2007年01月16日

■月曜のMICEX / ロシア自動車業界の今後〜2010年まで

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇り。現在の気温はマイナス1度。モスクワではこれでも暖かい方です。しかし予報によると、今週末から冷え込み、来週はマイナス10度にまで下るそうです。これぞモスクワの冬ですね霧

■さて、月曜日のMICEXのインデックスは前日比3.73%右斜め上の1,650.83でした。売買代金は約526億Rblで、175社が右斜め上、50社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ノル・ニッケル』・・・4,114.99Rbl / 6.41%グッド(上向き矢印) / 約56億Rbl
『ロスネフチ』・・・240.49Rbl / 6.39%グッド(上向き矢印) / 約13億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・123.82Rbl / 5.82%グッド(上向き矢印) / 約4億Rbl
『タトネフチ』・・・115.97Rbl / 4.16%右斜め上 / 約4億Rbl
『ズベルバンク』・・・8万9,600Rbl / 3.4%右斜め上 / 約56億Rbl
『UES』・・・27.97Rbl / 3.17%右斜め上 / 約124億Rbl
『ルコイル』・・・2,155.4Rbl / 3.09%右斜め上 / 約52億Rbl
『ロステルAO』・・・198.8Rbl / 2.34%右斜め上 / 約4億Rbl
『スルグト』・・・37.3Rbl / 2.33%右斜め上 / 約16億Rbl
『アエロフロート』・・・61.8Rbl / 2.33%右斜め上 / 約2,617万Rbl
『ガスプロム』・・・294.12Rbl / 2.3%右斜め上 / 約95億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,729Rbl / 1.7%右斜め上 / 約397万Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.21Rbl / 0.58%右斜め上 / 約5,078万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
なしっ手(チョキ)(今年初わーい(嬉しい顔) めでたしぴかぴか(新しい) )

■月曜日は、ほぼ全ての株がスタートはドーンとグッド(上向き矢印)。その勢いが衰えず、実に久しぶりのまとまった右肩上がり右斜め上のチャートを見せてくれました(NY市場が休みなのが幸いしたか犬!?)

■原油価格の下落がとまり落ち着きが戻ったこと雷、金曜日の米国の株式市場のインデックスが良かったこと雷などが、好調なスタートの原因だろうとアナリストはみています猫

■やはり石油・非鉄金属などの資源系の株が好調な時には、ロシア市場はグッド(上向き矢印)盛り上がりますが、これに隠れて、地方の通信株も大きく買いが入っており、特に『Uralsvyaz`inform』はMICEXで11.4%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)上昇しています。

■今週は米国の経済データが発表されますし、また米国の大手企業の決算が続々と発表されますから雷雪、このことがロシア市場に影響を与えるのは確実でしょう犬

■売買代金も500億Rbl台と、月曜日にしては多めで、インデックスも1,600台を大きく超えた今週の初日ぴかぴか(新しい)。非常に喜ばしい出だしです。はい決定

■しかし、『あげてわーい(嬉しい顔)、落とすふらふら』。

■これがないとも言えませんので、慎重に対応する心構えは必要でしょうネー(長音記号1)

■さて、今日は自動車業界車(セダン)のお話です。

■昨年12月末に、『Avtomobil`naya statistika』社が発表した2010年までのロシア自動車市場の中期的な発展予測を記事では取り上げています猫。どんな内容なのでしょうかexclamation&question それでは、さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 アナリストによると、ロシアの自動車産業の嵐のような盛り上がりは、少なくともあと3〜4年は続くという。

本 昨年は新型乗用車市場は23%増加したが、2007年は17.7%、2008年には15.8%そして以後はこの水準を維持すると予測されている。

本 2006年に66%成長した新車部門は、今年は更に35%〜40%成長すると考えられ、2008年〜2010年には22%〜26%の成長率が見込まれている。昨年9%減少した国産車の販売数は、今年更に5〜6%減少し、以後はこの部門では成長は観られないと予測される。

本 結果として2010年にはロシア内では300万台以上の自動車が販売され、その中で外車が80%のシェアを占めると予測されている。

本 それと同時に、数多くの国産車の中で生き残るのは、『LADA』と『UAZ』のみとされる。彼らは十分にニッチな安いオフロード車を供給しているからだ。『Izh』や『Oka』は既に事実上、舞台を降りているし、『GAZ』の乗用車『ボルガ』の販売台数は、徐々に減少している。『LADA』が誇る市場シェア37.2%は、2010年には19〜20%にまで落ち込むだろう。多かれ少なかれ、このトリヤッチのメーカーにはロシア市場のリーダーを維持する全てのチャンスは、今まで通り残されることにはなるのだが。

■ロシアの自動車市場は、ご覧の様に、すご〜く盛り上がっていますぴかぴか(新しい)。この勢いはあと3〜4年は続く雷、というのも納得できます(もちろん、政治・経済状況が今のまま安定していれば雪、という前提つきですが)。

■やはり外国メーカーが現地生産を開始・計画している一方で、国産メーカーは全く改善する気配がないためあせあせ(飛び散る汗)、2010年にはロシア自動車市場のシェアも外国メーカーが多くを占めそうだ雷ということには納得です。はい。

■中でも、ロシア車の競合は中国車眼鏡雷。記事には、『『Great Wall』、『Chery』、『Geely』、『BYD』などの中国メーカーは、この時期には、20万台にまで近づき、ウラル地方やシベリア地方の市場が、彼らの主な市場となるだろう雷』、とも書かれてました。

■大都市の市民は欧米日の外車を購入する余裕がありますがわーい(嬉しい顔)、ウラル・シベリヤなどは本来は国産メーカーや中古車の独壇場ー(長音記号1)。そういった未発達の市場で、安い価格帯の中国車・韓国車がシェアを拡大するのは、これはもう法則です射手座(しかも『LADA』を販売する『AvtoVAZ』は値上げする一方ですしダッシュ(走り出すさま))。

■また記事では、昨年ロシア人は新型乗用車に291億ドルを費やしており、これは2005年の+54.1%グッド(上向き矢印)とも書いてあります。豊かになってきているからでしょうが、銀行の自動車クレジットが伸びている右斜め上ことも大きなプラスになっているようです。

■ちなみに、各銀行は2005年に、自動車クレジットに40億〜45億Rblを出資してますが、昨年はほぼ倍増グッド(上向き矢印)の約75億〜80億Rblだったそうです。はい。

■価格帯で言えば、現在一番売れているのが、1万ドル以下の価格帯でその数87万5,000台(市場の49.2%)がく〜(落胆した顔)

■しかし今後は1万ドル〜1万5,000ドルの価格帯の自動車が、現在の20%から市場の半数を占めるに至るのでは犬exclamation&question、とアナリストは予測しています。

■一方で、3万ドル以上の価格帯の自動車も現在の8.4%(約88億5,000Rbl)から2010年には30%グッド(上向き矢印)までに増加するのではexclamation&questionとアナリストは分析しているようです。

■しかしこれらの予測は、上述しましたが、現在の政治・経済の安定が続けば雷雪という条件付ペン。今年末にはロシア下院選挙、来年は大統領選挙が行われますが、これに関連して、米英の“ロシア市場奪還作戦爆弾”が繰り広げられていきます猫あせあせ(飛び散る汗)

■彼らが最もコントロールしやすかった、古き良きエリツィン時代バースデー喫煙バーレストランを取り戻すために、何としても脱プーチン勢力を立ち上げたいパンチ。これが大資本の狙いです雷雪

■こういった思惑のスポンサーに操られる政治家が、これからドンドンと露出度をましていくでしょうダッシュ(走り出すさま)

■この国で、“自由”、“民主主義”を声高に叫ぶ政治家ほど、胡散臭い政治家はいない雷わけで・・・(この国に板垣退助はいませんし猫あせあせ(飛び散る汗)、所詮、自分のことしか考えてないんですからー(長音記号1))。

■まぁ〜、何はともあれ、ロシアの自動車業界が順調に成長するために、そしてロシアが経済大国にのし上がるために、経済の成長をストップさせるような出来事が起こらないことを祈るばかりです猫。はい。

■ではでは手(パー) 

iモード次項有 何事も改善!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 16:12| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。