2006年11月02日

■ロシア金融市場庁案〜オフショア取引に課税!?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日のモスクワは時々雨。先日積もった雪が、この雨でとけてしまいあせあせ(飛び散る汗)、また地面が顔を覗かせていますリゾート

■昨晩は“ムジキの会”(男会)雷で、いつものメンバーで、再び『夢』で楽しく情報交換していましたわーい(嬉しい顔)。昨日は演劇『キムチラーメン』にトライしましたが、美味しかったですね〜〜ぴかぴか(新しい)。モスクワではNo.1でしょう位置情報

■さて、水曜日のMICEXは前日比2.04%右斜め上の1,456でした。売買代金は約441億Rblで、126社が右斜め上、63社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『統一エネルギー』・・・20.83Rbl / 3.22%右斜め上 / 約123億Rbl
『ガスプロム』・・・291Rbl / 3.12%右斜め上 / 約136億Rbl
『スルグト』・・・34.81Rbl / 1.79%右斜め上 / 約11億Rbl
『ズベルバンク』・・・6万1,121Rbl / 1.61%右斜め上 / 約15億Rbl
『ルコイル』・・・2,191.99Rbl / 1.45%右斜め上 / 約63億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,861.03Rbl / 1.42%右斜め上 / 約38億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・112.35Rbl / 1.35%右斜め上 / 約4,543万Rbl
『ロステルAO』・・・137.41Rbl / 1.19%右斜め上 / 約3億Rbl
『タトネフチ』・・・125Rbl / 0.91%右斜め上 / 約6億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.17Rbl / 0.64%右斜め上 / 約1,357万Rbl
『ロスネフチ』・・・231.2Rbl / 0.61%右斜め上 / 約3億Rbl
『アエロフロート』・・・61.26Rbl / 0.53%右斜め上 / 約2,052万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『AvtoVAZ-3』・・・1,761.01Rbl / 0.73%右斜め下 / 約293万Rbl

■水曜日はスタート時から大方グッド(上向き矢印)。その後、欧州市場⇒NY市場開始後と右斜め上が続き、3段右斜め上の右肩上がりでしたぴかぴか(新しい)

■最近下げ気味だった『ガスプロム』ですが、今週の金曜日にクレムリンで閣僚と同社の代表が、2007年の国内ガス料金の値上げグッド(上向き矢印)(以前に予定されていた15%よりも更に値上げがく〜(落胆した顔))の可能性について協議する雷というニュースメモが入ったことから株価も値上げしたようです猫

■『統一エネルギー』(UES)の右斜め上も、この『ガスプロム』情報に関連し、同エネルギーホールディングもガス不足問題を解決できる手(グー)とチュバイス会長が発言したことが影響を与えた雷ようです。はい。

■対外的には、これといった情報がなくダッシュ(走り出すさま)、また石油価格も余り変動が無かったため、こういった国内情報に左右される1日だったようです雪。さぁ〜今日はどうなりますかexclamation&question もうスタートしていますが、昨日の反動で右斜め下スタートです犬

■さて、今日は金融業界のお話しです猫

■ロシア連邦金融市場庁のオレッグ・ヴューギン長官が、オフショアを通じたロシアの有価証券類の販売取引利益に税金をかける意向を発表しました演劇

■金融市場におけるロシアの有価証券の売買取引の80%が、オフショアを通じて行われているがく〜(落胆した顔)そうですが、ここからは、年間10億ドルの税収がもたらされるとかひらめき。しかし、こういう大掛かりなことをしている人々は、只者ではない眼鏡。国としては、どう対処できるのでしょうかexclamation&question それでは記事にLet`s GoモバQ

本 専門家によると、金融庁の更改が実施されれば、金融市場や合併・吸収市場の参入者達は、新たに税を逃れる方法を探し始めるだろう、という。

本 ヴューギン長官は、コンファレンス『モスクワのビジネス・ダイアログ』に出席した。同長官によると、ロシアビジネスにとっての一般的なビジネス販売の慣習は、『有価証券による売買取引市場を発展させるための刺激をなくしている』という。

本 金融市場庁は、この状況は税金の観点からも不公平であるとみる。『もし取引の決定を下す中心地がロシアならば、このようなオペレーションはロシアの法律に則って、税金を払うべきです』、と長官は語った。

本 ヴューギン長官は、状況改善のために、税法典に修正を加えることを提案している。オフショアへ有価証券を引き上げることによる税逃れの問題の上手い解決法として、長官はドイツを例に挙げた。ドイツでは、オフショアで売られた会社の株は、国内市場には入れない。

本 もしこの株式一式が、オフショアでの販売後の5年間にその保有者の名義が変えられるならば、これらの取引の税金は、ドイツの法律に則って課せられることになる。

本 マクロ経済分析センターの専門家オレッグ・ソンツェフの試算によれば、1990年〜2004年の間に“ブラック”や“グレー”の図式により海外に上手く逃避した1,200億ドルのうち、約350億〜500億ドルが、販売売上げをまかない、企業の株式売買に利用されているという。

本 この総額の一部は、ロシア統計局の統計にも反映されている。ロシア統計局のデータによれば、2005年にはルクセンブルグがロシアへ138億ドル、そしてキプロスへ51億ドル、バージン諸島へ12億ドルを投資している。専門家によると、これらの金額の多くは、オフショア経由で管理され、国内でオーナーを単純に変えただけのロシア企業を売却したお金だという。

本 まさにこれらの“投資”に、ヴューギン長官は利潤税を課したいのである。企業利潤税(=法人税)の税率は24%で、ロシア国外で受け取った配当に関しては15%である。しかしながら、同長官は、このアイデアが実現される場合には、税率は下げられるであろうと断りを入れた。

■有価証券の売買取引の80%がオフショア経由とは・・・あせあせ(飛び散る汗)。まさにオフショア天国ですねリゾート

■“海外に逃避した1,200億ドルexclamation”を円に換算すると、約14兆円がく〜(落胆した顔) アブラモービッチ7人分ですな猫

■そりゃ〜税務当局も、金融市場庁も、この流れに目をつけざるを得ないですよね雷。しかし、このアイデアが実現される際には税率を下げるひらめき、というヴューギン長官の発言には、こういったシステムを利用している影響力の強い人々に対する気遣いも感じられます犬あせあせ(飛び散る汗)。はい。

■刺激を与え過ぎて、資金が撤退となれば、大問題ですしねー(長音記号1)

■この1,200億ドルの大部分が、“暗黒の”エリツィン政権時代に新興財閥が海外に逃避したオイルマネーでしょう雷

■今もそういう流れは僅かながらあるのでしょうが、法の目を潜った“合法的な”やり取りとなっているので猫あせあせ(飛び散る汗)、中々この部分には踏み込めないでいたのでしょう雪

■ここにテコ入れすることにより、数十億ドルの利益が国庫に入るわけですからふくろ、そのお金は有効に使って欲しいところです猫。もちろん、“影響力のある人々”により、この金融市場庁案は、闇に葬られる可能性も否めませんがっあせあせ(飛び散る汗)

■その辺を注目していきましょうexclamation

■ではでは手(パー)

やや欠け月次項有 感動のラーメン!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 18:10| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。