネルゴ』はビル、1週間で7.34Rblから6.21Rblへ約18.2%急落バッド(下向き矢印)していますが、現在の株価は別に異常な高さではなく、妥当と言えるでしょう犬

■月曜日はやはり金融大国である米国が休みでしたので、これといって定まった方向性が見えませんでしたネダッシュ(走り出すさま)

■今週の水曜日にFRBの議事録が発表雷、そして米国の消費者物価も発表雷されますが、このことがロシア市場に何らかの影響を与えるでしょうひらめき(もちろん、その前後に)。

■それでは、今日の最後はアナリストのコメントで締めくくりましょう雷

本 市場は新たな成長を生み出すために資源系のシグナルを待ち望んでいる。市場参加者達は、起こり得る上昇変動の目的は史上最高値の突破と理解しているものの、その一方で、石油大手株抜きでは、その突破は不可能なことも十分に理解している。

■さて、今日のニュースは先週『Finas』誌が発表しました、毎年恒例の「ロシアのビリオネアランキングふくろ有料位置情報」をお届けしましょう猫

■今年のランキングには、あのロマン・アブラモービッチ氏が、遂に1位の座から陥落したがく〜(落胆した顔)という話題性も含まれているようです。さぁ〜誰が一番のお金持ちの座を手中に納めたのでしょうかexclamation&question さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 『Finans』誌が、ロシアの富豪500人ランキングを発表した。ロマン・アブラモービッチは、もはやロシアで最も裕福ではなくなったということが判明した。ちなみにロシアにおけるドル換算のビリオネアの数は11名増加した。

本 同誌は既に、このロシア人富豪ランキングを4年間連続で発表している。ランキングに入った人々の総資産額は4,251億ドルである。これは2005年比でほぼ1.5倍増だ。

(中略)

本 ドル換算のビリオネアの数は11名増加して61名となった。これらビジネスマンの多くは消費市場(小売・金融)の代表者である。ランキング入りした人々の総額の80%がトップ100入りした人々により構成されてる。

本 その他、ゼロからスタートしてビリオネアに入った人々の数は3人から10人に増加している。それは、ルスタム・タリコ(45位で資産43億ドル/『Russkiy standart』銀行のオーナー)、ドミトリー・アナニエフとアレクセイ・アナニエフ(28位と29位で資産36億ドル/『Promsvyaz`capital』グループのCo-Owner)、アンドレイ・ロガチェフ(41位で資産17億6,000万ドル/『X5 Retail group』の大株主)、アレクサンドル・ギルダ(46位で資産14億8,000万ドル/同上)などである。

■それでは、まず昨年のトップ10をご紹介しましょう位置情報。氏名/簡単な役職/推定資産額/昨年の順位/の順でお届けします。それではさっそくLet`s GoモバQ

1.オレグ・デリパスカ・・・「Bazovoi Element」社のオーナー/5,635億Rbl/2位
2.ロマン・アブラモービッチ・・・チュコトカ自治管区知事、「Chelsea」のオーナー/5,582億Rbl/1位
3.ミハイル・プラハロフ・・・「ノリリスク・ニッケル」・「Rosbank」、「Plyus Zoroto」などのCo-Owner/3,774億Rbl/8位
4.ウラジーミル・ポターニン・・・プラハノフ氏のパートナー/3,774億Rbl/9位
5.ウラジーミル・リーシン・・・「Novolipetskiy Metallurgicheskiy Kombinat」の代表取締役兼筆頭株主/3,695億Rbl/4位
6.ミハイル・フリードマン・・・「Alfa Group」の筆頭株主/3,681億Rbl/3位
7.ヴァギット・アレクペーロフ・・・「ルコイル」社社長・株主、「Uralsib」、「Capital」の株主/3,269億Rbl/6位
8.スレイマン・ケリモフ・・・「Nafta-Moscow」のオーナー/3,216億Rbl/12位
9.アレクセイ・マルダショフ・・・「Severstali」の筆頭株主/2,990億Rbl/10位
10.ビクトル・ヴェクセルベルグ・・・「Renova」グループの筆頭株主/2,977億Rbl/5位

※円換算に興味のある方は、この数字に4.56を掛けてみてくださいネ犬

■トップ10の顔ぶれは、8位のケリモフ氏以外は同じですひらめき。しかし、ここのところ常に1位の座をキープしていたロマン・アブラモービッチが2位のデリパスカ氏に追い抜かれたことは、やはり大きな変化雷と言えるでしょう。

■デリパスカ氏は昨年、世界で最も巨大なアルミ・ホールディングを創設するために、 10位に入っているヴェクセルブルグ氏の『SUAL』と、自分の会社『Rusal』を統合することに合意していますメモ 。

■一方、アブラモービッチ氏は2位に降格したとはいえ、資産は前回の5,382億Rblから5,582億Rbl(2兆5,456億円がく〜(落胆した顔))と200億Rblも増えています。200億Rblは円に換算すると約912億円exclamation×2 これだけ資産が増加してれば、順位なんてど〜でもいいっしょわーい(嬉しい顔)。まったく、我々一般庶民には、気の遠くなるような数字ですナっ猫あせあせ(飛び散る汗)

■デリパスカ氏はロシア1位の大金持ちの座を手に入れたわけですが、ここで勘違いして政治に走らないことを願うのみですネ雷(以前アブラモービッチの上に君臨したものの、その後政治に走って、その挙句、今も檻の中にいるホドロコフスキー氏の教訓を学ぶべきでしょう猫)。

■さて3位のプラハロフ氏は、今年の1月にフランス警察当局とのスキャンダルで有名になりましたので、皆さんもご存知かもしれませんカメラ。正月休暇で取り巻きを引き連れてフランスの保養地に行ったそうですが、その中に売春婦も数多く混ざっていたことでフランス当局から拘束されちゃいました・・たらーっ(汗)。部下が連れていったそうで、彼は知らなかったそうですがあせあせ(飛び散る汗)、汚点となりましたね〜犬あせあせ(飛び散る汗)

■このプラハロフ氏とポターニン氏は、今では別々に事業を行っていますが、やはり『ノリリスク・ニッケル』、そして『プリュス・ゾーラタ』の株価の時価総額がグーンと上がっているグッド(上向き矢印)ことが大きく影響しているようです。はい犬

■また昨年第7位のウラジーミル・エフトゥシェンコ氏(「Sistemaのオーナー」)は、今年は13位に転落たらーっ(汗)。と言っても、彼の資産は1年前の2,105億Rblから2,126億Rblへと21億Rbl(約96億円exclamation)増えてはいるのですがっあせあせ(飛び散る汗)

■その代わりトップ10にランクインしたのが、「ガスプロム」・「ズベルバンク」・「Polimetalla」社の株式を保有する「Nafta-Moscow」社のオーナー・ケリモフ氏(8位)です。ケリモフ氏の資産額ふくろ有料は、何と1年前の1,583億Rblから3,216億Rblに倍増グッド(上向き矢印)してます。

■一方、ブティック女性でトップ100にランキング入りしたのは、モスクワ市長ルシコフ氏の奥さん・エレーナ・バトゥーリナさんでしたぴかぴか(新しい)(17位、『Inteco』社を運営、『ガスプロム』・『ズベルバンク』・『ロスネフチ』の株主/1,595億Rbl)。

■また、英国に亡命してプーチン政権を批判することに命を燃やす執念深いおじさんむかっ(怒り)、ボリス・ベレゾフスキーさんは、昨年は41位でしたが、今年は49位右斜め下。推定資産も1年前の403億Rblから346億Rblに目減りしていますたらーっ(汗)

■この方‘90年代は政商と言われ、財力を使いロシア国の私有化を図ったちっ(怒った顔)おっさんでした。その後プーチンさんに追い出されたものの、マスコミを使って『プーチンは独裁exclamation』、『ロシアに民主主義をexclamation』という胡散臭いスローガンを掲げ犬あせあせ(飛び散る汗)、批判を未だに繰り広げていますダッシュ(走り出すさま)

■この方、資産が毎年減っていきますが(とはいえ、まだまだ金持ちですがっ)、執着は身を滅ぼす雷雪とも言いますし、過去のことにこだわるよりも、自分のビジネスに力を入れた方がよさそうですネパンチ

■またランキング入りした500名の総資産は4,251億ドル=50兆8,377億円です雷(←日本国の税収に匹敵がく〜(落胆した顔))。

■しかもその80%がトップ100入りした人々が構成している・・・ダッシュ(走り出すさま)、ということは約41兆円を100人が所有しているということに・・・猫あせあせ(飛び散る汗)。これは、またまた




■『なんじゃ、こりゃ〜がく〜(落胆した顔)exclamation&question』  (by 松田優作)




■以上羽振りの良い話題でしたが、これらのビリオネア達は、少しは社会に還元して欲しいところですネ・・・猫あせあせ(飛び散る汗)

■ではでは手(パー)


晴れ次項有 お金持ちすぎっ!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:42| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

■金曜日のMICEX〜『モスエネルゴ』38.78%の急騰!!/お知らせです。

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは雪。昨晩から降り続ける雪で、窓の外は真っ白ですモバQ

■突然ですが、皆さんにお知らせです猫exclamation

■勝手ながら、来週は仕事の都合でこのブログをお休みいたします猫次回は10日後の、2月20日(火)から再スタートすることにしています(本業も大事ですので、ご理解下さい犬。またこのブログをよろしく応援くださいわーい(嬉しい顔)

■そして更に申し訳です。今日はその準備に追われているためあせあせ(飛び散る汗)、株式コーナーのみお届けいたします。ご了承下さい犬

■それではさっそくいきましょう雷雪

■今週を締めくくった昨日のMICEXのインデックスは、前日比0.92%右斜め上の1,695.24でした。売買代金は約599億Rblで、163社が右斜め上、84社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『モスエネルゴ』・7.34Rbl/38.78%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)/約18億Rbl/37.97%グッド(上向き矢印)爆弾
『AvtoVAZ-3』・1,912.01Rbl/2.66%右斜め上/約1,130万Rbl/2.1%右斜め下
『スルグト』・32.93Rbl/2.11%右斜め上/約14億Rbl/0.27%右斜め下 
『UES』・33.65Rbl/1.91%右斜め上/約278億Rbl/7.1%グッド(上向き矢印)
『ノル・ニッケル』・4,708.9Rbl/1.14%右斜め上/約40億Rbl/0.53%右斜め上
『ルコイル』・2,153Rbl/0.95%右斜め上/約71億Rbl/0.05%右斜め下
『ガス・ネフチ』・115.29Rbl/0.8%右斜め上/約9,992万Rbl/1.99%右斜め下 
『ロスネフチ』・233.99Rbl/0.51%右斜め上/約4億Rbl/2.49%右斜め下 
『ロステルAO』・208.95Rbl/0.45%右斜め上/約1億Rbl/2.25%右斜め下 
『タトネフチ』・115.27Rbl/0.3%右斜め上/約4億Rbl/0.63%右斜め下 

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『アエロフロート』・71.51Rbl/1.73%右斜め下/約850万Rbl/4.74%右斜め下
『ガスプロム』・278.47Rbl/0.58%右斜め下/約84億Rbl/3.8%右斜め下 
『ズベルバンク』・8万9,500Rbl/0.06%右斜め下/約36億Rbl/2.53%右斜め下 

■金曜日はスタート時は、木曜の結果に反発して、ほぼ全ての株がグッド(上向き矢印)。しかし欧州市場開始後から右斜め下へ、そしてNY市場開始後には横ばいー(長音記号1)、あるいは右斜め下という結果でした。概して、スタート時に大きくグッド(上向き矢印)となった株が上げ組に入っているようです犬

■やはりスタート時のグッド(上向き矢印)は、前日に原油先物がバレル当たり60$付近で終了したことが要因のようです雷。またNY市場開始後は、出だしが不調だったためたらーっ(汗)、ロシア市場にもその影響がでたようですダッシュ(走り出すさま)

やはり昨日の注目株は『モスエネルゴ』でしょうひらめき

■1日で38.78%も急騰グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)   久しぶりに、



■『なんじゃ、こりゃ がく〜(落胆した顔)exclamation&question』 (by 松田優作)

■モスクワ時間15時30分過ぎから突然大口の買いが入りあせあせ(飛び散る汗)、NY市場開始後の16時以降に、まさに、うなぎのぼりでグッド(上向き矢印)上昇しています。

■16時52分に今日のスタート時から11.6%上昇した時点で、MICEXはこの株の取引を1時間停止します禁煙。しかしストップも何のそのあせあせ(飛び散る汗)、結局はその4倍近い約39%の急騰でした爆弾

■その理由を探しても、今のところこれといったコメントはみつかりませんが、昨日お伝えした『ガスプロム』と『SCEC』(シベリヤ石炭電力会社)の電力事業提携の話しが、この急騰に影響を与えたのではない雷雪、という見方が一般的のようです。

■まぁ〜『モスエネルゴ』も『TGC』(地域電力会社)の1つですので雷、昨今の“TGC荒し”が飛び火したともいえるかもしれませんね猫あせあせ(飛び散る汗)

■しかし『モスエネルゴ』の場合、100%上げて100%下げた『TGC-14』とはファンダメンタルが異なり、しっかりしてますし決定、今までの株価(5Rbl台)は安すぎたと言っても過言ではありません目

■また、この株には外資が余り入っていなかったことも遠因でしょうかひらめき。“5月暴落”時にも『モスエネルゴ』株は独自路線を突っ走り眼鏡、また常々、他の大手企業株とは違う動きをするのがよく目立ってました猫。これは他の資源株に比べ、外資が少ないからです雷

■ですので外資の少ない株『アエロフロート』、『AvtoVAZ』などと連動していたのですが射手座、これで最初は『アエロフロート』に、そして次に『モスエネルゴ』に外資が入ってくるというパターンが見えてきましたネぴかぴか(新しい)

■NY市場が開始する直前の15時半から買いが大量に入り、1時間弱で取引停止になり、その後さらに急騰するということは、外資がドーンと流れ込んできたという証拠です有料揺れるハート

■また、ここのところモスクワも急にロシアの冬らしく冷え込んできましたが台風、この天候要因が、昨今の電力系に対する投機的な動きの波と重なったのかもしれませんネ雷。電力系は、寒波がくるとグッド(上向き矢印)になりますからネ雪

■まぁ〜この株の今後に注目しましょう猫

■さて、一週間をみると、インデックスは1701,26から1,695.24へと僅かながら0.36%の右斜め下。やはり石油系が足を引っ張っているようですねダッシュ(走り出すさま)

■先週金曜比で上昇したのは、電力系『UES』と『モスエネルゴ』、そして好調なニッケル業界の世界的メジャー『ノリリスク・ニッケル』のみでしたぴかぴか(新しい)

■しかし何といっても、ロシア株式市場を盛り上げるのは石油株です。以前にも書きましたが、米国がイラン戦争を本気で考えているなら、原油を落としにかかるでしょうパンチ。戦争と言っても、今や人海戦術は時代遅れで、機械ばっかりですから船飛行機爆弾、それを動かす燃料が大量にいるわけで・・・猫あせあせ(飛び散る汗)

■そのためには、相場を安くしておかないと、折角お金儲けのために戦争をけしかけるのに、逆に大損しちゃいますたらーっ(汗)。ペンタゴン眼鏡にとっては、利益率を高めるのも大事なことですからネふくろ有料

■そういう視点からは、値段を徐々に過去の水準に戻して、戦争突入直前・後からドーンとグッド(上向き矢印)というパターンになるのではないでしょうか。問題はそれがいつか犬exclamation&questionということです。はい。

■まぁ〜なにはともあれ、来週も激しい動きになるのか楽しみなところですひらめき

■それでは皆さん、また20日にお会いしましょう犬exclamation×2

■ではでは手(パー)

iモード次項有 世界平和を!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 17:20| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

■木曜日のロシア株式市場の結果/前年比17%減〜『AvtoVAZ』社の国内販売台数!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇り。気温はマイナス14度。少し暖かくなりました雪

■さっそく株式コーナーにいきましょうexclamation

■木曜日のMICEXのインデックスは、前日比2.58%右斜め下がく〜(落胆した顔)の1,679.79と1,700台を切ってしまいましたダッシュ(走り出すさま)。売買代金は約691億Rblで、77社が右斜め上、157社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『アエロフロート』・・・72.77Rbl / 2.06%右斜め上 / 約3,875万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ルコイル』・・・2,132.75Rbl / 4.1%右斜め下 / 約116億Rbl
『スルグト』・・・32.25Rbl / 4%右斜め下 / 約20億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,862.51Rbl / 3.55%右斜め下 / 約820万Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,656Rbl / 3.16%右斜め下 / 約54億Rbl
『タトネフチ』・・・114.92Rbl / 3.02%右斜め下 / 約5億Rbl
『UES』・・・33.02Rbl / 2.61%右斜め下 / 約290億Rbl
『ロスネフチ』・・・232.81Rbl / 2.46%右斜め下 / 約5億Rbl
『ガスプロム』・・・280.1Rbl / 2.2%右斜め下 / 約122億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・114.38Rbl / 1.81%右斜め下 / 約9,040万Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.29Rbl / 1.51%右斜め下 / 約4,646万Rbl
『ズベルバンク』・・・8万9,550Rbl / 1.49%右斜め下 / 約26億Rbl
『ロステルAO』・・・208.01Rbl / 0.68%右斜め下 / 約4億Rbl

■昨日は何と言っても、スタート時のドカーンというバッド(下向き矢印)が致命傷でしたむかっ(怒り)。その後は欧州市場開始後も、NY市場開始後も右斜め下。こういう日もあるもんです。はい犬

■スタート時の大きな右斜め下は、何と言っても前日の原油先物が57$まで値を下げて終了したことが大きな原因だったようです雷。はい。それで投資家達はこれを機に利益確定に出たようですねー(長音記号1)

■ガス独占企業『ガスプロム』は、終了間際に、同社の電力事業部門と『SUEK』社(SCEC/シベリア石炭電力会社)の石炭事業部門の統合発表のニュースが流れましたがTV、株価に良い影響を与えることは出来なかったようですたらーっ(汗)

■今週、ひたすらロシア株式市場を支え続けてきた電力系の株も今日は全滅爆弾。現在ロシアに数社ある電力卸売会社(OGK)の株は、ここ2〜3日間で10%〜20%上昇グッド(上向き矢印)、そして地域電力会社(TGC)の株に至っては20%〜100%まで上昇グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)していました。

■しかもこれら電力会社のファンダメンタルと、急激な株価上昇はとてもバランスのとれたものではなくあせあせ(飛び散る汗)、まさに投機筋が買い、そして売りに走った模様です雷雪。結果としてOGKは3〜7%の下落バッド(下向き矢印)、TGCは5〜15%急落バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)しています。

■特に『TGC-14』は、短期間で100%上昇グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)しましたが、一瞬にしてそれを失っています失恋。そりゃ〜株価が1日に30〜50%も上昇しては、投機筋も、もう今か今かと売りのタイミングを見てるでしょうしあせあせ(飛び散る汗)、まぁ〜こんな株には手を出してはいけない禁煙、という良い見本でしょうかー(長音記号1)

■ちなみに、電力最大手『UES』(統一エネルギー機構)の場合は、キチンとした基盤がありますので雷、この株の上下は常識的です。はい猫

■電力系は投機筋の仕業だとしても、やはりキーとなる石油株が大きく足を引っ張っていますダッシュ(走り出すさま)。アナリストは今後の原油相場の動向について次のようにコメントしています。

本 今後の原油相場の変動については、私は、“異常に寒い米国の天候”というアイデアは徐々に功を奏し、それから2月21日に近づくに連れて、イランの核プログラム抑止に関する要求不履行に対する世界各国の決議を活かすアイデアが波及し始めると思う。

■イランとの問題で、何れは石油株も上昇すると思いますが演劇、それがいつになるのか、それまで持ちこたえられればいいんですがね犬。まぁ〜今日は今週を締めくくる最終日。昨日の結果を真摯に受け止めつつ犬、ドキドキしながら、結果を追いましょうexclamation

■ちなみに今日のスタートは昨日の結果に反発しグッド(上向き矢印)の株が多いようですひらめき

■さて、今日は自動車業界車(セダン)のお話しです猫

■今週の火曜日にロシア自動車業界全体の昨年の結果をお伝えしました。外国ブランド車が躍進して、ロシア国産車はますます独占していたシェアを受け渡す羽目になっているというのが要点でしたが雷、今日は株式コーナーでもお馴染みの、ロシア最大手乗用車製造メーカー『AvtoVAZ』社のお話し犬

■外国ブランド車が現地生産化する中、『AvtoVAZ』社はますます窮地に追い込まれていきますあせあせ(飛び散る汗)。その同社の昨年の結果に関する記事がありましたので、ご紹介しましょうexclamation それでは記事へLet`s GoモバQ

本 ロシア最大手の乗用車製造メーカー『AvtoVAZ』社の昨年の国内販売台数は17%減少した。しかし、輸出台数は増加している。

本 『AvtoVAZ』社は2月8日、昨年は72万4,000台を販売し、その内の18万6,000台が輸出だったと発表した。同社は2005年には74万4,000台を販売したが、国内は64万8,000台、国外が9万6,000台だった。従って、『AvtoVAZ』社の販売総数は3%減少し、ロシア国内では11万台減少(−17%)したことになる。

本 『AvtoVAZ』社広報担当イワン・スクリィールニクは、国内市場の販売台数激減の原因の説明は避けつつ、こう語った〜『販売数は急落したのではなく、若干減少したのです』。

本 ロシア自動車市場調査の大手調査会社『ACMホールディング』のデータによれば、2006年の国産・外国製車種のロシアでの販売台数は約20%増加したという。アナリストは、石油で豊かになるロシア自動車市場に大きな成長をもたらした世界のトップ10の自動車メーカーが急進するロシアで、今後『AvtoVAZ』は競争激化の波にさらされると予言している。

本 なお『AvtoVAZ』社は販売台数が減少したものの、製造台数は昨年96万6,000台に増加している。『AvtoVAZ』社は2007年にも77万2,000台を製造すると伝えている。

■広報担当のコメントは、開き直っていますね〜猫あせあせ(飛び散る汗)。まぁ〜数字で言う限り、別にウソを言っているわけではないパンチ雷。この辺のロジックの上手さが、ロシア人の特徴の1つです。はい猫あせあせ(飛び散る汗)

■同社はアフリカや南米などに乗用車『LADA』やオフロード車『NIVA』を輸出していますが、シェアを徐々に絞られていく国内市場よりは、輸出の方が好調のようです雪

■昨年の同社の国内での販売台数は53万8,000台で、前年比17%減バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)。それでも今年は目一杯製造するようですネ演劇

■総括すると、今年『AvtoVAZ』社は13車種とそのモデルチェンジ車を110車製造するとか・・・犬

■今年も頑張るようですね〜むかっ(怒り)。まぁ〜皆さん、あたたかい目で見守ってあげようではありませんかっわーい(嬉しい顔)

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 要体質改善!! あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:35| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

■水曜日のロシア株式市場の結果/あなたの収入は減った?増えた?〜アンケート結果より

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。朝の気温はマイナス20度がく〜(落胆した顔)。きましたね〜猫あせあせ(飛び散る汗)。さすがにこの気温になると、Tシャツでバルコニーに出ると肌が痛くふらふら、30秒が限界というところです。はい雪

■寒さにも負けず、雪にも負けず、ただひたすらと道路を清掃している区役所の清掃員は偉いですね〜ぴかぴか(新しい)。こういう人々は、ほとんどが旧ソ連諸国からやって来た人達。一部の心無き人々のためにダッシュ(走り出すさま)、こういう真面目な方々まで追い出されちゃうはめになっては、ホント可愛そうですネ・・・目

■さて、水曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.37%右斜め下の1,724.32でした。売買代金は多目の約704億Rblで、132社が右斜め上、112社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『UES』・・・33.91Rbl / 1.56%右斜め上 / 約371億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,807.99Rbl / 0.17%右斜め上 / 約49億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『アエロフロート』・・・71.3Rbl / 4.08%右斜め下 / 約2,330万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・116.49Rbl / 2.01%右斜め下 / 約6,846万Rbl
『ガスプロム』・・・286.39Rbl / 1.53%右斜め下 / 約101億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,931.01Rbl / 1.48%右斜め下 / 約1,018万Rbl
『ロステルAO』・・・209.43Rbl / 1.47%右斜め下 / 約5億Rbl
『スルグト』・・・33.59Rbl / 1.19%右斜め下 / 約14億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.37Rbl / 0.92%右斜め下 / 約2億Rbl
『タトネフチ』・・・118.5Rbl / 0.78%右斜め下 / 約4億Rbl
『ロスネフチ』・・・238.69Rbl / 0.46%右斜め下 / 約2億Rbl
『ズベルバンク』・・・9万900Rbl / 0.44%右斜め下 / 約24億Rbl
『ルコイル』・・・2,224Rbl / 0.22%右斜め下 / 約75億Rbl

■昨日のスタート時は、基本的に石油系や大企業株は右斜め上。しかしその勢いは1時間ほどしか続かずたらーっ(汗)、欧州市場開始後には右斜め下。そしてNY市場開始には緩やかに右斜め上となりましたが、結局は右斜め下となっています。

■原油価格はバレル当たり59$付近で変動し、決して値崩れしたわけではありませんが、その価格が昨年末の水準に近づいたこと雷が、投資家達に現状の再評価を促す、つまり、利益確定に出るように仕向けたのではないか犬exclamation&question、というのがアナリストの見解です。

■またその他の要因として、世界的にこの日は不調だったこと雷(米国の場合は前日の結果がトントン)、そして昨晩に発表されました米国の石油備蓄量が影響を与えたこと雷もあるでしょう。米国は、石油自体は40万トン減少し右斜め下、3億2,450万バレルになってますが(これはロシア市場にはプラスわーい(嬉しい顔))、ガソリンの備蓄量が260万トン増加グッド(上向き矢印)して、2億2,720万バレルになってます(これはマイナスですもうやだ〜(悲しい顔))。

■また『ガスプロム』の大株主が持ち株を手放すがく〜(落胆した顔)というニュースがあったことで、同社株は下落してますし右斜め下、ひいては、ロシア市場もを低迷に引っ張り込む一因になったとも言えそうです。はい猫

■それでは、今日もアナリストのまとめで、このコーナーを締めくくりましょう雪

本 市場は、RTSのインデックス史上最高値更新雷という壁にぶつかりあせあせ(飛び散る汗)、横ばいの変動を見せた。この境界線を越えるには、他の主要銘柄に遅れを取る資源系の会社の時価総額が上昇することだけが頼りだ。

■さて、今日はロシア人の収入に関するお話しです猫

■この記事は、『全ロ世論研究センター』が今年の1月27日〜28日に実施したアンケート調査結果メモを基にしています。

■ロシアの地方・共和国・46州に及ぶ153の居住区の住民1,600人が、『あなたの収入は増えましたかexclamation&question』、『減りましたかexclamation&question』という質問に回答しています。結果はどう出てるのでしょうか犬exclamation&question さっそく記事にLet`s GOモバQ 

本 ロシア人の半数(48%)が、昨年の収入は実質的に変化は無く、29%のアンケート回答者が収入が増加し、20%の人々が収入が減少したと回答している。

本 金銭的に裕福とみているグループの大多数(59%)が、収入は増加したと回答し、6%のみが減少したと答えている。また、中流とみているグループは昨年、収入が増加したのが31%で、減少したのは15%だった。

本 貧しいと認識しているグループでは、収入が増えたのは僅か13%で、減少したと答えた人は38%だった。

本 若ければ若いほど、収入が増えたと答えているようである。18歳〜24歳の中では43%が増加、25歳〜34歳の間では39%が増加、35歳〜44歳の間では31%が増加、45歳〜59歳の間では26%が増加しており、年金適齢期の人々の収入増加が最も少なく14%だった。

本 居住区ごとに見ると、最も収入の変動が大きかったのは、モスクワとペテルブルグの住民で、39%の回答者が年間所得は増加したと答え、その他の地域では27%〜31%の範囲で増加したと答えている。

■『年を取れば取るほど右斜め上、収入の増加は減っていく右斜め下』、というのは、どの国でも一般的にはそうですので、特にロシアがどうこういう話ではありませんネ目

■しかし特徴的なのは、ロシアでは、富める人はますます富み、貧しき人はますます貧しくなる、というはっきりとした社会構図が見て取れるということでしょうか猫

■とは言え、数少ない金持ち層と大多数の貧困層というのが‘90年代のロシアでしたが雷、最近の経済成長により、当時の貧困層から中流層が出てきていますひらめき。それは先日お伝えしました自動車業界の急成長をご覧になれば一目瞭然です雷

■自分を富裕層と認識するか、中流層と認識するか、あるいは貧困層と認識するか、アンケートにあたって、どういう尺度が与えられたのか知りませんが、この結果で見る限り、富める人は収入が増えた人が多くグッド(上向き矢印)、貧しい人は減少したが多いバッド(下向き矢印)。余りに分かり易い結果ですので、世論誘導犬exclamation&questionと少し勘繰りたくもなります。はい。

■まぁ〜全体的には収入に変化は無かったと答えた人が1番多いわけですが、私は、ここにも経済成長に対する不安の刷り込みが行われているような気がします雷。はい犬

■さて収入の変動を各地方でみると、ウラル地方、シベリア地方、そして極東連邦管区が最も差が大きく、増加したと答えた人の数が減少したと答えた人の数を14%〜15%上回っているそうですぴかぴか(新しい)

■逆に最も差が少なかったのは、連邦北西管区だそうです(その差は僅か1%ー(長音記号1))。この管区には、外国メーカーの自動車工場があり、これからますます工場が増加するペテルブルグも含まれているのですが、これは意外な結果でした猫

■しかし一方で、なるほどなぁ〜犬と思わせるのは、ペテルブルグと言えば、最近、外国人に被害を与えるスキンヘッドの問題が話題になってますよねパンチ。これは外国企業の工場建設に伴い、そこに属する人々は収入が増加するものの、そこに入れない人々は以前と変わらないか、それよりも酷くなるたらーっ(汗)という二極化の現象が生じているからでしょうひらめき

■工場に勤めるロシア人達にそのはけ口を求めるのも、正直言って、負け犬の遠吠えのようで恰好悪いダッシュ(走り出すさま)。というわけで、ナショナリズムを掲げた外国人排斥運動が到来してくるのでしょう雪

■モスクワも‘90年代の中盤〜後半は、今のペテルブルグと全く同じ感じでした猫あせあせ(飛び散る汗)。当時は街を普通に歩くのにも結構勇気がいったものです。はい眼鏡。しかし今ではモスクワの人々は比較的裕福になったからか、平和そうな顔をして歩いている人々が多くなり、お互いに気を使いあう余裕も僅かながら出てきてますぴかぴか(新しい)

やはり主義・主張よりも、財布の中身がこの世界ではキーポイントとなる雷雪。このことは、日本のような豊かな国にいたら、肌身で感じられないことです演劇。そしてこのことをベースにしてロシアや旧ソ連諸国などの経済発展国、ひいては世界の動向を見つめないと、判断を見誤ることになります。はい犬

■話しがそれましたが、モスクワは外資と共存のレベルに到達手(チョキ)、ペテルブルグは葛藤の段階手(グー)、その他の地方はこれからぺテルブルグ⇒モスクワへの道を辿る段階手(パー)と言えるでしょう猫

■ではでは手(パー) 

三日月次項有 聖書よりもパン!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 15:56| モスクワ ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

■ロシア株式市場の火曜日の結果/誤診多し!?〜ロシアの医療事情

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇り。寒波が到来し、昨晩はマイナス16度まで下がりました霧

■寒さに負けず、今日も株式コーナーからスタートしましょうexclamation

■火曜日のMICEXのインデックスは、前日比1%右斜め上の1,730.73でした。売買代金は約686億Rblで、177社が右斜め上、72社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『UES』・・・33.38Rbl / 4.04%右斜め上 / 約246億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.42Rbl / 1.5%右斜め上 / 約3億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,799.99Rbl / 0.94%右斜め上 / 約82億Rbl
『ルコイル』・・・2,228.88Rbl / 0.9%右斜め上 / 約97億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・118.88Rbl / 0.75%右斜め上 / 約2億Rbl
『タトネフチ』・・・119.43Rbl / 0.7%右斜め上 / 約8億Rbl
『ズベルバンク』・・・9万1,300Rbl / 0.56%右斜め上 / 約35億Rbl
『ガスプロム』・・・290.85Rbl / 0.25%右斜め上 / 約105億Rbl
『スルグト』・・・34Rbl / 0.24%右斜め上 / 約22億Rbl
『ロスネフチ』・・・239.8Rbl / 0.23%右斜め上 / 約6億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ロステルAO』・・・212.55Rbl / 0.91%右斜め下 / 約5億Rbl
『アエロフロート』・・・74.33Rbl / 0.27%右斜め下 / 約788万Rbl

■昨日はスタート時は軽く右斜め下。その後モスクワ時間で13時ごろまでグーンと反発グッド(上向き矢印)します。しかし、結局はこれがピークで、その後はほとんどの株が緩やかに下降しています。

■午前中は原油が好調だったためグーンと反発しましたが、午後になり原油先物も下落たらーっ(汗)。それに伴い、ロシア株式市場の石油株も緩やかに下降し始めたようです。はい犬

■通常なら、これでロシア市場はノックアウトパンチのはずですが、昨日の市場を救ったのは電力系の株雷。ロシアの電力独占企業『UES』(統一エネルギー)は4.04%の右斜め上で売買代金は何と市場全体の約36%がく〜(落胆した顔)exclamation

■またモスクワの独占企業『モスエネルゴ』は1.5%の右斜め上で、こちらは珍しく3億Rblの売買代金でした(この株の取引額は、通常数百万〜数千万Rblの範囲雷)。

■また昨日『ノリリスク・ニッケル』は危ないかも犬exclamation&question、というアナリストのコメントを載せましたが、昨日欧州委員会が同社に対し、米国企業『OMグループ』のニッケル事業買収を認めるというニュースがありましたぴかぴか(新しい)

■『ノル・ニッケル』社は『OM Group』との間で昨年の11月に、フィンランドとオーストリアのニッケル事業の4億800万ドルでの買収に合意手(グー)。欧州委員会がこの買収を許可したことで、同社はニッケルの製造量を年間15%増となる3万5,000〜4万トン増加させる予定だそうです猫

■しかしまぁ〜、『ロシア企業の資源独占は許せんぞよっexclamation×2』という世界の由緒ある財閥達が相場を落としにくる可能性も十分に考えられますあせあせ(飛び散る汗)。はい。今日以降、この株の動きを含め注目しましょうexclamation×2 

■さて、今日の話題はロシアの医療関係のお話です病院

■医療ミスについての記事で、世論基金の専門家が実施したアンケート結果を基に作成されています猫

■『おそらくロシア人の2人に1人が、何らかの医療ミスを体験していることだろうダッシュ(走り出すさま)』、という出だしで始まる物騒な記事ですが猫あせあせ(飛び散る汗)、その内容はいかにexclamation&question それでは、さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 今日、ロシアにおける診断の3分の1は正確ではない、と医者さえもが認めている。その理由は、人材不足、医者への過度の負担、専門家養成の水準の低さ、そして給料の安さにある。

本 (略)そして官僚達だけが、“医者の管理の厳格化について”言及しつつも、この問題に目を瞑り続けているのだ。

本 医療ミスの原因の中で、39%が医者の未熟を上げた。また33%の回答者が、『使命を持って医学へ進むことをやめている』と回答した。4%の回答者が、無料の医学に質の高さは有得ないと回答。

本 医者のミスを擁護する人々は際立って少ない。アンケート結果では5%の回答者が、病院には良質の設備が不足していると答えている。医者の過度の負担と答えたのは僅か2%で、3%は医者も人間であるため、ミスを犯すこともあると共感を示している。

■この記事によると、最近は産婦人科、助産婦、小児科でミスが目立っているそうですー(長音記号1)

■ウラジオストックでは、助産婦が数回にわたって出産の際に間違いを犯し、外傷性ショック、出血性ショックでその内の母親と子供が死亡たらーっ(汗)(医者の未熟exclamation

■ウリヤーノフスク州では、患者の子宮外妊娠の診断が遅れ、超音波検査を怠った結果、手術を行う時には患者は弱りきっており、出血が酷く、輸血をする必要に迫られますが、輸血を保管する場所がなく、結局患者さんは病院で死亡たらーっ(汗)(医者の怠慢+設備不足exclamation

■その他にも、ペテルブルグの小学生の女の子が、保健室で風邪ぎみと診断され帰宅したものの、その後体調が悪化し、病院に行き血液検査を行うも、検査結果は、血液を検査する別の研究所が夜間は閉まっているために翌朝に持ち込まれます。結果は脳膜炎の疑いで、至急小児科病院に輸送されましたが、昏睡状態に陥り、この可愛そうな女の子は、1日半後に亡くなっていますたらーっ(汗)(医者の未熟+怠慢+血液研究所の予算不足exclamation)。

■また最近では、クラスノダールで、看護婦が乳児に点滴を謝って注射し、そのままほったらかしに。結局気づいた時(2〜3日後)には乳児の右手は腐敗・・・。右腕を切断するという悲惨なニュースがあったばかりですたらーっ(汗)(医者の未熟exclamation)。

■いずれも、医者の未熟と怠慢が根底にある大きな原因のようですね・・・ダッシュ(走り出すさま)

■なぜ使命を忘れて、怠慢になるのか、または自分の知識・経験に磨きをかけようとしないのかexclamation&question それはやはり、医者、特に国営病院のお医者さんの給料が安いことも大きな原因のようですー(長音記号1)。外相専門医のビクトル・シューモフは、次のように語っています。

本 『私は生活するために3つの仕事を掛け持ちしなければなりません。専門書を読む時間さえありませんよ。蘇生術専門科の医者が、タクシーの運転手をせざるを得ないのですから。彼らが病院で受け取るカペイカ(小銭)に比べ、白タクの方が、それ以上の収入をもたらしてくれるのです』。

■これらの理由から、特に給与の安い国営病院では人材不足が際立っておりあせあせ(飛び散る汗)、そのためにお医者さんは規定の倍以上の患者を抱えざるを得ないのが現状のようですもうやだ〜(悲しい顔)。結果、1人当たりの診察時間は短縮され、待ち時間は倍増するという最悪の状況が生まれていますー(長音記号1)

■私も先日国営病院に妻を伴っていってきましたが、待ち時間は2時間exclamation×2 診察時間は10分程度でしたたらーっ(汗)

■しかし、こういった医療ミスは国営のみならず、幾分給与の高い民間の診療所でも多発しているそうです雷

■そのための解決策として、記事では、各病院へ治療管理委員会を創設し、医療を管理していくことを上げています雷雪。また民間医療機関へも強制医療保険を導入し、医療ミスのあった病院には掛け金を高く設定することで、ミスを削減しようとも提案しています雷

■しかしこれは行政のバックアップがなくては無理な問題ですひらめき。ロシア連邦保健・社会発展省のエレーナ・ワローホワ大臣補佐官は、こうコメントしています。

本 『私達は必ず医学の管理を強化するよう対策を実施していきます。既に全ての感染センターで開始していますが、そこでは秩序が保たれ始めています』

■保健省も手を抜いているわけではないみたいですねー(長音記号1)。しかし医者の管理も必要ですが、その他に医療設備を充実させること雷、そして医学生の教育水準を上げることも雷、国の支援抜きでは解決できませんー(長音記号1)

■特に教育に関しては、高齢の教授や先生方が、最新の医療設備の存在すら知らず、あるいは知っていてもその扱い方を知らないため、数十年前の医学レベルしか伝授できないダッシュ(走り出すさま)、という悲しい現実もあるようです猫

■私の周りでも、誤診を受けたという話をよく耳にしますあせあせ(飛び散る汗)。これ以上の犠牲者を出さないためにも、具体的対策のスピードアップが迫られています猫

■ではでは手(パー)

iモード次項有 医者も進歩を!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 15:54| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

■月曜のMICEXの結果/ロシアの自動車産業、2006年を振り返る!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは雪霧。外は完全な銀世界です演劇

■シーザーのメンテナンスでアクセスが不能になってましたが、ようやく復活したようですぴかぴか(新しい) 。では、時間がないのでさっそく株式コーナーへいきましょうexclamation

■今週初日のMICEXのインデックスは、先週金曜比で0.73%右斜め上の1,713.63でした。売買代金は少なめの約495億Rblで、160社が右斜め上、86社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『スルグト』・・・33.92Rbl / 2.72%右斜め上 / 約24億Rbl
『ルコイル』・・・2,209Rbl / 2.55%右斜め上 / 約99億Rbl
『タトネフチ』・・・118.6Rbl / 2.24%右斜め上 / 約4億Rbl
『UES』・・・32.09Rbl / 2.12%右斜め上 / 約119億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,755.09Rbl / 1.52%右斜め上 / 約99億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,960Rbl / 0.41%右斜め上 / 約893万Rbl
『ロステルAO』・・・214.5Rbl / 0.4%右斜め上 / 約3億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.34Rbl / 0.39%右斜め上 / 約6,508万Rbl
『ガスプロム』・・・290.12Rbl / 0.37%右斜め上 / 約55億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・118Rbl / 0.36%右斜め上 / 約6,775万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ズベルバンク』・・・9万796Rbl / 1.05%右斜め下 / 約34億Rbl
『アエロフロート』・・・74.53Rbl / 0.49%右斜め下 / 約1,613万Rbl
『ロスネフチ』・・・239.26Rbl / 0.23%右斜め下 / 約4億Rbl

■月曜日は、大方の株がスタートは右斜め上。欧州市場開始後から右斜め下に転じますが、NY市場開始前のモスクワ時間15時30分頃から右斜め上に転じています。

■米国の寒波による需要の増加雷、更にOPEC加盟国の生産量削減により雷、原油価格が確信的に復活したことが大きな昨日の勝因のようですぴかぴか(新しい)

■原油価格はその後値下がりしますが、結局バレル当たり59$をつけたため雷、最後は石油株を中心に右斜め上となったようです。はい。

■資源株が不調な時も好調だった銀行株『ズベルバンク』は下がっていますたらーっ(汗)。また通信系では地方株に部分的に利益確定の売りが出ておりあせあせ(飛び散る汗)、『Sibir`telecom』や『Uralsvyaz`inform』などは2.5%以上値下がり右斜め下していますたらーっ(汗)

■まぁ〜総じて、資源株はこのところ不調でしたが、逆にいえば、それだけ他の部門に比べて伸びる要素があるということ雪。もちろん、原油先物の値段に左右されるでしょうがー(長音記号1)、先物市場が安定すれば、資源株も多いに伸びるチャンスがあるのではないでしょうか犬

■ただし、ここのところ好調な『ノリリスク・ニッケル』は、取引市場で調整の動きがあり、特にニッケルは今後大きな調整が入る可能性もあるため、注意して買いを行う方がよいだろう雷、とアナリストはコメントしています犬

■今週はどうなるでしょうかexclamation&question このコーナーの最後をアナリストのコメントで締めくくりましょう猫

本 確信的な原油価格の復活と全体的な世界金融市場の安定を背景に、我々は、ここ数日の取引日において、ロシア市場ではRTSは史上最高のインデックスを更新するようと予想している。

■さて、今日は自動車業界車(RV)のお話しです猫

■この記事は、『ABARUS Market Research』社が今年の1月に発行した分析レポートを基に作成されていますメモ。2006年度の総括位置情報。昨年はどういう結果が現れたのでしょうかexclamation&question さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 全体的な結論としては、外国ブランド車部門は、国産自動車産業が肯定的な成長を見せているにもかかわらず、国産車を強く圧迫しているということを物語っている。

本 このレポートによれば、ロシアにおける2006年の乗用車の製造台数は12.3%上昇し、120万台にまで増加した。その中の28万台が、ロシアで生産される外国ブランド車である。

本 2006年には、ロシア市場における自動車販売総数は206万台にまで増加し、その増加率は16.4%だった。2005年にはロシアで177万台が販売されており、2004年比で増加率は10%だった。

本 様々な専門家のデータでは、市場の販売総額は320億〜330億ドルにまで達し、これは2005年比で40〜45%増である。新型外国ブランド車は市場の販売総数の57%にあたる182億ドル、ロシア車は58億ドルを販売している。

本 2005年〜2006年のロシア自動車産業界における世界大手の自動車会社の産業組立てが、総じて、国内産業指標の統計を引っ張り上げる牽引役となった。

本 国の政策は、あらゆる手を使って外国メーカーがロシアで製造を組織化することを可能としている。実際は、組立て製造のための現地化の基準を、外国メーカーは嫌々ながら遵守しているのだが。専門家によれば、『Ford Focus』の実
際の現地化レベルは、公表されている25%ではなく、約10%程度だという。

本 2006年の自動車ブームの重要な原因は、支払能力のある消費者需要である。裕福さが増すと共に、消費者の好みは、より品質の高い、高価な製品へと移行しているのは明らかである。

本 またこの中で、自動車クレジットサービスの成長の占める割合は無視できない。『ABARUS Market Research』社の評価によれば、2006年には新型車の購入の約36%〜
38%がクレジットによる購入だという。外国ブランド車の場合は、この数値はより多く約45%となっている。

■ご参考までに、ロシア国産製造車の購入平均価格は約7,250ドル雷(意外と高い犬あせあせ(飛び散る汗))。ロシア製の外国ブランド車の場合は1万5,714ドル雷。そして新型輸入車の場合は2万5,277ドル雷。因みに、中古輸入車の場合は1万3,846ドルとなっています猫

■昨年は、販売台数が最も多かったのは『Ford』で11万5,985台を販売してます位置情報

■日本車メーカーでは、『Toyota』が9万5,689台で3位ぴかぴか(新しい)、『Nissan』が7万5,529台で4位雷、 『Mitsubishi』が7位で6万8,845台雷、『Mazda』が8位で3万2,290台雷、『Suzuki』が11位で1万6,118台雷、『Honda』は12位で1万5,783台雷、『Lexus』が17位で1万65台雷、そして『Subaru』は21位で6,299台雷でした。

3位となった『Toyota』さんは、『Lexus』も含めると10万5,754台がく〜(落胆した顔)exclamation 遂に年間10万台の大台を突破していますぴかぴか(新しい)。ロシア人ドライバーの多くが『Toyotaは素晴らしい車だけど、高くて手が出ないんだよっダッシュ(走り出すさま)』と嘆き、年間販売台数が3,000台ほどだった2000年はあせあせ(飛び散る汗)、もう、とお〜い昔の話のようですネ猫

■ロシア人の所得増加雷、それとクレジットの普及雷が、これだけの自動車業界の躍進を支えているのでしょう。

■しかし冗談抜きで、外国ブランドが盛り上がれば盛り上がるほど、国産車は肩身が狭くなりー(長音記号1)、数年後にはロシア国産車=外国ブランド車、あるいは合弁生産という形になってしまい、純粋なロシアブランド車は姿を消してしまうかもしれませんたらーっ(汗)

■国産車の主役『AvtoVAZ』は、技術革新が出来ないのなら、いっそのこと値段だけでも3,000〜5,000ドルの範囲に下げてみればどうでしょうかね犬exclamation&question(値段だけはインフレ率にそうように上げていってます。。ダッシュ(走り出すさま)そりゃ〜顧客離れが続くでしょうネむかっ(怒り))。

■選挙に絡む何かが起きない限り、今年も自動車産業は盛り上がることでしょう猫

■ではでは手(パー)

iモード次項有 頑張るニッポン!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 17:28| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

■金曜日の株式市場/人気のあるレストランとは?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇り。しかしうっすらと太陽が見えますぴかぴか(新しい)

■昨晩はホッケの美味い日本料理屋『SAIZEN』で、A氏の壮行会でしたぴかぴか(新しい)。A氏は栄転して某社の欧州トップの座に就任することになりましたので位置情報、そのお祝いですわーい(嬉しい顔)。A氏の先輩のA氏にも参加頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました雪

■外国人を悩ますレジスター(居住登録証)の話しやダッシュ(走り出すさま)、家電小売業界の話し、ロシア人を妻にもつ日本男性の話(我々3人とも妻はロシア人です猫)、変わり行く日本のサラリーマン社会など、多岐にわたってお話ししましたひらめき

■先輩A氏がロシアの数字のお話しを切り出したので、会話は自然と数字のお話しになりましたメモ。まぁ〜共通の意見は、全体的に日本人ほど数字に強い民族はいないだろうということ雷。欧米人・ロシア人も、お釣りを渡すのは足し算方式あせあせ(飛び散る汗)。日本人は一度に渡す(引き算方式)ですからね〜猫

■しかし、凄いロシア人もいるのです。それは乗り合いタクシーバスの運転手ですあせあせ(飛び散る汗)。大体15人乗りのマイクロバスですが、乗客はシートに座ってから、ドライバーへお金を渡します有料

■伝言ゲームのように、自分の前に座っている人に『渡してください有料犬』とお願いして、人を伝って最前部のドライバーにお金が届く仕組みになってます。

■この際、ドライバーは片手でお金を受け取り、瞬時にお釣りを判断眼鏡。そして運転しつつ、片手でお釣りをドライバーに一番近いシートに座っている人に手渡す演劇

■そして今乗っているのが何人で、途中から乗ってきた人が何人、誰が払っていないかまで、瞬時に判断しているようです犬あせあせ(飛び散る汗)。しかも18Rblという中途半端な料金であっても、何のそのパンチ

■まさに神技雪あせあせ(飛び散る汗)

■まったくビックリするというか、人間、やればできるんだなぁ〜と感心します。はい猫

■ところで話しは全く変わりますが演劇、A氏はドイツ通で先日も出張されていたそうですが、その際調度テレビでダボスの世界経済フォーラムのニュースをやっていたそうですTV

■印象に残ったのはメドヴェージェフ副首相だったそうで、あちらの放送では、明らかに次期大統領としての国際デビューの桧舞台という感があった雷、というではありませんかっexclamation

■多くの欧米人は、きっとメドヴェージェフ副首相を知らないのですから、『誰デスカ、コレ犬exclamation&question』という感じだったでしょうね。これから、このように徐々に世界にアピールしていくことでしょう猫

■ところで、『SAIZEN』のお勧めはホッケですが、A氏の好物の『かた焼きそば』も実は美味しい決定。カレーライスもおいしい決定。カラチョン麺(韓国風の辛いラーメン)も美味しい決定。もう、何でも美味しい犬 モスクワにいらしたら、是非お試し下さいレストラン

■さて、前文が長くなりましたが、株式コーナーに行きましょうexclamation

■今週を締めくくった金曜日は、前日比0.09%の1701,26と僅かながら右斜め下でした。売買代金は約640億Rblで、132社が右斜め上、100社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『ロスネフチ』・239.82Rbl/0.64%右斜め上/約6億Rbl/0.8%右斜め上
『ノル・ニッケル』・4,684Rbl/0.52%右斜め上/約144億Rbl/9.18%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)
『UES』・31.42Rbl/0.51%右斜め上/約168億Rbl/6%グッド(上向き矢印)
『ロステルAO』・213.65Rbl/0.45%右斜め上/約4億Rbl/4.92%右斜め上
『ガスプロム』・289.05Rbl/0.38%右斜め上/約61億Rbl/0.78%右斜め上
『モスエネルゴ』・5.32Rbl/0.36%右斜め上/約3,792万Rbl/0.94%右斜め下
『ルコイル』・2,154Rbl/0.23%右斜め上/約44億Rbl/1.1%右斜め上
『スルグト』・33.02Rbl/0.18%右斜め上/約15億Rbl/0.33%右斜め下

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『アエロフロート』・74.9Rbl/1.11%右斜め下/約2,660万Rbl/0.12%右斜め上
『ガス・ネフチ』・117.58Rbl/1.11%右斜め下/約7,776万Rbl/2.9%右斜め下
『タトネフチ』・116Rbl/1.03%右斜め下/約3億Rbl/0.49%右斜め下
『AvtoVAZ-3』・1,952.07Rbl/0.97%右斜め下/約792万Rbl/0.88%右斜め上
『ズベルバンク』・9万1,760Rbl/0.93%右斜め下/約101億Rbl/0.85%右斜め下

■金曜日はスタート時は、予想通り右斜め下。それ以後は、各株一貫性の無い動きを見せて、ほとんどバラバラでしたー(長音記号1)

■今週は好調でしたので、最終の金曜日にある程度の利益確定を試みた投資家が多かったようで、後半には売りが増加しました雷。また米国の雇用状況に関するデータの発表も、売りを加速させたのでは、とアナリストはみています猫

■しかし結局は前日の結果と余り変わらないところに落ち着いています犬

■石油株にとっては、米国の石油備蓄量の発表雷、サウジアラビアも含めたOPECの減産雷、米国にも冬が到来したこと雷などから、良い1週間だったといえるかもしれません。はい犬

■RTSは1,900台に近づく1,896.62と前日比0.12%右斜め上で今週を終えてますが、MICEXもインデックスはこの1週間で1,669.82から1701,26へ1.88%右斜め上の上昇でしたぴかぴか(新しい)

■さて来週はどうなりますかexclamation&question 楽しみに待ちましょう猫

■さて、今日は土曜日ということで、少し柔らかいお話しですレストラン

■レストランについて、『Konkvest』社が実施した調査結果をお届けします猫。どのような形態のレストランに人気があるのでしょうかexclamation&question それでは記事にLet`s GoモバQ

本 レストランオーガナイズのプロジェクトの効果は、その多くが施設のコンセプトの選択、そしてその所在地の選択次第である。現在よりポピュラーなレストランは、飲料抜きで1人当たり500〜1,000Rblの中流クラスのレストランである。

本 成功を収めるレストランのコンセプトは、日中も、夜も顧客を惹きつけるものである。しかしながら、平日の日中は、ビジネスセンターの食堂と比較できる価格、つまりは、160〜250Rblのビジネスランチを提供するレストランに主な需要があることを忘れてはならない。

本 高級レストランの運営者には、何よりもまず、ユニークな施設のコンセプトが求められる。しかしながら、このプロジェクトは概して、とても短い運営サイクルを持っている。最も素晴らしい内装のアイデアや特殊化されたレストランでさえ、3〜5年後には流行から遅れ、レストランは近場にある中流クラスのカフェやレストランよりも、収益が低くなるだろう。

■モスクワのレストランは、日本よりも相当高いですあせあせ(飛び散る汗)。実際に出張でモスクワに来られる日本のサラリーマンの方々も、ビックリされますがく〜(落胆した顔)。はい。

■中流クラスで、飲み物抜きで、500〜1,000Rblということは、1人当たり2,250円〜4,500円というところ雷。これにビールビールやバーワイン、ウオッカが加われば1万円突破もザラー(長音記号1)

■彼女を食事に誘い日本食レストランでデートすれば、1万円(2200Rbl)なんてあっという間にオーバーしてしまいます犬あせあせ(飛び散る汗)

■ましてや、高級レストランは数百ドルは当たり前の世界ですから問題外ですね〜パンチ

■中流のレストラン(チェーン店)はモスクワには乱立しています雪。日本食も未だにブームが続いており、もう腐るほど(失礼わーい(嬉しい顔))あります。はい。値段は大体がこの記事に書いてある中流クラスの価格帯です。

■日本食の他にも色んなコンセプトを持ったレストランがたくさんありますが、やはり一時の流行で、こればこるほど長期間生き延びるレストランは少ないようです猫。はい。

■因みに昨晩の『SAIZEN』は、3人で飲み物抜きで8品食べて2,160Rbl(9,720円)雷。味の割には、中々リーズナブルでしたぴかぴか(新しい)決定

■それでは皆さん、楽しい週末をお過ごし下さい猫exclamation

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 日本食大活躍!!あなたの一票をお願いします!!次項有三日月
posted by アルバート at 18:46| モスクワ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

■ロシア株式市場木曜日の結果/ハイパーマーケット、営業時間を短縮!?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。少し曇がありますが晴れ。今朝の気温はマイナス15度ですが霧、今日の最低気温は、予報ではマイナス20度がく〜(落胆した顔)。来ましたね〜ロシアの冬が・・ダッシュ(走り出すさま)。。

■さて、木曜日のMICEXのインデックスは、前日比2.77%右斜め上の1,702.85でした。売買代金は多めの約726億Rblで、173社が右斜め上、53社が右斜め下となっています。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ズベルバンク』・・・9万2,620Rbl / 6%グッド(上向き矢印) / 約78億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,660Rbl / 5.91%グッド(上向き矢印) / 約101億Rbl
『スルグト』・・・32.96Rbl / 3.16%右斜め上 / 約28億Rbl
『ルコイル』・・・2,149.09Rbl / 1.76%右斜め上 / 約90億Rbl
『アエロフロート』・・・75.74Rbl / 1.6%右斜め上 / 約2,048万Rbl
『タトネフチ』・・・117.21Rbl / 1.58%右斜め上 / 約4億Rbl
『ロスネフチ』・・・238.3Rbl / 1.53%右斜め上 / 約6億Rbl
『ロステルAO』・・・212.7Rbl / 1.43%右斜め上 / 約7億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,971.21Rbl / 1.09%右斜め上 / 約2,104万Rbl
『ガスプロム』・・・287.95Rbl / 1.04%右斜め上 / 約147億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・118.9Rbl / 0.48%右斜め上 / 約1億Rbl
『UES』・・・31.26Rbl / 0.33%右斜め上 / 約148億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『モスエネルゴ』・・・5.3Rbl / 0.84%右斜め下 / 約5,642万Rbl

■昨日はほとんどの株がスタート時はドーンとグッド(上向き矢印)。その後も勢いは衰えず、そのまま右肩上がりの株右斜め上、以後も何とか持ちこたえる株がメインでしたぴかぴか(新しい)。好調でしたが、あえて言うなら、石油株を中心にNY市場開始後の終盤に売りが多かったことが気になりますー(長音記号1)。この動きから判断すると、今日は右斜め下スタートのような予感がします。はい。

■水曜日の晩の米国FRBの発表で、多くの投資家達が安心したこと雷、そしてプーチン大統領がジャーナリスト達に対し、ロシア経済の楽観的展望を語ったこと雷が、市場に影響を与えたのではないかexclamation&question、とアナリストはみてます。

■石油株が好調な時は、インデックスはすこぶる好調ぴかぴか(新しい)。やはりキーマンです。はい。

■その一方で、銀行株『ズベルバンク』が6%グッド(上向き矢印)と昨日のリーダーでした。その理由はジャーナリストの同行株への出資の信頼性と収益についての質問に対し、プーチンさんが楽観的な回答をしたことによってもたらされたようですひらめき。はい。

■MICEXのインデックスは最高値を更新exclamation×2雷 そしてRTSも1,894.25と1,900に迫る勢いで昨日は終わりましたぴかぴか(新しい)。このことは、投資家心理にはプラスに影響するでしょう決定。さぁ、週を締めくくる金曜日はどうなりますかexclamation&question

■さて、今日は小売業界に関連する新たな法案のお話しです猫

■今日ご紹介する法案は、一言でいえば『大型小売チェーンは、スモールビジネスの犠牲になれがく〜(落胆した顔)』、というものですー(長音記号1)。果たしてどんな内容なのかexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 ロシア連邦経済発展貿易省付属専門評議会は2月に、小売販売を調整することを謳った法案を検討する。委員の申請書によれば、この法案は大手の小売チェーンの営業時間を減少させつつ、スモールビジネスの保護を可能にするという。

本 2月20日に行われる同委員会の懸案には、『ロシア連邦内における公共外食やサービス、小売販売の調整に関する』法案が含まれる。

本 ペテルブルグの産業政策・貿易・経済発展委員会のニコライ・アルヒーノフ副委員長の発表によれば、この法案は、消費分野におけるスモールビジネスの支援に関する様々な対策を規定しているという。特に、小売チェーン店の営業時間の制限が予想されるところだ。

本 このアイデアは、経済発展貿易相のゲルマン・グレフ大臣が2006年の5月に閣議で最初に発した。この時グレフ大臣は、大手小売チェーン店の営業を18時、あるいは19時以降は禁止し、小さなスーパーにのみ許可を与えるように提案している。

本 その他、グレフ大臣は人口4万人以下の都市で小売食品チェーンの(営業・建設)許可を禁止する必要性も示した。しかしながら、この際大臣は、この問題において、経済発展貿易省は海外の経験を研究しているのみであると断りを入れるに終わった。

本 専門家達は、スモールビジネスのためのハイパーマーケットの営業時間制限を肯定的に捉えている。『ドイツやその他の諸国では、こういう慣習があり、土曜日の午後はハイパーマーケットは閉店しています』〜ペテルブルグ消費市場分野におけるスモールビジネス協会アレクセイ・トレチャコフは語る。

本 トレチャコフ氏によると、スモールビジネスの支援は必要だが、それは販売チェーンに制限を加えるのみではなく、多面的に行わなければいけないと言う:『ビジネスから行政的な圧力を排除しなければいけません』。

本 同氏によれば、現在ペテルブルグには僅か225の小規模の小売販売店があるが、5年前には888店舗あり、2006年7月には251店舗に、そして2006年末にはすでに243店舗に減少しているという。

■ハイパーマーケットが出来たおかげで、様々な輸入品がこれでもかっ雷プレゼントバースデー電話TVCDと品列され、ロシア人(特にモスクワっ子)の購買意欲がそそられ、消費社会がグ〜ンと成長グッド(上向き矢印)したわけですが、その一方で、小型のスーパーやお店は閉鎖に追いやられてしまうたらーっ(汗)

■しかしこれはロシアに限らず、日本でもそうでしたし、どの国にも見られる現象でしょう猫

■そん中で、ドイツの例が出ていますが、やはり欧州というのは、一歩進んでいる気がしますぴかぴか(新しい)。何か、こう、皆が焦ってないんですよね〜猫

■それは良いとして、この政策=ハイパーマーケットの営業時間の制限は、果たしてどうなのでしょうかexclamation&question 消費者にとっては、都合の良い時に、欲しいものが買えることが一番大事演劇

■しかし、一体、国が決めるべきことなんでしょうかね犬exclamation&question

■まぁ〜ロシアの場合、資本主義原理主義者がお金持ちに多いですからあせあせ(飛び散る汗)、『包み込みの法則』を容認しようものなら、資金力に物を言わせて果てしなく包み込んでしまうダッシュ(走り出すさま)。これが一番怖いところわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

■ですので、ロシア通の皆さんならご理解頂けると思いますが、ある部分ではやはり国がストップをかける雷雪のも良いことなのかもしれません。はい。

■しかし、この法案とスモールビジネス協会のトレチャコフ氏の発言はニュアンスが少し違っている点も見逃してはなりません雷

■この法案はまだ審議段階です。これからハイパーマーケット側の議員達へのロビー活動が活発になってくることでしょう眼鏡雷(年末に選挙を控え、お金が要りますからね〜犬)。

■ではでは手(パー)
iモード次項有 規制が収入源!?あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 16:32| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

■水曜日のロシア株式市場の結果〜MICEX

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは晴れ。少し曇りが出てますが晴れとしてきましょうわーい(嬉しい顔)

■今日も少し時間に追われてますので、株式情報のみをお伝えしますひらめき。ご了承下さい犬

■1月最後となった水曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.72%右斜め上の1,656.94でした。売買代金は多めの約602億Rblで、148社が右斜め上、87社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『アエロフロート』・・・74.55Rbl / 2.12%右斜め上 / 約1,690万Rbl
『UES』・・・31.15Rbl / 2.02%右斜め上 / 約220億Rbl
『ズベルバンク』・・・8万7,380Rbl / 1.96%右斜め上 / 約75億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・4,399.99Rbl / 1.76%右斜め上 / 約48億Rbl
『ロステルAO』・・・209.7Rbl / 1.06%右斜め上 / 約3億Rbl
『タトネフチ』・・・115.39Rbl / 0.81%右斜め上 / 約3億Rbl
『ルコイル』・・・2,111.99Rbl / 0.54%右斜め上 / 約57億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.35Rbl / 0.47%右斜め上 / 約4,688万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・118.33Rbl / 0.28%右斜め上 / 約3億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『スルグト』・・・31.95Rbl / 1.42%右斜め下 / 約17億Rbl
『ロスネフチ』・・・234.7Rbl / 0.65%右斜め下 / 約5億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,950Rbl / 0.51%右斜め下 / 約1,131万Rbl
『ガスプロム』・・・285Rbl / 0.11%右斜め下 / 約89億Rbl

■昨日はスタート時はほとんどの株がドーンとグッド(上向き矢印)。その後上げ組に入った銘柄はNY市場開始後にも右斜め上、あるいは緩やかな右斜め下でしたが、下げ組に入った銘柄は、スタート後にラクダのこぶのように2回ほどバッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印) となり、前日比でマイナスとなっていますダッシュ(走り出すさま)

■ここのところ利益確定の売りが出ていた『ズベルバンク』ですが、昨日は盛り返しましたぴかぴか(新しい)。私がどうのこうの言うよりも、アナリストの見解を聞いてみましょうわーい(嬉しい顔)

本 アウトサイダーは、『ズベルバンク』のアンドレイ・カジィミン頭取による同行の追加上場株の株価は、ディスカウントではなく市場価格でいく、という発表を受け、損を取り戻し始めた。以前カジィミン頭取は、『ズベルバンク』株購入申請の最低価格は、銀行により6万8,000Rblに確定された、と語っていた。

■堂々たる前言撤回exclamation×2猫あせあせ(飛び散る汗) とっ、頭取っexclamation、それでいいんすか犬あせあせ(飛び散る汗) と言いたくもなりますね。そりゃ〜まだ利益確定は早いぞっひらめき、と思う方々も現れるでしょう。

■『スルグトネフチガス』は年明けから不調ですたらーっ(汗)。どうもこの会社は、“資産が不透明”というポイントが投資家を尻込みさせているようですあせあせ(飛び散る汗)。はい。

■昨日は米国のFOMCの結果発表は、ロシア市場終了後に行われましたぴかぴか(新しい)(モスクワ時間22時15分)。結果は5.25%に据え置きー(長音記号1)。予想通りですね〜ー(長音記号1)。これで5回連続の据え置きですが、最後には恒例の『インフレの懸念は残る眼鏡』というFRBの発言。

■こればっかりやんっけっパンチ雷 

■、と思いたくもなります。はい犬

■米国の石油備蓄量は270万バレル増加しグッド(上向き矢印)、3億2,490万バレルに、ガソリンも380万バレル増加しグッド(上向き矢印)、2億2,460万バレルに達してます。地球にとっては素晴らしい結果ですがぴかぴか(新しい)、こと石油株にとってはマイナスの要因となり、ジリジリと値が下がってしまいました犬

■これら米国発の経済指標の影響は、木曜日のスタートに現れるでしょう雷。そして現在スタートしていますが、ほとんどの株が朝は“鯉の滝登りグッド(上向き矢印)”状態で、好調のようです猫

■さぁ、結果はどうなりますか犬exclamation&question 楽しみに待ちましょうexclamation×2

■ではでは手(パー)

満月次項有 常に懸念はあるっ!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:28| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。