2006年11月08日

■ロシア通貨に変更!?〜ロシア中銀案

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■ロシアでは3連休だったため、株式市場もお休みで配信が1日遅れてしまいましたっ犬あせあせ(飛び散る汗)

■今日のモスクワは晴れ曇り。昨夜は曇りで、雪は大分とけたようですあせあせ(飛び散る汗)。はい。北国の天気は変わりやすいですね〜猫

■さて、連休明け火曜日のMICEXのインデックスは、先週金曜日比で1.94%右斜め上の1,480.88でした。売買代金は約441億Rblと、週初めにしては多めでひらめき、132社が右斜め上、52社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『UES』(『統一エネルギー』改め雷)・・・22.07Rbl / 3.08%右斜め上 / 約141億Rbl
『ルコイル』・・・2,250Rbl / 2.65%右斜め上 / 約91億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,903.2Rbl / 2.21%右斜め上 / 約39億Rbl
『ズベルバンク』・・・6万2,350Rbl / 2.21%右斜め上 / 約17億Rbl
『ロステルAO』・・・140.46Rbl / 1.26%右斜め上 / 約3億Rbl
『タトネフチ』・・・124.63Rbl / 1.08%右斜め上 / 約5億Rbl
『スルグト』・・・34.9Rbl / 1.05%右斜め上 / 約15億Rbl
『ガスプロム』・・・292.74Rbl / 0.6%右斜め上 / 約92億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,780Rbl / 0.56%右斜め上 / 約4,206万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・113Rbl / 0.22%右斜め上 / 約1億Rbl
『ロスネフチ』・・・231.66Rbl / 0.12%右斜め上 / 約2億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『モスエネルゴ』・・・5.16Rbl / 0.31%右斜め下 / 約1,579万Rbl
『アエロフロート』・・・60.7Rbl / 0.28%右斜め下 / 約1,999万Rbl

■火曜日は、スタート時からドーンとグッド(上向き矢印)。その後はそれをベースに上下を繰り返して終わりましたが、終了ギリギリに売りが出ているようです。はい(朝仕掛けた人々が売り抜けたかのような印象を受けましたネわーい(嬉しい顔))。

■やはり火曜日は米国の中間選挙の投票日でメモ、その結果に対する期待感が、ロシア市場にも伝わってきたようです雷

■最近の石油価格変動で、買いになかなか踏み込めなかった人々がダッシュ(走り出すさま)、この選挙の盛り上がりを利用して、買いに走ったのではないか犬exclamation&question、とアナリストは見ているようです。はい犬

■そういった突発的要因のため、水曜日もこの勢いが持続するかは『exclamation&question』でしょうか。予想通り、今日のスタート時はバッド(下向き矢印)となっていますダッシュ(走り出すさま)

■さて、今日はロシアの通貨有料に関するお話しです猫

■現在ロシア中央銀行は、10Rbl紙幣を硬貨に、そして1カペイカ、5カペイカを廃止する提案を関係省庁に提出しています雷。1998年のデノミ以来、新札の5,000Rbl札が登場した以外、紙幣・硬貨が変わることはありませんでしたが、この提案が受理されることになれば、どうなるのでしょうか犬exclamation&question

■それでは、記事へLet`s GOモバQ

本 1カペイカと5カペイカの硬貨廃止と、10Rbl紙幣の硬貨への変更は、インフレ率を約0.1%増加させるかもしれない、と『Trast』社のエコノミスト、エブゲーニ・ナダルシンは予測している。同氏によれば、10Rbl紙幣の貨幣への変更は、市場の幾つかの部門で値段の切り捨てを呼び起こすという。

本 『“10”の大きな位から、小さな位への移行の効果は大きいでしょう』、と同氏は語った。これにより多くの小額硬貨を使用することが不便となり、多くのビジネスの代表者達が、売上げの中で硬貨が多数を占めないようにするため、10Rblまでの値段を切り捨てようとするだろう。

本 また、ナダルシン氏は、値上げは全ての部門で生じることはないという。『こういった変更は、例えば、乗り合いタクシーやその他の小物を扱う小売業界や交通機関に反映するでしょう』。

本 1、5カペイカの廃止に関しては、このことが値上げの原因にはならないが、通算のインフレ率の増加要因になるという。『デノミ実施後に、貨幣価値は変わりましたが、これらカペイカの廃止は、私は、以前に生じたインフレの過程を呼び起こすと思います』は語った。

本 『VTB銀行』分析部のニコライ・カシェーエフ部長は、この意見に同意する。同氏によると、1999年1月1日から2006年9月31日にかけての通算インフレ率は約234%だったという。

本 ロシア財務省と経済発展貿易省は、今のところ、このことでインフレ率が上昇するとはみていない。『本省に対し中央銀行提案への合意書が届いており、現在検討中です。しかし今のところ、このことがインフレ率に影響を与えるとは、私達は見ていません』、と財務省は回答している。

本 一方経済発展貿易省は、正式には中銀の提案は届いていないという。『そういうわけで、本省ではインフレの可能性を検討中です』、と強調された。

本 ロシア中央銀行の第1副総裁のゲオルギー・ルントーフスキーによると、10Rbl紙幣の製造量は、これに関連し、徐々に削減されるという。

本 これについて、ルントーフスキー副総裁は、紙幣が長持ちしないためと説明した。硬貨の場合は(寿命は)10〜15年だが、10Rbl紙幣の場合は僅か6〜7ヶ月間であるという。

本 またルントーフスキー副総裁は、1、5カペイカの廃止問題に関する作業が行われていると語った。『我々は作業を続け、議論も重ねていますが、今のところ決定は下されていません』、と同氏は語った。

本 副総裁は、これらの硬貨は赤字であると語った。その原価は、額面価格よりも著しく高いという。これら硬貨の大多数は、同氏によると、鋳直しが行われているという。つまり人々はそれを額面で受け取っているが、より高い値段で販売し、お金を稼いでいるという。

■ロシアの硬貨は、1カペイカ、5カペイカ、10カペイカ、50カペイカ、1ルーブル、2ルーブル、5ルーブルと7種類あります雷。一方紙幣は10ルーブル札、50ルーブル札、100ルーブル札、500ルーブル札、1,000ルーブル札、そして5,000ルーブル札と6種類あります雷

■1ルーブルは、円に換算するとおよそ4円ですから、50カペイカで2円、25カペイカで1円となります有料

■1カペイカ、5カペイカは、実際のところ、おつりで貰っても迷惑なもうやだ〜(悲しい顔)、日本でいうと1円玉みたいな存在でしょうか猫あせあせ(飛び散る汗)。価値はないし、家に置いていても使い道がないという悲しい存在ですがたらーっ(汗)、中銀の副総裁が言っているように、原価の方が高いためひらめき、それらを回収し、鋳直ししてから別の材料として販売すれば、立派なビジネスになってしまうがく〜(落胆した顔)雷。非常にワイルドですがっあせあせ(飛び散る汗)、賢いことを考える人もいるもんですね〜犬あせあせ(飛び散る汗)

■それにしても、10ルーブル札の寿命は僅か6〜7ヶ月ということには、驚きましたっがく〜(落胆した顔)。そう言われれば、確かに手元の10ルーブル札を見てみると、薄汚くなってボロボロになりかけているものがかなりありますー(長音記号1)

■だからと言って、10ルーブルを硬貨に変えるとなると、あの‘98年の経済危機や、それ以前のカオス時代が思い出されてしまうふらふら。これはもうロシア人の精神的トラウマです。はいたらーっ(汗)

■この提案が受理されれば、ただでさえ“値下げマインド”の全く無いロシア人に、値上げの口実を与えてしまうパンチ。よってインフレ率は上昇する。これは一目瞭然です雪雷

■せっかく経済が安定してきた時に、何も硬貨に変え混乱を起こすよりは、日本に見習って紙質を改善するとか別の解決策を選べばよいものを・・・ダッシュ(走り出すさま)

■ところで、お札を刷るロシア中銀は、実は有限会社雷、ということは案外知られていません猫。これはドルを刷るのは米国政府ではなく、FRBというのと同じです雪。いずれも上層部はユダヤ系雷

■どうしても意味不明なことが起きるのが私達の住む世の中ですが、ロシア中銀のこの時期の変更案も意味不明ですダッシュ(走り出すさま)

■笑えない話ですが、会社の利益優先か犬exclamation&question とも思える提案です。はい。ほんと、一体、何をどうしたいのか、答えに悩むニュースです。はい猫あせあせ(飛び散る汗)

■ではでは手(パー) 

晴れ次項有 虎馬に配慮を!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:43| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。