2006年10月31日

■『VW』の着工式/伸びる外国メーカーの販売台数!!〜ロシア編

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日のモスクワは晴れですexclamation×2 30日の午前3時にサマータイムが終了し、日本との時差は6時間に戻りました雷が、その夜に初雪雪雷が降りました。とうことで、既に外は銀世界霧です。はいあせあせ(飛び散る汗)

■初雪は大体9月末に降っていたのですが、今年はちょうどまる1ヶ月遅れた形になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)。しかしまぁ〜サマータイムの終了と初雪が同時とはがく〜(落胆した顔)。びっくりでした雪

■月曜日のMICEXのインデックスは、前日比2.18%右斜め下の1,403.65でした。売買代金は少なめの約326億Rblで、50社が右斜め上、131社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
無し・・・たらーっ(汗)

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ロスネフチ』・・・225.75Rbl / 3.62%右斜め下 / 約2億Rbl
『ルコイル』・・・2,127Rbl / 3.23%右斜め下 / 約68億Rbl
『ガスプロム』・・・277.28Rbl / 3.09%右斜め下 / 約111億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・109Rbl / 2.99%右斜め下 / 約6,551万Rbl
『タトネフチ』・・・120.99Rbl / 2.85%右斜め下 / 約5億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,740.36Rbl / 2.72%右斜め下 / 約968万Rbl
『ズベルバンク』・・・5万9,000Rbl / 2.64%右斜め下 / 約16億Rbl
『スルグト』・・・33.74Rbl / 1.73%右斜め下 / 約10億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,710Rbl / 1.64%右斜め下 / 約22億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.94Rbl / 1.3%右斜め下 / 約66.7億Rbl
『アエロフロート』・・・60.8Rbl / 1.14%右斜め下 / 約2,500万Rbl
『ロステルAO』・・・132.22Rbl / 0.51%右斜め下 / 約2億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.12Rbl / 0.18%右斜め下 / 約1,589万Rbl

■月曜日はスタート時から大方がバッド(下向き矢印) たらーっ(汗)。石油系はその後は、ほぼ右下がり右斜め下で、それ以外の株は、NY市場開始後に少し盛り返す傾向にありましたダッシュ(走り出すさま)

■売買代金は週初め&月末ということで、平均の20%バッド(下向き矢印)。アナリストは、石油価格の下落と、投資家にこれといった戦略がないことが昨日の結果に繋がったのではないか雷、とみています。はい。

■これといったネタもないほど、大人しい日でしたがー(長音記号1)、今は世界的に右斜め下傾向にあるようですね。まだまだこの不調は続くのか、あるいは復活するのかexclamation&question 火曜日の結果を待ちましょう犬

■さて、今日のニュースは、車(セダン)自動車業界のお話しです猫

■先週の土曜日に、カルーガ州で『フォルクスワーゲン』社の自社工場建設の着工式が行われましたぴかぴか(新しい)。そこに経済発展貿易相のゲルマン・グレフ大臣も参加したそうですが、その中で、同大臣が語ったことを今日の記事では取り上げていますメモ

■さぁ、大臣は何を語ったのでしょうか犬exclamation&question それでは、記事へLet`s GoモバQ

本 ゲルマン・グレフ大臣によると、ロシアで現在製造されている自動車は、『今日の安全基準の水準に従っていない』という。また同大臣は、(自動車の)速度は伸び、道路は良くなっており、こういった自動車を製造するのはいけない、と語った。

本 大臣によると、ロシア自動車産業界の状況は、ロシアに自動車パーツメーカーが参入する5年後には良くなるかもしれないという。グレフ大臣は、ロシアに進出するであろうパーツは、良質で競争力のある自動車を作ることに多くの知識を要しないだろうと語る。

本 こういった自動車は、2011年〜2012年にはロシアで年間100万台以上製造されるという。

本 経済発展貿易省は今年末までに、世界的大手自動車メーカー2社と、ロシアにおける自動車の工業組立て方式に関する合意書に署名する予定であるとグレフ大臣は語った。同省は現在、10社以上と交渉を継続しており、その内の2社は『VW』規模の世界的な大手だという。

本 今年の5月に経済発展貿易省と『VW AG』は、ロシア内における自動車製造工場開設プロジェクト実現に関する投資協定書に署名した。同工場では年間に最大11万5,000台の自動車を製造する予定である。プロジェクトへの投資額は、第1段階で2億7,000万ユーロで、第2段階では1億ユーロとなっている。

本 政府は『AvtoVAZ』の発展に関心を持っているのか、という問いかけに対しグレフ大臣は、20万以上の人々が『VAZ』で働いており、こういった企業の成功に関心を持たない政府はないと語った。

本 大臣は、『AvtoVAZ』の上層部が再び、他の納税者のポケットから10億ドルを取り、それを開発にあてようと期待しているならば、これは無意味だと語った。もし同社に現実的プランがあれば、彼らを支援しようと大臣は伝えた。

■数年間、モスクワ郊外のストゥーピノで建設されるという噂が流れていた『フォルクスワーゲン』ですが、今年の春にカルーガに決定してからは、とてもスピーディーな展開雷を見せています。はい。

■同社は今年の3四半期で1万5,905台を販売し、外国メーカーの中では第11位です位置情報。ちなみに1位は『Hyundai』で6万9,204台がく〜(落胆した顔)

■ついでに言えば、日本勢は3位が『トヨタ』ぴかぴか(新しい)で6万8,133台(『レクサス』は18位の7,305台=2ブランドを合わせればダントツ1位exclamation×2)、『三菱』が4位で5万1,706台雷、『日産』は6位で5万551台雷、『Mazda』は10位で2万3,696台雷、『Suzuki』は13位で1万1,400台雷、『Honda』は15位で1万1,098台雷、『Subaru』は23位で4,802台雷となっています。日本メーカー、頑張っていますexclamation×2 ぴかぴか(新しい) 

■そして、もう夢の年間10万台も見えて来た、というメーカーもあるようですネ決定

■『VW』はこのように大きく遅れていますので、これを取り戻そうと必死なのでしょうあせあせ(飛び散る汗)

■しかしまぁ〜、これほど外国メーカーが頑張っているということは、国産メーカーは、ますます窮地に追い込まれていってしまいますね〜あせあせ(飛び散る汗)。国内最大手『AvtoVAZ』は、5,000$〜9,000$の価格帯で勝負で、『安かろう、悪かろうふらふら』の領域から未だ脱しようとしませんからダッシュ(走り出すさま)、グレフ大臣も渇パンチを入れているのでしょうか(いや、今やイメージは『高かろう、悪かろう演劇』ですかっ犬)。

■国産車は、環境基準『ユーロ2』に適合してまだ日が浅く(欧州はユーロ4)、まだまだこれからですしあせあせ(飛び散る汗)、安全面で言えば、国産車にはエアバックが浸透してないのであせあせ(飛び散る汗)(一部オプションのみ)、外車と衝突すると、国産車に乗っている人の方が不利になってしまうわけで猫たらーっ(汗)

■外国製自動車(新車)はこのままの勢いでは、今年は販売台数85万台を超えそうな勢いです位置情報ぴかぴか(新しい)(1〜10月の間で既に65万台以上販売がく〜(落胆した顔))。

■国内最大手の『AvtoVAZ』は、改善を努力するよりは、今年中に締結を予定している“『VW』規模の世界的な大手”と合併したほうが賢明なのでしょうか猫

■ではでは手(パー)

iモード次項有 牛歩的社内改善!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 16:52| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

■ワンルームが人気!?〜モスクワの不動産業界

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は土曜日ぴかぴか(新しい)。モスクワは曇りです。少し風の強い日で、木々にしぶとく残った葉っぱも、ついに振り落とされるダッシュ(走り出すさま)ような気がします。はい。

■さて、さっそくロシアの株式市場の情報をお伝えしましょうわーい(嬉しい顔)。金曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.56%右斜め下の1,434.97でした。売買代金は月平均並みの約430億Rblで、82社が右斜め上、85社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『統一エネルギー』・20.2Rbl/2.11%右斜め上/約89億Rbl/2.02%右斜め上
『ロスネフチ』・234.24Rbl/1.71%右斜め上/約3億Rbl/4.16%右斜め上
『モスエネルゴ』・5.13Rbl/0.81%右斜め上/約1,841万Rbl/0.04%右斜め上
『AvtoVAZ-3』・1,789Rbl/0.79%右斜め上/約2,715万Rbl/0.55%右斜め下
『アエロフロート』・61.5Rbl/0.49%右斜め上/約2,660万Rbl/ 1.79%右斜め下

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ガスプロム』・286.13Rbl/1.84%右斜め下/約155億Rbl/3.87%右斜め下
『スルグト』・34.33Rbl/1.46%右斜め下/約16億Rbl/3.12%右斜め下
『ルコイル』・2,198Rbl/1.08%右斜め下/約81億Rbl/0.87%右斜め上
『タトネフチ』・124.54Rbl/1.06%右斜め下/約5億Rbl/0.09%右斜め下
『ズベルバンク』・6万600Rbl/0.98%右斜め下/約11億Rbl/0.99%右斜め下
『ロステルAO』・132.9Rbl/0.82%右斜め下/約3億Rbl/0.29%右斜め下
『ガス・ネフチ』・112.36Rbl/0.3%右斜め下/約4,301万Rbl/1.02%右斜め上
『ノル・ニッケル』・3,772Rbl/0.26%右斜め下/約34億Rbl/0.69%右斜め下

■昨日は大方がバッド(下向き矢印)スタートでしたたらーっ(汗)。14時くらいに底をつき、その後若干の右斜め上に転じますが、NY市場開始後に再びドーンとバッド(下向き矢印)ダッシュ(走り出すさま)。しかし終了間近いに若干戻してますー(長音記号1)。上げ組に入った株は、ここで取り戻すことの出来た株と言えるでしょう猫

■その典型が統一エネルギー(UES)で、NY市場開始後のモスクワ時間16時過ぎからドーンとグッド(上向き矢印)伸びています。はい。

■やはり石油価格、そして米国の景気減速の懸念が足を引っ張ったようです雷。はい。しかし不気味なのは、『ロスネフチ』ですね〜眼鏡。目立たないように、ジワリジワリと伸びています。はいひらめき

■また、先週の金曜日と比較すると、インデックスは1,442.83から1,434.97へ0.55%の右斜め下でした。今回は上下した株がはっきりと別れており、『ロスネフチ』、『ルコイル』などの大手石油株、そして『統一エネルギー』、『モスエネルゴ』などのエネルギー関連株が、1週間で伸びているようですぴかぴか(新しい)。はい。

■昨日はロンドンも右斜め下、NYも右斜め下、東証も右斜め下と世界的に下がった1日でしたネたらーっ(汗)。さぁ〜来週はどうなるでしょうか犬exclamation&question 楽しみに待ちましょう猫

■さて、今日は土曜日ですので(犬?)、政治の話しではなく、不動産のお話しですわーい(嬉しい顔)

■ということで今日は前置きは抜きにして演劇、さっそく記事へとLet`s GoモバQ

本 情報システム専門社『SkanRialti』の7月から10月にかけてのモスクワの住居不動産市場の四半期決算の結果によると、ワンルームのアパートの割合は、全供給量の中で12%増加し、 この指標は2部屋・3部屋の数字よりもほぼ2倍多いという。

本 『SkanRialti』社のアレクセイ・イワノフ社長によると、全体的な供給数増加や展示時間の増加の枠内でのこういった傾向は、投資家達が利益を確定し始め、事実上、既にその最高値に達している物件から離れることを意味しているという。

本 まず第1に、これはより過剰評価されている物件、つい最近まで価格高騰の上位を常に占めていた物件〜パネル(壁板)製の古いエコノミークラスの小さなアパートに関わる。

本 また、モスクワにおける住居価格の水準は、小さな間取りの安いアパート(購入資金が足りる唯一の物件)の購入に照準を当てている多くの購買者達にとって、このようなアパートでさえも既に予算以上のものとなるという状況を呼び起こした。

本 支払い能力のある人々が呼び起こす需要は低下し、需要のベクトルは、最近建設された1枚板やレンガ造りの良質のアパート部門に移動した。パネル製のアパートに関しては、3部屋のアパートが需要のピークにある。不動産を自己資金、あるいは借り入れ資金で購入しようとする人は、その資金を広々とした快適なアパートに費やすことを好むようだ。

■モスクワは、新築アパートの平米単価が4,000ドルがく〜(落胆した顔)に達したころから、色んな所から『高過ぎるちっ(怒った顔)exclamation×2』という声が上がり始め、その上昇率は徐々に低下してきているようだひらめき、ということは以前このブログでお伝えしました雪

■そして来年はじめには、遂に下落へと転じるかもしれない雷という専門家の予想もありますが、ハイパーインフレを経験してきたロシア人には、物価は常にグッド(上向き矢印)上昇するもの、という信念みたいなものが出来上がっており猫あせあせ(飛び散る汗)、“値下げマインド”が全くないため、どうなるかは、今後注目すべきポイント雷です。はい。

■記事中の“パネル製”というのは、例えるなら、“コンクリートでできた板チョコのような1枚板”という感じでしょうか犬。モスクワやロシアで建設現場をご覧になった方ならご存知でしょうが、ポンポンとまさに積み木のようにクレーンで積まれていくコンクリート板のことです雪。はい。

■2部屋、3部屋の新築アパートと言えば、100平米はありますから、このコンクリートむき出しの空き室の購入費用は、40万ドルになります(約4,700万円exclamationがく〜(落胆した顔))。そりゃ〜大体50〜60平米くらいの“健全な”ワンルームの需要が高まり、今後供給量が増加するのも当然ですよネ猫あせあせ(飛び散る汗)

■内装費は別、トイレ、バスも別購入・・・ダッシュ(走り出すさま)。一部情報によると、これらの内装・購入・取付費用に5万ドル以上するがく〜(落胆した顔)という話しもありますし、とても庶民が買える代物ではないわけです。はいたらーっ(汗)

■やはり、投機筋が買い占めて、ここまで値段を吊り上げてきたのがモスクワの不動産市場の実態でしょう雷。しかし、u単価が4,000ドルを超えた時点で、あたかも事前に打ち合わせされていたかのように、一斉に“高過ぎちっ(怒った顔)exclamation”、“値上げ率が減少exclamation×2ぴかぴか(新しい)”という報道演劇がなされるようになってきました。はい。

■万が一、値段が下がるとすれば、当然、異常に吊り上げられている“一般人向け”のワンルームのアパートからでしょうネ雷。その一方で、富裕層向けの都心にある好物件や、豪華な億ションなどは、なかなか下がらないでしょう雪

■3〜5年ほど前は、高級新築アパートでu単価が2,000ドルでしたので、それでも今売れば、平米ごとに2,000ドルの利益が出る・・・有料。100平米の部屋を持っていれば、売却すれば20万ドルの利益有料有料。これを10部屋もっていれば、200万ドルの利益・・・ふくろ。100部屋持っていれば・・・あせあせ(飛び散る汗)、もういいでしょうっ猫あせあせ(飛び散る汗)

■まぁ〜値下げは、まずモスクワから雷。それが後々、地方に波及するでしょう。ですので、今後モスクワがどう下がっていくかっ雷雪、に注目していきましょう猫exclamation

■それでは皆さん、楽しい週末をお過ごし下さ〜いexclamation×2 

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 高級な板チョコ!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 17:28| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

■グリーンスパン元FRB議長が、ロシア経済に警告!!〜その狙いは??

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日もモスクワは曇り。しかし、うっすらと空が見えますぴかぴか(新しい)

■昨晩はこのブログにコメントをよく頂くKenさんと、ビジネスパートナーのK氏と、純粋な日本料理屋『SAIZEN』ひらめきで、“ホッケ”をつつきながら、楽しく情報交換をしていました雷

■異種業の方とお話しをすると、とても新鮮で、自分の知らない情報がたくさん入ってきますので、とても刺激になります雪。はい。しかしまぁ〜ここの“ホッケ”はデカイですね〜がく〜(落胆した顔)。40センチ以上はあるように思えますが、現地調達されているとのこと決定。値段はそんなに高くないですし、バリバリのお得感で、お腹も心もとても満足でした。はい猫

■さて、木曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.42%右斜め下の1,443.08でした。売買代金はようやく月平均並みの約430億Rblで、95社が右斜め上、76社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『統一エネルギー』・・・19.78Rbl / 0.63%右斜め上 / 約35億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・112.7Rbl / 0.52%右斜め上 / 約8,750万Rbl
『ロスネフチ』・・・230.3Rbl / 0.4%右斜め上 / 約7億Rbl
『ズベルバンク』・・・6万1,199Rbl / 0.38%右斜め上 / 約16億Rbl
『ルコイル』・・・2,222Rbl / 0.36%右斜め上 / 約118億Rbl
『アエロフロート』・・・61.2Rbl / 0.33%右斜め上 / 約2,984万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『AvtoVAZ-3』・・・1,775.01Rbl / 1.61%右斜め下 / 約1,740万Rbl
『ガスプロム』・・・291.5Rbl / 1.6%右斜め下 / 約155億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,782Rbl / 1.46%右斜め下 / 約35億Rbl
『スルグト』・・・34.84Rbl / 0.35%右斜め下 / 約20億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.09Rbl / 0.29%右斜め下 / 約1,560万Rbl
『ロステルAO』・・・134Rbl / 0.26%右斜め下 / 約1億Rbl
『タトネフチ』・・・125.88Rbl / 0.17%右斜め下 / 約6億Rbl

■昨日は、予想通りにスタート時は石油株を中心にグッド(上向き矢印)。しかしグッド(上向き矢印)過ぎたのか、欧州市場開始後には右斜め下、そしてNY市場開始後にも右斜め下となっています。

■『ガスプロム』株は右斜め下でしたが、これは新しい採掘場の開発と環境保護機関との衝突がネックになっているのでは爆弾、とアナリストはみています。

■また、石油株では『ガスプロムネフチ』が頑張ってますが、ロシアの取引所におけるfree-floatの拡張を同社が準備しており、このことを同社が正式に発表すれば、勢い良くグッド(上向き矢印)となることも有り得るひらめき、とアナリストは予想しています。はい犬

■売買代金は430億Rblの水準に戻りましたが、とはいえ『ガスプロム』と『ルコイル』で273億Rblと、全体の約64%がく〜(落胆した顔)を占めていますので、まだまだ大人しいと言えるのかもしれませんネー(長音記号1)

■さぁ、今日は今週を締める金曜日exclamation どうなりますかexclamation&question 結果は明日お知らせしますわーい(嬉しい顔)

■さて、今日はロシア経済に関するお話しです猫

■先日投資銀行『ルネッサンス・カピタル』が、ニューヨークで、第5回『ロシアへの投資に関する年次総会』を開催しましたが、そこに、何と、元FRB議長グリーンスパン氏が登場ぴかぴか(新しい)。ロシア政府に対して“警告”を発したとか・・たらーっ(汗)。さて、その内容はexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ 

本 国際的な投資の“グル”アラン・グリーンスパン氏が、ロシア政府に対し、彼らは“国民的チャンピオン”と名付けられる超巨大な国営企業を創設しつつ、“大きなミス”を犯している、と警告を発した。

本 グリーンスパン氏は、ロシアには、やがて巨大なアルミ企業と巨大な石油企業が登場することを確信している。これらを“国民的チャンピオン”と表現しつつ、同氏は、ロシア政府は、“政治的支援”自体が真のロシア経済の競争力を殺してしまい、それを得ることができないとみている。

本 同氏によると、ロシアは巨大マニアの他に、いわゆる“オランダの病”に脅されているという。これは、ロシア経済は巨大な石油ドルを消化できず、一方で、大量にロシアに入ってくる外貨が、海外と比べて現地の製造業者の競争力を低下させるということである。グリーンスパン氏は、近い将来にルーブルが、外貨保有対象とならず、自由な兌換性のある通貨とならないだろうと警告した。

本 これは、ロシアは今のところ法の覇者となっておらず、一方、ロシア政府は、個人資産を保護すべく、継続する政策を練り上げることが出来ないということに関連している。『米ドルが世界中で人気があるのは、米国では200年間、個人資産を保護するメカニズムが働いているからなのです』、と同氏は語った。

本 しかしながら、このファイナンシャルの“グル”が考えるているように、ロシアの金融システムは、全てが悪いというわけではない。同氏は、安定基金の創設と利用に関する正しい戦略”に対し、ロシア政府を褒め上げ、またアレクセイ・クドリン財務相の成功を願ってさえいる。

本 グリーンスパン氏の悲観的な予測に関しては、会議の主催者は同意していない。『ルネッサンス・カピタル』グループの常務スティーブン・ジェーニングスは、『この意見に反して、ロシアでは経済成長は消費者の需要が支えており、石油ドルではないのです』、と語った。また同氏は、ロシアは『共産主義や国家統制の計画経済に向かってない』と見ている。

本 巨大ジャイアント企業の創設は、実際、エネルギー部門のみならず、交通機関業界、国防界、航空業界、建機業界でも行われる。『このプロセスでは、米国や欧州とは違う道を辿っているのです』〜ジェンニングス氏は語る〜『しかし目的は同じです。政府が彼らが戦略的だとみる分野を経済的、かつ政治的に支援しているのです』。

■米国の経済界の巨匠アラン・グリーンスパン氏ぴかぴか(新しい)は、1987年から今年の1月末まで、何と5期に渡る(がく〜(落胆した顔)exclamation×2)約20年間もの年月をFRB(連邦準備制度理事会)の議長として務めた米国の重鎮です眼鏡

■そして皆さんもご存知のように、FRBと言えば、米ドルの発行を管理している米国の要の組織でビル、その議長の発言により、金融市場が大きく揺さぶられますあせあせ(飛び散る汗)

■グリーンスパン氏は議長職を去ったとは言え、この方の発言は、米国政府の発言と解釈してもほぼ間違いはないでしょう雷雪

■しかし、ロシアに関するこの石油ドルオンリーの発想は、少し古い感じがします。はいダッシュ(走り出すさま)

■石油ドルが支えていない、とは決していえませんが雷、その依存する割合は年々減少右斜め下傾向にありますし、それがロシア政府の方針でもあるからです演劇。そういう視点からは、ジェーニングス氏の意見の方が、現在のロシア経済を端的に表していると思えます。はい猫

■グリーンスパン氏ほどの方が、こういったことを知らないとは思えませんあせあせ(飛び散る汗)。ですので、別の狙いがこの発言には含まれていると見た方が妥当でしょう目

■たとえば、このグリーンスパンさんの発言にある『やがて巨大なアルミ企業・・』雷。皆さん、何か思い当たることはありませんか犬exclamation&question 


本 『また少し前に、このオリガルヒは、鋼鉄会社『Evraza』の株式40%を購入したが、同社は近い将来に、他の鉄鋼会社との合併により巨大な財閥となる予定である』(10月18日付の記事より抜粋)。


■18日にロシア大富豪ロマン・アブラモービッチの離婚騒動失恋が、英国発で世界中に発信されている、と書きましたが、『問題は、なぜこの時期に、こういう報道が英国から発信されるのか?ということにあると思います』、と書きました雷

■常識的に考えても、資産2兆円ふくろ有料有料を持つアブラモービッチほどの人物が、自分の離婚騒動を抑え切れないことはないでしょうひらめき。しかもマスコミにスッパ抜かれるほどの間抜けでもないわけでダッシュ(走り出すさま)、そこには何か政治的なものを感じ取れたパンチのですが、これは、協調路線をとる金融界のドン・米英ぴかぴか(新しい)が、資源大国で国際デビューを推進し、世界における影響力を拡大しようとするロシアに対し、双方から警告を発しているのでしょう雷

■先日のアブラモービッチ離婚報道は、そのまず第1歩足

■ですので、このグリーンスパン氏の発言は、第2歩足 足、つまり、『世界を操るのは我々ですよ〜猫。その覇権を脅かすことをしたら、後は知りませんよ〜わーい(嬉しい顔)』、という警告雷演劇なのでしょう。

■ジェーニングス氏が言うように、政府が支援するのは国際的常識なんですがー(長音記号1)、それは米国の承認のもと、行わなければならないちっ(怒った顔)のです。この流れに沿って、今後、『ロシアの経済危機再発キャンペーン演劇雷』が繰り広げられることになるかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

■ロシアはこういうことを知りつつも、堂々と米国に挑戦状を突きつけ爆弾、先手先手で攻めていくのでパンチ、私も最近怖くなります猫あせあせ(飛び散る汗)。はい。

■2007年の下院選挙、2008年の大統領選挙に向けて、大きな力が動き出しています雪。情報発信側の意図を汲みつつ雷、世界平和を祈りましょう犬exclamation×2 

■ではでは手(パー)

iモード次項有 世界に平和をっ!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 17:42| モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

■ロシア産原油ブレンド『Rebco』のNYデビュー!!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は曇り。昨晩は長い間、雨が降っていました。

■さて、水曜日のMICEXのインデックスは、前日比1.37%右斜め上の1,449.1でした。売買代金は非常に少ない約297億Rblで、110社が右斜め上、62社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『タトネフチ』・・・126.1Rbl / 3.11%右斜め上 / 約4億Rbl
『ロスネフチ』・・・229.39Rbl / 3.07%右斜め上 / 約4億Rbl
『ルコイル』・・・2,214Rbl / 2.83%右斜め上 / 約69億Rbl
『スルグト』・・・34.96Rbl / 2.08%右斜め上 / 約14億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,804Rbl / 1.92%右斜め上 / 約1,555万Rbl
『ズベルバンク』・・・6万970Rbl / 1.61%右斜め上 / 約17億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・112.12Rbl / 1.14%右斜め上 / 約5,191万Rbl
『ガスプロム』・・・296.25Rbl / 1.09%右斜め上 / 約99億Rbl
『ロステルAO』・・・134.35Rbl / 0.75%右斜め上 / 約1億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,838Rbl / 0.56%右斜め上 / 約24億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.66Rbl / 0.36%右斜め上 / 約35億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.1Rbl / 0.2%右斜め上 / 約1,261万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『アエロフロート』・・・61Rbl / 2.09%右斜め下 / 約2,215万Rbl

■水曜日は、大方の株がスタート時は緩やかな右斜め上。欧州市場開始後に右斜め上 右斜め下 。NY開始直後は右斜め下でしたが、後に右斜め上転じています。

■ご覧の様に、売買代金が300億Rblを切るほどがく〜(落胆した顔)、大人しい1日でしたがあせあせ(飛び散る汗)、それもこれも水曜日は米国の2つの発表を控えていたからでしょうか犬

■夕刻のNY市場開始後の右斜め上は、米国の石油備蓄量が発表されましたが、備蓄量は大きく増えているのではexclamation&question、という大方の予想を裏切り雷、大きく減少していたことが、大きな要因のようです雷。はい。これによりロシア市場にも勢いが戻ったようですネ雪

■『ルコイル』は2日間好調ですが、水曜日には、同社株を保有する米国の大手総合石油会社『コノコ・フィリップス』が発表した第3四半期の決算内容で、『ルコイル』の今年7月〜9月の利益を26億3,000万ドル演劇と、前年同期比で35%グッド(上向き矢印)と評価していることが繋がったのでは雷、とアナリストはみているようですわーい(嬉しい顔)

■FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果は、金利値上げは据え置きひらめき。これで3回連続の値上げストップ雷です。しかしFRBはインフレに対する警戒感はそのままですから、ロシア市場がどう反応するかは、スタート時は右斜め上としても、『犬exclamation&question』でしょうか。

■昨日はロンドン市場の結果は好調ひらめき。NY市場はダウが高値更新雷、ナスダックも好調ひらめき さぁ、木曜日はどういう動きになりますかexclamation&question 楽しみですネ雪

■さて、今日は石油関連のお話しです猫

■ロシア産輸出ブレンド原油(REBCO)の先物取引が、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で23日からスタートしましたぴかぴか(新しい)。さぁ〜、スタート直後の1日は、どうなったのでしょうかexclamation&question 少し長い記事ですが、さっそく記事へLet`s GoモバQ 

本 (略)ロシア経済発展貿易省のキリル・アンドローソフ次官も同席してスタートしたが、今のところ、1つの取引も成約していない。専門家達は、これに驚きを見せない〜新しい商品には、常に時間が必要だからである。

本 取引所は初日の不成功を、ニューヨーク市場で使用されている電子取引システム『CME Global』の欠陥である、と答えを急いでしまった。このプロジェクトスタートに参加した『Expertica』社が伝えたところでは、システムは『値段を正しいフォーマットで表示せず、データ入力が出来なかった』という。現在この欠陥は修正され、状況は変わることになるかもしれない。しかしながら、取引所関係者によると、『システムには、現在処理中の50ロットづつの申請書が、2通しか届かなかった』、という。

本 『Rebco』の先物価格は、1月に1バレル=55.25$と確定された(より純粋な石油『Brent』は、先物で59.21$の値をつけている)。取引直前にロシア政府の消息筋が、この新しい“混合物”は、『Brent』にはクオリティで劣るものの、他のロシアの石油『Urals』よりは純粋であると伝えた。しかし、専門家の幾人かは、この発言に疑問を持っている。

本 石油市場アナリスト、アルチョム・コンチンによると、『Urals』と『Rebco』の差は、全く無いという。つまり、これは同じパイプを通っている1つの石油なのだ。『ただ、取引所で『Urals』と技術的に区分けするのが幾分困難だったので、この目的のために、特別に新しい商標が作られたのです。(略)『Rebco』の特別に積極的な取引は、今後2年間は期待できないでしょう。しかし心配する必要はありません。『Brent』の取引が開始した際にもこの商標が儲かるようになるまでに4年間かかっていますから』。

本 専門家はまた、今日問題なのは積極性のレベルではなく、ロシア商標の世界的取引所における進出自体が重要と明言した。『ロシア製石油の値段は、低くなっており、その『Brent』に対する遅れを取り戻さなければならないとよく言われていました。ロシア製石油の値段を市場が決める今では、私達はその公正な価格を知ることができるでしょう』、とコンチン氏は語った。

本 取引は、間近に締結されると期待しつつ、経済発展貿易省は楽観主義を捨てない。『取引が今のところ無いということを大したこととは見ていません。メカニズムが動き出し、市場参入者には、新しい契約書に慣れるための時間が必要なのです。『Brent』のスタート直後も同じでした。そして、申請書が入り、購買者や販売者と数値について合意することができないだけ、という市場にとっては普通の状況なのです』、と同省は本紙に伝えた。

本 ロシア科学アカデミー石油・ガス問題研究所のアナトリー・ドミートリエフスキー所長は、本紙記者との対談で、『Rebco』はこの冬には販売がスタートするだろうと語った。『現在米国と中国の備蓄量は埋まっていますが、冬の間、特にもし『OPEC』が採掘量を削減するならば、『Rebco』はおそらく、買われ始めるでしょう。しかし『Rebco』は今のところ、検討されているのみです。ここで重要な問題は、石油の質です。私は、もちろん『トランスネフチ』ではありませんから、はっきりとは分かりませんが、私のデータでは『Rebco』は、中央アジアの炭化水素混合物の無い、より良質の石油です』。

本 『ロシアでは西シベリアと西欧部分に、良質の石油があり、それを鉄道で輸送することが可能で、またそれをタタールスタン、バシュキリ、サマラなどのより質の低い石油との混合を避けるために、河や海で輸送することもできます。しかし購買者は品質で納得すべきですし、このためにはいくらか時間がかかるでしょう。最初の1ヶ月は、特に注意すべきです』。

本 ドーミトリエフスキー氏はまた、ロシア商標の世界的取引所への参入は、その客観的な価格の対策的ミス(の確率を)下げることを可能にするという。『石油市場では、常に様々な対外的な要因が介入します。状況が安静になると、突然のように、米国は誰かにあたり、価格は急激に上昇します。ロシア製石油の値段が専門的評定によらず確定される現在、取引所では、主体的要因は、小さな役割しか果たせないでしょう』、と同氏は語った。

■よく記事に登場する『Brent』とは、英国の北海産の原油で『欧州産ブレンド雷』です。これも原油先物で、この価格指標にロシア産原油の輸出価格は依存していましたダッシュ(走り出すさま)

■しかしNYMEXで『Rebco』として“独自”に取引を開始したことにより、その依存度を薄める狙いがロシアにはあります雷

■まぁ〜初日は成功というわけにはいかなかったわけですが、その原因はシステム不調かexclamation&question、『Rebco』の質の問題かexclamation&question、あるいはデビュー当初はこういったものかexclamation&question、ということで意見は分かれているようですネ猫

■『Rebco』自体の質が良いとしても、パイプラインで流すなら、他の低質の石油などと混ざってしまいますあせあせ(飛び散る汗)(各ブランドごとにパイプラインをひくことは不可能ですしねっー(長音記号1))。

■しかしパイプラインを使用しない他の輸送手段では、コストが高くなってしまうんですよね〜たらーっ(汗)(特に鉄道料金は値上げの一方ですしダッシュ(走り出すさま))。もちろん、それも買手持ちになってしまうため、結局は、中東国の原油と比較しても、お得感が無くなってしまうわけです失恋。はい。

■ですので、質の問題はなんとも言い難いです。はい犬

■また、科学アカデミーのドミートリエフスキー所長が語っているように、石油市場では『常に対外的な要因が介入雷』します。

■これは事実で、今後、イラン、北朝鮮、イスラエルなどで対立問題が悪化したらーっ(汗)、局地的な戦争勃発爆弾となる確立が高い状況ですので、原油価格は、放っておいてもそのうち上がりグッド(上向き矢印)、質がどうのこうの、と言っている場合ではなくなるとは思いますあせあせ(飛び散る汗)。はい。

■株コーナーでもしばしばお伝えしていますが、最近の原油安を受けて、OPECが減産情報を流すと、『OPECは団結してないようだ眼鏡』とかいう否定情報が市場に流れ、一瞬にして、OPEC情報による原油価格の高値引き戻し作戦は、効力をなくしてしまってますむかっ(怒り)

■このように産油国と非産油国間で情報戦爆弾が繰り広げられていますが、OPECの狙いは簡単で、利益を増やすために高値に戻したい雪。ではOPECの反対勢力の狙いは、もちろん、安く原油を買いたい雪ということです。

■しかし、↑にも書きましたように、私はこれに加え、“地域的”戦争に突入する前に雷、異常に高騰した原油価格を一旦シャッフルし、低値に戻して、その後買い占めたい位置情報、という大資本の動きもあるのではないかexclamation&question、と思い、観察しています。はい猫

■ロシアはその動きを察知している。しかしそれに対抗するのではなく、その仲間に入れてもらいたいと願っているわーい(嬉しい顔)。だからこそ、国内市場ではルーブル建ての原油先物取引開始=『脱米』(今年6月)雷、国際市場での『Rebco』のデビュー=『脱英』雷、そして今後の国内での石油取引所の設立(経済発展貿易省案)=脱米英雷など、独立性を保ちつつ、戦略的物資である原油を使い山羊座、国際市場で影響力を拡張しようとしている雪雪のでしょう。

■ではでは手(パー)

三日月次項有 デビュー戦KO負け!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 16:17| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

■プライベートレーベル、知ってますか?〜ロシア消費者

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■火曜日は結局、昼過ぎから晴れでしたぴかぴか(新しい)。久しぶりの太陽はありがたいなぁ〜ひらめき、です。はいわーい(嬉しい顔)

■さて、火曜日のMICEXのインデックスは、0.71%右斜め下の1,429.47でした。売買代金は少な目の約320億Rblで、68社が右斜め上、100社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ルコイル』・・・2,153.1Rbl / 0.46%右斜め上 / 約63億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,816.8Rbl / 0.1%右斜め上 / 約35億Rbl
『ロステルAO』・・・133.35Rbl / 0.08%右斜め上 / 約9,108万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ズベルバンク』・・・6万2Rbl / 3.22%右斜め下 / 約34億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.59Rbl / 1.37%右斜め下 / 約39億Rbl
『スルグト』・・・34.25Rbl / 1.3%右斜め下 / 約12億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.09Rbl / 0.84%右斜め下 / 約3,097万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・110.86Rbl / 0.82%右斜め下 / 約4,901万Rbl
『ロスネフチ』・・・222.55Rbl / 0.55%右斜め下 / 約6,218万Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,770.01Rbl / 0.45%右斜め下 / 約1,503万Rbl
『アエロフロート』・・・62.3Rbl / 0.32%右斜め下 / 約2,144万Rbl
『タトネフチ』・・・122.3Rbl / 0.24%右斜め下 / 約3億Rbl
『ガスプロム』・・・293.05Rbl / 0.22%右斜め下 / 約86億Rbl

■昨日はスタートはバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)。欧州市場開始後も右斜め下のままでしたが、NY市場開始後から右斜め上 右斜め下 に乱れていますあせあせ(飛び散る汗)。はい。

■売買代金は月平均の30%以下と、月曜日に続き非常におとなしい1日でしたがリゾート、アナリストは、投資家達は水曜日に行われるFRB議会雷、水曜・木曜の米国の住宅市場のデータ発表雷、金曜日の第3四半期の米国のGDP発表雷を控え、静観の状態にあるのでは目、とみているようです猫

■石油株は石油価格につられて、相変わらずの低迷でしたダッシュ(走り出すさま)。『ルコイル』は勝ち組に入っていますが、これは先週に発表された今後の戦略と決算内容が救いとなっているのでは犬exclamation&question、とアナリストは見ているようです。

■しかし石油株よりも、『ズベルバンク』や『統一エネルギー』などが下がった1日でもありました。はい。特に『統一エネルギー』(UES)傘下の『OGK-5』(電力卸売会社)がIPOしたものの、株価は逆に下がるという結果になりたらーっ(汗)、投資家が失望したこと失恋が、原因のようです。はい。

■さぁ、今週はこのまま大人しく下がっていくのか、上がっていくのか犬exclamation&question 水曜日を楽しみにしましょうexclamation

■さて、今日は久しぶりに小売チェーンのお話しです猫

■ロシアにもブランド製品を、自店のラベルで張り替えて販売するプライベートレーベルが登場していますぴかぴか(新しい)。しかし、このプライベートレーベルのことをも、実際に知っている消費者は少ないようですダッシュ(走り出すさま)。そのため逆に誤解され、売れ行きの悪さにも繋がっているとかあせあせ(飛び散る汗)。さぁ、どのように理解されているのでしょうかexclamation&question それでは、記事へLet`s GoモバQ 

本 ロシアにおける自社商標(プライベートレーベル)の製造は、今のところ加速するのみである。実際、『ペチョーラチカ』、『セジモイ・コンチネント』、『マグニット』などの全ての大手チェーンが、既に自社商標の商品を販売しているが、そのチェーン全体における割合は、今のところ小さい。ちなみに、西欧の幾つかのチェーン店では、プライベートレーベルの割合は50%以上に達している。

本 専門家は、ロシアの消費者は、この自社商標に関して十分な情報を持っておらず、その多くが、この製品はスーパーのどこかで作られていると考えていると語った。

本 調査会社『Proryiv』のデータによれば、アンケートに答えたモスクワの小売チェーン(『ラムストール』、『セジモイ・コンチネント』、『カペイカ』など)の購買者達の半数以上がこういった意見を支持しているという。

本 購買者の32%は、プライベートレーベルは、“スーパーの近くのどこかで自社製造”されていると見ており、26.5%がこの商品は“どこかの小さな二次的な工場”のものとみている。また11.6%の回答者は、プライベートレーベルは、スーパー内で製造されているとみている。そして僅か13.5%のみが、これら商品を有名なブランドメーカーが作っていることを知っているのである。

本 こういった誤解のために、消費者は、プライベートレーベルの商品は、“安くて悪質の商品”とみなしているのである。

本 『X5 Retail Group』社の財務部長ビターリー・パドーリスキーは、『ペチョーラチカ』の売上げにおけるプライベートレーベルの割合は約9%で、『ペレクリョースタック』ではこのほぼ2分の1にあたる3.5%〜4%にあたるという。

本 『もちろん、私達にはより高いマージンが重要ですが、クオリティが然るべきものでない場合、ブランドに衝撃を与え、低い短期収益ではこれを埋め合わせできなくなるんです。そのため、私達はクオリティは厳しく管理しています』、 とパドーリスキー部長は語った。

本 『マグニット』の投資担当部長ハチャトゥール・パンブフチャンは、チェーン用の商品はロシアのリィーディング・カンパニーが製造していると語った。また、プライベーレーベルの割合は徐々に増加しているという〜今年の年初は『マグニット』の売上げにおける割合は8.2%だったが、9月には既に10.5%に達しているのだ。

■13%以外の多くの人々が、『きっと、スーパーの奥の密室で作っているんだろっ眼鏡!』、という認識を持っているということですね・・・たらーっ(汗)

■確かに、大手スーパーチェーン『セジモイ・コンチネント』で私もこのプライベートレーベルの商品を見たことがありますが(詳しくは忘れましたが、食品でした猫)、実際のところ、包装がお粗末で、『その辺で作ったんじゃないか犬exclamation&question』、と思ったことがあります。はいあせあせ(飛び散る汗)

■これもそれも、キャンペーンを怠り、クオリティの高い外観まで手が行き届いていないチェーンサイドの戦略ミス爆弾でしょう。例えば、『セジモイ・コンチネント』というブランド名だけで売れる雪、と自信過剰な判断をしたのではパンチと勘ぐってみたくなるほどです。はい猫ー(長音記号1)

■個人の個人的使用のためのプライベートレーベルなら良いとして決定、大量消費用として販売するのであれば、それなりに努力する必要が、まだまだあるのでしょうネ雪

■“Private Label exclamation×2”、と英語標記で小さく貼り付け、『犬exclamation&question』と消費者に思わせるような戦略を取ったらどうか、と思うんですが・・。まぁ〜定着には時間がかかるでしょうが、チェーン店には頑張って欲しいところです。はい猫

■ではでは手(パー)

iモード次項有 急がば回れ!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 03:44| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

■ロシアのネットユーザー数〜2006年

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は曇り。しかし予報では最高気温は14度がく〜(落胆した顔)。室内では集中暖房がスタートしているため、暑くて大変ですあせあせ(飛び散る汗)。はい犬

■さて、今週一発目の月曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.21%右斜め下の1,439.74でした。売買代金は月平均の30%バッド(下向き矢印)の約324億Rblで、85社が右斜め上、78社が右斜め下となっています。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ズベルバンク』・・・6万2,000Rbl / 1.31%右斜め上 / 約20億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・111.78Rbl / 0.5%右斜め上 / 約1億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,813.1Rbl / 0.4%右斜め上 / 約32億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.14Rbl / 0.35%右斜め上 / 約505万Rbl
『統一エネルギー』・・・19.86Rbl / 0.31%右斜め上 / 約40億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『スルグト』・・・34.7Rbl / 1.98%右斜め下 / 約16億Rbl
『ルコイル』・・・2,143.2Rbl / 1.64%右斜め下 / 約68億Rbl
『タトネフチ』・・・122.6Rbl / 1.64%右斜め下 / 約6億Rbl
『ガスプロム』・・・293.69Rbl / 1.18%右斜め下 / 約95億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,778Rbl / 1.16%右斜め下 / 約897万Rbl
『ロスネフチ』・・・223.79Rbl / 0.49%右斜め下 / 約2億Rbl
『アエロフロート』・・・62.5Rbl / 0.16%右斜め下 / 約2,939万Rbl
『ロステルAO』・・・133.24Rbl / 0.04%右斜め下 / 約7,224万Rbl

■月曜日は全体的にスタート時から右斜め下。その後の欧州市場⇒NY市場と右斜め下でしたがたらーっ(汗)、上げ組の株のほとんどは、モスクワ時間の18時以降に右斜め上戻しているようです。

■先週金曜日に買いの意欲が少なかったことが、今週のスタート時にも影響を与えたのか雷、また石油価格下落も、大きく影響しているようです雷。まぁ〜月曜日は、通常、動きの少ない大人しい日でもありますがっわーい(嬉しい顔)

ビルガス独占企業の『ガスプロム』株も下落していますが、これは燃料エネルギー省の大臣が発表したガスの国内料金の緩やかな値上げがぴかぴか(新しい)、急激な値上げを期待していた投資家達に失望を与えたダッシュ(走り出すさま)のではないか雷、とアナリストはみています(一般人は喜ぶべきニュースなのに猫あせあせ(飛び散る汗))。

■資源系を中心に右斜め下となった1日でしたが、銀行最大手『ズベルバンク』は先週末に今年の3四半期の決算を発表しており、その内容に投資家達が満足したのでしょうひらめき

■あるアナリストは、『金曜日から月曜日における石油市場の急激な下落を後に、状況は安定化するのでは』exclamation&question、とみているようです雷。果たして、そうなるのかexclamation&question 注目しましょう猫

■さて、今日は久しぶりにロシアのポケットベルインターネット業界に関するお話しです猫

■今年の1月6日付のブログで、2005年のロシアのネットユーザー数は2,200万人雷、とお伝えしました。今日ご紹介する記事には、今年のユーザー数が出ていますが、好調な経済を背景に、どのくらい増えているのでしょうか犬exclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 10月19日に出版社『Evropa』の読者クラブで、『ネットワークのロシア。インターネットのマップ』という本のプレゼンテーションが行われた。“マップ”には、『世論基金』が2005年の『地理的ランキング』企画として実施した多くのアンケート結果が載っている。

本 企画草案者の1人で同基金の主任専門家のエフィーム・ガリツキーは、『これらのデータは、地方も含めたロシアにおけるインターネットの利用者の増加変動を完全に掌握することが可能です』と語る。

本 またこの本では、同氏が作成した、当該地方の社会的・人口動態的な特徴に対し、その地方のネットユーザー数の割合がどう依存しているか、そのモデルを見出すことも出来る:平均収入、住民の平均年齢、高学歴を持つ人の割合、農業に携わる人の割合、そして性別など。

本 ロシアの全ての連邦構成主体に対し、同じ質問集が提供された。世界的なデータと対比させるため、質問の構成はインターネットで世界のリィーディングカンパニーの1社である『NetRaitings』社の調査から借用されている。

本 『Georeiting-2005』のアンケートの枠内で、ロシアの69主体のネットユーザーが回答した。調査は、2004年の7月と11月、2005年の3月と9月の、計4段階で行われた。調査全体では、1,954の居住区を掌握し、合計で6万9,000人が回答した。ガリーツキー氏によると、調査結果は、2000年にはネットユーザー数は全体の3.6%を超えなかったものの、2006年には6倍増の21%増となり、正確なデータでは25%(2,580万人)となったという。

本 アンケート方法により、州と共和国を対照比較することが可能となり、地方によるネットユーザーの違いがマップに反映されている。ネットユーザーの(人口比の)割合でトップ20に入った連邦構成主体は、モスクワ(44%)、ペテルブルグ(38%)、ムルマンスク州(34%)、カムチャッカ州(31%)、マガダン州(29%)、ハンティ・マンシースク行政管区(26%)、モスクワ州(26%)、カリーニングラード州(24%)、ノボシビルスク州(24%)、チーティンスク州(22%)、サハリン州(22%)、カレリア(22%)、トムスク州(21%)、イルクーツク州(21%)、カルーガ州(20%)、ロストフ州(19%)、タタールスタン共和国(19%)、ハバロフスク地方(19%)、レニングラード州(19%)、ボルゴグラード州(19%)。

■2005年は2,200万人でしたが、今年は現段階で2,580万人と約380万人増加グッド(上向き矢印)しているようです雷

■地方別にみると、やはりモスクワとペテルブルグが1・2位ですぴかぴか(新しい)。そしてその隣のモスクワ州、レニングラード州も共にトップ20入り雪雷。やはり、外資がこれらの大都市に集まるわけです。はい犬

■IT業界で有名なノボシビルスクやトムスクは共に20%台ですし、しかもエカチェリンブルグがトップ20に入っていないあせあせ(飛び散る汗)というのは驚きでしたね〜ー(長音記号1)。まぁ〜人口比ですから、ITビジネスがそんなに人員も必要としないことを考えると、妥当かもしれませんが犬

■金・石油などの資源が潤う地域、そして消費社会が構築されている地域が、やはりユーザー数が多いようです雷ので、このデータも地方への投資の参考データの1つになるのかもしれませんネわーい(嬉しい顔)

■それでは皆さん、今日は忙しいのでこの辺でexclamation また明日お会いしましょうexclamation×2

■ではでは手(パー)

満月次項有 地方への道標!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 16:33| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

■ミニ・ホテル=ビジネスホテル〜ロシア・モスクワ編

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは雨。せっかくの土曜日だというのにダッシュ(走り出すさま)、もったいないですが、雪よりはましでしょうかわーい(嬉しい顔)

■さて、金曜日のインデックスは、前日比0.84%右斜め下の1,442.83でした。売買代金は約369億Rblで、84社が右斜め上、77社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『ズベルバンク』・6万1,200Rbl/0.33%右斜め上/約11億Rbl/1.21%右斜め下
『AvtoVAZ-3』・1,798.9Rbl/0.22%右斜め上/約3,314万Rbl/1.75%右斜め上
『アエロフロート』・62.6Rbl/0.14%右斜め上/約2,812万Rbl/2.23%右斜め下

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『タトネフチ』・124.65Rbl/2.38%右斜め下/約6億Rbl/2.15%右斜め下
『スルグト』・35.4Rbl/2.16%右斜め下/約18億Rbl/1.13%右斜め下
『ロステルAO』・133.29Rbl/1.43%右斜め下/約3億Rbl/2.59%右斜め下
『ルコイル』・2,179Rbl/1.4%右斜め下/約95億Rbl/4.07%右斜め上
『ガス・ネフチ』・111.22Rbl/1.32%右斜め下/約1億Rbl/1.87%右斜め下
『ノル・ニッケル』・3,798Rbl/1.27%右斜め下/約35億Rbl/0.58%右斜め上 
『ガスプロム』・297.2Rbl/0.97%右斜め下/約127億Rbl/0.35%右斜め下
『ロスネフチ』・224.89Rbl/0.75%右斜め下/約3億Rbl/5.09%グッド(上向き矢印)
『統一エネルギー』・19.8Rbl/0.65%右斜め下/約35億Rbl/2.07%右斜め下
『モスエネルゴ』・5.12Rbl/0.51%右斜め下/約2,970万Rbl/0.78%右斜め下

■金曜日のスタート時は右斜め上。しかし欧州市場開始後に右斜め下、そしてNY市場開始後も右斜め下となっていますー(長音記号1)

■まぁ〜昨日は原油先物の1バレル=58$台への下落が影響してか雷、世界的にバッド(下向き矢印)傾向で、上げ組も資源系以外の株ダッシュ(走り出すさま)。OPECが減産をにおわすと、それを否定する情報が飛び交う雷。石油価格を上げたい人、下げたい人の間で、情報戦爆弾が繰り広げられているようです。

■先週金曜日と比較すると、先週のインデックスは1,439.57でしたので、1週間で0.23%右斜め上と僅かながらにグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)

■しかし各銘柄を見ると、1週間で右斜め上となったのは、『AvtoVAZ』、『ルコイル』、『ノリリスク・ニッケル』、『ロスネフチ』の4社のみダッシュ(走り出すさま)。その中で一番好調だったのが石油大手の『ロスネフチ』です雷。以前もお知らせしましたが、同社株は、10月初めは1株=211Rbl台だったものの、金曜日は224Rblと約7%近く上がっています雪。決して目だ立たず、ジワリジワリと右斜め上。不気味な存在です眼鏡。はい。

■さぁ〜来週はどうなるでしょうかexclamation&question 楽しみに待ちましょう目

■さて、今日は土曜日ということもあり、少しやわらかいお話しにしましょう猫

■モスクワにおけるミニ・ホテル建設のお話しをご紹介します家。ホテル不足により、宿泊料金が高騰グッド(上向き矢印)ふらふらしているモスクワですが、ミニ・ホテルが救世主となるのかexclamation&question さっそく記事へLet`s GoモバQ

本 モスクワにおけるミニ・ホテルの建設は、大きなホテルからツーリストグループを開放することを可能にする、と昨日、モスクワ市のヨシフ・オルジェニキーゼ副市長が伝えた。

本 同市長は、最近多くの大手ホテルでは、多くの部屋がオフィス賃貸や出張用に当てられていると言及する。『ツーリストオペレーターはしばしば、ツーリストグループのホテル予約を断らざるを得ません。まさに、このために、ミニ・ホテルはますますモスクワのために必要なのです』、とオルジェニキーゼ副市長は語った。

本 また同副市長は、管轄官庁用も含めたミニ・ホテルの建設は、外国人が好む価格帯のホテルを空けることを可能にするだろうと答えた。

本 オルジェニキーゼ副市長は、今年の9月〜10月に、モスクワでは2つのミニ・ホテルがオープンしたと伝えた。そのうちの1つは、『トゥレーチェム・カチェリニィーチ ェスキー横町』にあり、タタールスタン共和国の常勤代表者達の所轄官庁用である。そこには20名まで宿泊できる。

本 『このホテルの部屋は、三ツ星〜四つ星にあたり、宿泊客が効果的に面談をここで行うばかりでなく、完全に休養を取ることのできる最新のサービスを提供しています』、とオルジェニキーゼ副市長は語った。

本 その他、パクローフカ通りにもホテルがオープンした。全ての部屋はエアコン、電話、インターネット、衛星放送付きテレビ、ミニバー、快適な家具が装備されている。このパクローフカ通りのミニ・ホテルの快適性の水準は、三ツ星に該当する、と同副市長は語った。

■モスクワを訪れた方はご存知でしょうが、ホテル料金はめちゃくちゃ高いあせあせ(飛び散る汗)。しかもサービスのクオリティと比較しても、非常に高過ぎる・・・パンチ。しかし宿泊先が無いので、泣く泣くそういったホテルに泊まらざるを得ない状況にありますたらーっ(汗)

■一方、観光ビジネスが主体のペテルブルグは、このミニ・ホテルが急増していますぴかぴか(新しい)。先日の『ベンチャーフォーラム』に出席するために、私が宿泊したのもミニ・ホテル雪雷。このホテルを選択した理由は、会場に歩いていけるという便利さぴかぴか(新しい)、そしてクオリティと値段がペイしているぴかぴか(新しい)ことでしょう。

■ホテルの入り口は、『普通のアパート犬exclamation&question』と思える程度でしたが、スタンダードのシングルで1泊1万2,000円で、日本のビジネスホテルより少し豪華な作りで位置情報、朝食付き・インターネット回線有り・衛星放送有り雪。ビジネスマンには十分です決定。はい。

■ペテルブルグの場合は、ポケットベルインターネットを

■『ポンカラキンコンカン♪』(by 久しぶりの浜村淳わーい(嬉しい顔)

■、とたたくと、こういったホテルがたくさん出てきますので、苦労はしません。はい猫

■しかしモスクワの場合は、安いホテルもありますが、『貧すれどホテルですexclamation』、という見栄っ張りで、体裁のみを気にし過ぎるせいかわーい(嬉しい顔)、値段の割にはクオリティがドーンと落ちますダッシュ(走り出すさま)

■ですのでロシア通のビジネスマンは、短期出張でも、値段とクオリティがマッチしているアパートを借りることもしばしば雷雪

■こういった現状を背景に、モスクワにミニ・ホテルの建設の必要性が出てきてるんですね〜演劇(昨年から、私のロシアパートナーもこの案件に携わっているのは以前お伝えした通りです猫)。

■モスクワにやってくる地方官僚向けに、所轄官庁用にはこういったミニ・ホテルがあります家。私も以前行ったことがありますが、ソ連チックであせあせ(飛び散る汗)、インフラが弱くダッシュ(走り出すさま)、とても外国人が住める環境ではありませんでした猫あせあせ(飛び散る汗)

■ですので、今後、こういったミニ・ホテル=日本語訳・ビジネスホテルは、ブームになるかもしれませんね犬exclamation&question 

■因みに、『カチェニーチェスキー第3横町』はモスクワ東部の地下鉄タガンスカヤの近く、モスクワ川のそばにあります猫

■それでは皆さん、楽しい週末をお過ごし下さいexclamation 火曜日にお会いしましょう猫

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 ニッチを攻めよう!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 18:39| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

■ロシア地方の投資問題は何か??

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■モスクワは今日も曇りです。時間がないので、スピードアップでいきます犬新幹線

■木曜日のMICEXのインデックスは、前日比0.46%右斜め上の1,455.07でした。売買代金は約393億Rblで、96社が右斜め上、66社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ズベルバンク』・・・6万1,000Rbl / 1.18%右斜め上 / 約10億Rbl
『ルコイル』・・・2,210.01Rbl / 0.96%右斜め上 / 約109億Rbl
『ロステルAO』・・・135.23Rbl / 0.84%右斜め上 / 約1億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,847Rbl / 0.71%右斜め上 / 約39億Rbl
『ロスネフチ』・・・226.59Rbl / 0.44%右斜め上 / 約2億Rbl
『ガスプロム』・・・300.1Rbl / 0.14%右斜め上 / 約137億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『スルグト』・・・36.18Rbl / 1.04%右斜め下 / 約22億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・112.71Rbl / 0.87%右斜め下 / 約5,234万Rbl
『アエロフロート』・・・62.51Rbl / 0.6%右斜め下 / 約1,896万Rbl
『統一エネルギー』・・・19.93Rbl / 0.51%右斜め下 / 約47億Rbl
『タトネフチ』・・・127.69Rbl / 0.36%右斜め下 / 約5億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.14Rbl / 0.19%右斜め下 / 約588万Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,795Rbl / 0.07%右斜め下 / 約2,374万Rbl

■木曜日は、スタート時から右斜め上右斜め下とバラバラでした。しかし欧州市場開始後は共通して右斜め下。NY市場開始後も右斜め下でしたが、終了間際になって右斜め上に転じた株が、上げ組に入っているようです。はい犬

■スタート時のバラつきは、多くの投資家達が2つの出来事を控え、待ちの状態にあったためだろう雷とアナリストはみています。1つ目は、プーチン大統領も参加したエネルギー問題会議、そして2つ目はOPECのカタールでの臨時総会ぴかぴか(新しい)です。

■この中で、特にOPEC総会で、サウジアラビアが、現在の石油採掘量を1日100万バレル削減するというカルテルの意向を承認したこと雷が、ロシア株式市場にも影響を与えた、とアナリストはみていますメモ。はい。

■このニュースは夕方に入りましたので、ロシア市場終了間際に、日中の下げ幅を取り戻した形になってますグッド(上向き矢印)。ですので、前日比右斜め上とは言え、微々たるものでしたー(長音記号1)

■さぁ〜今週を締めくくる金曜日はどうなるでしょうかexclamation&question 結果は明日お知らせしますわーい(嬉しい顔)

■さて、今週は投資に関するニュースをお届けしています猫

■昨日はフラトコフ首相の“万歳ひらめき”発言と、グレフ経済発展貿易相の“逃げながらのジャブパンチあせあせ(飛び散る汗)”発言をお届けしました。

■今日は外国投資がロシア地方に流れるために必要なこと雷、また問題は何かexclamation&questionということに関する記事をお届けしますネ猫。では、さっそく記事にLet`s GoモバQ 

本 10月18日にロシアマネージャー協会(ARM)の海外でのロシアビジネスのイメージ促進に関する委員会会議の枠内で、外国人投資家にとってのロシア地方の投資魅力の形成に関する問題が協議された。

本 ARMの常務セルゲイ・リトフチェンコは、『問題は大きく分けることができます。地方におけるロシアの投資家の不在が、外国の投資家の、領内における現実的魅力にためらいを与えること、そして住民の購買力の低さ、起業的な積極性の不在などです』、と語った。

本 上記の原因のほかに、外国投資家のロシア地方への魅力を阻害する芳しくない要因には、資源価格に地域経済が強く依存していること、犯罪・汚職の多さ、最初の外国投資家達のロシアでのネガティブな体験、税恩典としての投資家の支援プログラムの欠如、より関心の高いビジネスの国家による独占などが挙げられた。その他、人口統計的な問題もこのリストに含まれる〜投資家達は、地方で十分な労働力を得られるのかどうかに疑問を持っているのだ。

本 同時に、委員会メンバー達は、投資家をロシアに惹きつける要因も示した。あらゆる地方における企業の進出決定の際には、経済的・地理的状態、インフラの充実度、労働力、資源、会社設立のための土地の有無、原料の有無、競合不在などに特に関心が向けられている。

本 委員会メンバーは、そのスピーチで、地方に外国投資を増やすためには、何よりもまず、ロシア全体のイメージ、そして地方ごとのイメージを向上させる必要があると明言した。

本 『ロシア地方のイメージはまず、国家全体のイメージに強く依存し、まず第1にロシア企業のイメージ、そして海外でのその上層部のイメージに依存します』〜『ミハイロフ・イ・パルトニョール.戦略的コミュニケーション運営』社のユリアン・スラシェーワ社長は強調した。また同女史は、問題が多いにもかかわらず、外国投資のロシアへの流入は常に増加しているという。2005年には約40%上昇しているという。

本 コミュニケーション・グループ『Insiders』社のアンドレイ・ラプショフ社長は、外国投資のより積極的な誘致のために、西洋のみならず、東洋にも注視することを地方に助言した。『中国・韓国・日本は、ロシアへの投資に関心を持っています。彼らは、西洋のように、厳しい投資原則が熟しているわけではありません』、と同氏は説明した。

■この委員会での協議内容は、記事に書かれている通り正しい指摘であって、別にコメントのしようもありません。はい猫あせあせ(飛び散る汗)。まぁ〜基本的にグレフ経済発展貿易相の『イメージアップグッド(上向き矢印)』戦略案と一致しますね。

■しかし実態が伴わないのに、イメージだけアップしても投資家は騙せません演劇禁煙

■ですので、これら根の深い地方の投資関係の問題解決、及び外国投資家との折衝は、単なる省庁に任せるのではなくダッシュ(走り出すさま)、基本的に大統領直轄の大統領府に委任すればどうか犬exclamation&question、と犬は考えてます。はい。政府レベルでは、どうしても内部のイザコザが絶えないですからねっダッシュ(走り出すさま)

■しかしまぁ〜『東洋にも目をむけよexclamation×2雷』という提案は嬉しいのですが、日本を中国・韓国と同一視するラプショフ社長の発言には驚きですあせあせ(飛び散る汗)。はい。

■私が知っている限り、日本人の投資家も、西洋のように(あるいはそれ以上にひらめき)厳しい投資原則を持っている位置情報のが現実なのですが、おそらくこの方は、極東の魚介類の密猟などにより、『原則を知らない』投資家として、同一視しているのかもしれませんネたらーっ(汗)(もちろん合法的にやっているビジネスマンも多いのですがぴかぴか(新しい)、中には闇の世界と繋がっているという話しもチラホラ耳にしますし・・たらーっ(汗))。

■大げさかもしれませんが、これは日本のイメージダウン。。ー(長音記号1)愛国者としては、とても悲しいことです。はいたらーっ(汗)

■しかし、ロシア政府としては、東シベリアの開発いい気分(温泉)は、日本と手を組んでやりたがってますし、日本に対してはアジア諸国の中でも一目置いている雷、ということもお忘れなく雪

■まぁ問題は山積みとは言え、ここ数年間モスクワの余剰資金が地方に流れてますので、そのうち地方も発展していくでしょう。『ローマは1日してならず眼鏡』。今後の発展を期待しましょうexclamation

■それでは、皆さん、今週もお疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

■ではでは手(パー)


晴れ次項有 内面を磨きたい!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 16:25| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

■フラトコフ首相vsグレフ大臣〜投資環境問題

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■皆さん、おはようございます猫。モスクワは今日も曇り。日没も早くなってきてますし、このように、冬は日照時間が少なくなりますのでたらーっ(汗)、最初は慣れるのが大変です。はいダッシュ(走り出すさま)

■さて、水曜日のMICEXのインデックスは、前日比1.71%右斜め上の1,448.47でした。売買代金は約492億Rblで、116社が右斜め上、58社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ロスネフチ』・・・225.59Rbl / 3.22%右斜め上 / 約8億Rbl
『ルコイル』・・・2,189Rbl / 2.58%右斜め上 / 約105億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,820Rbl / 2%右斜め上 / 約56億Rbl
『ガスプロム』・・・299.69Rbl / 1.94%右斜め上 / 約194億Rbl
『統一エネルギー』・・・20.03Rbl / 1.79%右斜め上 / 約62億Rbl
『ズベルバンク』・・・6万290Rbl / 1.67%右斜め上 / 約18億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,796.2Rbl / 1.48%右斜め上 / 約4,313万Rbl
『スルグト』・・・36.56Rbl / 1.41%右斜め上 / 約21億Rbl
『アエロフロート』・・・62.89Rbl / 1.09%右斜め上 / 約3,779万Rbl
『ガス・ネフチ』・・・113.7Rbl / 0.3%右斜め上 / 約4,557万Rbl
『ロステルAO』・・・134.1Rbl / 0.22%右斜め上 / 約1億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.16Rbl / 0.21%右斜め上 / 約1,274万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
珍しくなしッぴかぴか(新しい)exclamation

■昨日のチャートは、スタート時からグッド(上向き矢印)。その後欧州市場で右斜め上、そして好調なNY市場ではドーンとグッド(上向き矢印)となる、久しぶりの3段グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印)でした。

■米国のマクロ経済に関する情報が入り、NY市場も盛り上がり、ロシアの石油株も好調になっています雷。はい。特に『ルコイル』は、昨日今年前期の決算内容の発表や今後10年の発展戦略のプレゼンテーションを行ったことが演劇、株価にも影響したようです猫

■今日、OPECの会議が開かれますが、この結果が良ければ雷、米国の短期的な統計よりも著しい影響を与えるのではexclamation&question、とアナリストはみているようです猫

■NY市場、ロンドン市場と昨日の結果は決定 。結果を楽しみに待ちましょうわーい(嬉しい顔)

■さて、今日のニュースはロシアの投資環境に関するお話しです猫

■最近の“環境汚染キャンペーンリゾート”で、特に資源系の開発が槍玉にあがりたらーっ(汗)、諸外国のロシアへの投資イメージがダウンしています。。たらーっ(汗) しかし、この騒動の発起人(犬exclamation&question)であるロシア政府内では、この問題の捉え方が若干違っているようです猫

■今日のニュースの主人公は、フラトコフ首相と経済発展貿易省のゲルマン・グレフ大臣爆弾。どうやらこのお二人は、この問題に対する体温が違うようです雷。どう違うのかexclamation&question それでは、記事へLet`s GoモバQ

Fradkov.jpgフラトコフ首相


Gref.jpgグレフ大臣



本 月曜日の外国投資諮問評議会で、ミハイル・フラトコフ首相が、ロシア経済において外国投資がいかに急速に増加しているかを誇りをもって伝えた。首相によれば、ロシアにおける投資環境の良さがこのことを可能にしている、という。ロシア経済発展貿易省のゲルマン・グレフ大臣は、環境に対する評価につき、議論は避けたが、海外でのロシアのイメージは悪くなるばかりだと明言した。

本 首相によれば、ロシア経済への外国投資はここ9ヶ月間で270億ドル増加したという。『これは、外国投資家がロシア経済の安定化を信頼していることを物語っています』、とフラトコフ首相は語った。(中略)これらは外国投資増加にとっての良い環境が形成しているという。

本 経済発展貿易省のグレフ大臣は、ロシアのための論拠は一度も触れず、今回は、投資増加のためには、これは不十分であると述べた。同大臣によれば、投資環境の良さにもかかわらず、ロシアは投資魅力に関するランキングで52位から63位に下がっており、そのため、より一層、ロシアの投資イメージの強化に力をいれる必要があるという。

本 そのための媒体として、同大臣は我々にとっては十分に馴染みのあるもの、つまり、外国投資誘致に携わるもう1つの国家機構(庁)の創設を提唱した。

本 フラトコフ首相は、これに対し、このような庁が新たな官僚的な障害を作り、ロシアの賄賂問題を深刻化させるのでは、との不安を示した。グレフ大臣自身、数時間後のプーチン大統領との会談で、外国投資家はロシア経済への投資のための主な障害を、官僚主義的な手続き、行政的障壁、賄賂問題とみなしていると伝えつつ、これらの危険性の論拠を間接的に認めている。

本 しかしながら、新官庁の設立構想に対する専門家の対応は様々である。ロシア科学アカデミー経済研究所のドミトリー・サローキン副所長は、そのスタートを支持すると本紙に対して語った。『私に対して、ロシアではどこに出資するのが一番効果的ですか、と外国投資家がよく質問してきます。これはつまり、彼らには情報が不足していることを意味するのです』。

本 『Ernst&Young』社のパートナーであるアレクサンドル・イヴレフ氏は、『しばしばロシアの現状は、外国投資家にとって基準に達しないと見られています』と語った。また本紙記者に対し、同氏は、『ロシアでビジネスを行っている会社は、ビジネスをとても上手く成功させています』と強調しながら、海外における情報不足を言明した。

本 また我々が質問した他の専門家達は、新しい官僚機構はロシアに効果的ではないと危惧している。

■グレフ大臣は、外国投資家と直接、接する立場にありますので、どうしても、昨今の“環境汚染キャンペーン”に対し、不満ちっ(怒った顔)を持っているのでしょう雷。この発言からも十分、その無念さが感じ取れますダッシュ(走り出すさま)。はい。

■一方、フラトコフ首相は以前貿易相でしたが、グレフ大臣の経済発展貿易省創設に伴い、貿易省は吸収され、職を追い出されてしまったわけですちっ(怒った顔)。しかし現在、その立場は逆転わーい(嬉しい顔)しています。

■それゆえ『新官庁(省)設立』アレルギーどんっ(衝撃)のフラトコフ首相が、宿敵・グレフ大臣の案に賛成するわけがないっパンチ。だからグレフ大臣も素早く、『反省ッ犬』したのではないでしょうか猫あせあせ(飛び散る汗)

■まぁ〜それは冗談としても、最近の“環境キャンペーン”は、ロシアの投資イメージの逆風になっているのは事実です雪。サローキン副所長は記事の中で、フラトコフ首相の発言は金融市場の話であって、『現実の部門における直接外国投資額は、まだ全く微々たるものなのですパンチ』、と一刀両断雷しています。

■そして、ロシア下院経済・企業化・観光政策委員会のユーリー・メドベージェフ副委員長も同じく、次のような批判的な意見を寄せています:『フラトコフにより導かれた数値は、ロシア全体規模では何も意味しませんー(長音記号1)。投資家の主要な出資先は、今も、より魅力の高い資源部門であり、また小売販売にも積極的な投資が見られます。大多数の外国企業は、ロシアを資源供給国、自社製品の巨大な販売市場とみなしているのです雪』。

■何れも、納得の出来る意見ですし、今回ばかりはフラトコフ首相も論理的にはグレフ大臣に負け雷、ということになりますね〜(でも、負けないのが政治っわーい(嬉しい顔))。

■また記事は、『経済的に突出したい国は、まず第1に、ハイテクプロジェクトにおける投資が必要である雷』、と結んでいます。プーチン大統領は、さっそく昨日、教育科学省のフルセンコ大臣に対し、イノベーション開発機構の創設を委任メモ。固定資本における外国投資額全体の僅か0.3%がイノベーションという現状ではたらーっ(汗)、国も力を入れざるを得ませんよネ。

■『exclamation&question 新開発機構犬exclamation&question

■グレフ大臣案は、『官僚主義増長&汚職増加』の危険性でアウト爆弾。他省であれば、問題ないのかあせあせ(飛び散る汗)。まさか・・・、プーチン大統領も・・・猫あせあせ(飛び散る汗)

■さて、外国投資が偏ってしまう、というのは非常に危険です。ロシアの場合、資源・消費社会が投資ターゲットですが、裾野を広げないと、資本=武器爆弾ですから、国際政治的にも不利な立場に追い込まれかねませんあせあせ(飛び散る汗)。プーチンさんも、もちろん、その辺を熟知しているので、最近はハイテク技術に力を入れてきているのでしょうネ猫

■まぁ〜投資に関する情報が少ないのは、これ、日本に対しても同じですダッシュ(走り出すさま)。なので多くの日本人投資家は、ほぼマスコミ情報でしか判断できないわけで、そうなると、どうしても『ロシアってこわ〜いもうやだ〜(悲しい顔)』、と怖気づいてしまうわけで・・たらーっ(汗)

■そこで、別にロシアに投資しなくとも、ロシアの技術を外国に持っていけばいいじゃんっぴかぴか(新しい)、という逆転の発想が生まれるのですひらめき。実際、世界の投資家達は、こういった動きをみせているのは先日ご報告したとおりです。はい猫

■まぁ〜このように非常に不利な立場にいるグレフ大臣。ひょっとして、先は長くないかも・・・犬あせあせ(飛び散る汗)

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 グレないでっ!!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 15:46| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

■大富豪アブラモービッチが離婚!?〜慰謝料1兆円・・。

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは曇りです。気温は現在1度霧。昨日よりは僅かに暖かい日ですね犬

■さて、火曜日のMICEXのインデックスですが、前日比0.9%右斜め下の1,425.16でした。売買代金は約476億Rblで、84社が右斜め上、86社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ロスネフチ』・・・218.45Rbl / 2.56%右斜め上 / 約9億Rbl
『ルコイル』・・・2,137Rbl / 0.8%右斜め上 / 約102億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,770Rbl / 0.74%右斜め上 / 約3,162万Rbl
『スルグト』・・・36Rbl / 0.27%右斜め上 / 約20億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・113.4Rbl / 0.18%右斜め上 / 約8,766万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ズベルバンク』・・・5万9,350Rbl / 2.55%右斜め下 / 約21億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.7Rbl / 1.5%右斜め下 / 約52億Rbl
『アエロフロート』・・・62.21Rbl / 1.41%右斜め下 / 約1,256万Rbl
『タトネフチ』・・・125.93Rbl / 1.39%右斜め下 / 約5億Rbl
『ガスプロム』・・・294.22Rbl / 1.2%右斜め下 / 約175億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,751.1Rbl / 1.1%右斜め下 / 約63億Rbl
『ロステルAO』・・・134.05Rbl / 1.07%右斜め下 / 約2億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.15Rbl / 0.08%右斜め下 / 約1,567万Rbl

■火曜日はスタート時から大きくグッド(上向き矢印)。欧州市場開始後はそれをキープしていましたが、NY市場開始後に右斜め下に転向。結局インデックスは前日比で約1%のダウンとなってますー(長音記号1)

■やはりスタート時のグッド(上向き矢印)は、米国市場の前日の結果が良かったこと雷、そして原油が1バレル=60$台までに回復したこと雷がその理由に挙げられるでしょう犬

■NY市場開始後の右斜め下は、米国が発表した米国の9月のインフレ率が予想を遥かに上回ったことあせあせ(飛び散る汗)に起因しているようです。はい猫。また上げ組のほとんどが、『タトネフチ』を除いた石油系がく〜(落胆した顔)でした。

■さぁ水曜日はどうなるでしょうかexclamation&question

■さて、今日はビジネスとは少し違ったお話しわーい(嬉しい顔)。ロシアに興味を持っている方は既にご存知かもしれませんが、あのロシアNo.1のお金持ちで、資産額では世界で11位(フォーブス誌)のロマン・アブラモービッチ氏が離婚失恋の危機に直面たらーっ(汗)してますダッシュ(走り出すさま)

20061017204736_7-Roma.jpg

■人の私生活のお話なんてどうでもいいことではありますイベント。しかし、問題は、その財産分与の金額exclamation×2。一体、いくらくらい奥さんのイリーナさんは手に入れる権利があるのでしょかネ犬exclamation&question それでは、さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 英国紙『News of the World』が昨晩伝えたところによると、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)のロマン・アブラモービッチの妻が離婚するという。イリーナ・アブラモービッチは、離婚手続きでは有名なレイモンド・トゥート弁護士と既に3回会っているようである。

本 離婚の理由は、このロシアのオリガルヒが社交界でより多くの時間を過ごしているダリヤ・ジューコワさんとの関係にある、とマスコミは伝えた。しかしながら、ロマン・アブラモービッチ自身は、離婚についての報道を既に否定している。

本 イリーナ・マランディナとこのビジネスマンは、1991年10月18日に入籍した。彼女はロマンの2番目の妻となり、5人の子供を産んだ。英国紙によると、主な離婚の原因は、『Sintez』社の社長で石油資本家のアレクサンドル・ジューコフ氏の娘である23歳のドリア・ジューコワとの関係だという。

本 しかしながら、アブラモービッチの広報部は、『ノーバヤ・イズベスチャ』紙に対し、離婚については何も話は何もない、と伝えた。『こういった情報がどこから出たのか、私は全く分かりません』〜広報秘書のジョン・マニーは語る〜『我々は、アブラモービッチ氏の私生活についてはコメントしません。英国紙の報道は、とても早く波及しましたが、それは不確実なものです。離婚は予定されていません』。この結果、オリガルヒ自身が反論することになった。

本 しかしながら、英国のマスコミはひるむことなく、イリーナ・アブラモービッチが離婚の首唱者であるという動機をあげつつ、スキャンダルの盛り返しを続けている。一方、彼女は沈黙を守っている。また、ビジネスマンには、ただ正式に離婚するのが不利なだけだから、という他説もある。それで、彼は妻と円満に話し合うことに決めたのだろうか。

本 『損得という判断は、リッチな人々の離婚の状況下では、とても困難です』〜ドミトリー・チェレプコフ弁護士は語る〜『ビジネスマンは通常、妻との離婚では、プロセスが長引くと多くを失うことがあるため、出来るだけ早く離婚しようとします。 通常は、収入の増加と共に、妻があらゆるタイミングでより多くの慰謝料を手に入れる危険性も増えるのです。しかし正式離婚ではなく、別居するという逆の状況もあります』。

本 同時に、オリガルヒの妻は、多くの慰謝料を裁判で勝ち取ることが出来るだろう。実はロシアでは、婚前契約書を締結する慣習が出てきたのは、ほんの2年前からなのである。というわけで、おそらくロマンの妻は契約書を締結していないだろう。これを基に、英国のジャーナリスト達は、イリーナ・アブラモービッチは、自分の旦那から半分を、つまり約55億ポンドを勝ち取ることが出来るだろうと結んでいる。しかしこれは、2重国籍を持つ妻が、ロシアの法律で裁判を行うと決めた場合に限ってだが。

本 『ロシアでは、妻との間で平等に資産を分割しますが、この際には、子供や他の利益が考慮されます』〜ウラジスラフ・ミローノフ弁護士は語る〜『英国の裁判システムには、平等に分割するという原則はありません。通常、妻と子供達の生活費の割合で分割されます。どのような割合で、総額がいくらかは、各状況により異なります。英国の法律は10年前には妻の側でしたが、その後変更され、権利と資産は均等化されたのです。今日、英国では離婚手続きの際に、旦那は理論的には資産の3分の1まで失うことが有得るでしょう』。

本 一方、ロマン・アブラモービッチには失うものがある。現在同氏は英国で優秀なサッカーチームの1つである『チェルシー』や、総額約1億7,000万ドルの世界で最も大きいヨットのうちの1台、ロンドンにある2,700万ドルの豪邸、飛行機『ボーイング767』を保有している。

本 また少し前に、このオリガルヒは、鋼鉄会社『Evraza』の株式40%を購入したが、同社は近い将来に、他の鉄鋼会社との合併により巨大な財閥となる予定である。このビジネスマンの資産は約182億ドル。『フォーブス』誌の毎年の最も裕福な人々ランキングで、アブラモービッチ氏は11位を占め、ロシアで最も裕福なビジネスマンでもある。

■奥さんのイリーナさんがロシアの裁判所で離婚訴訟を起こし、勝利すれば雷、という条件で、何と現時点で91億ドル(!)を手に入れるがく〜(落胆した顔)。 円に換算すると、1兆808億円ふくろぴかぴか(新しい)。気の遠くなるような金額ですネダッシュ(走り出すさま)

■これはもちろん、アブラモービッチ氏にとっては不名誉な話しですがあせあせ(飛び散る汗)、世界でNo.1の慰謝料です位置情報。高額な慰謝料という視点で世界をみると、今年の8月に英国の保険会社『Axis』のオーナー、ジョン・チャーマンが4,800万ポンド(約107億円がく〜(落胆した顔))を妻に支払っているとか(そのうち800万ポンドは有価証券だそうです)。

■また記事によると、ロシアで有名な慰謝料は、歌手のジャスミンが今年の8月に離婚訴訟で、旦那のビーチェスラフ・セメンドゥーエフ氏から、現金で160万ドル雷、そして自分や子供のビルアパートの購入費用、自動車車(セダン)『Lexus-LC430』や『Lexus-330』の購入費用として、210万ドルを勝ち取っているとか演劇

■このように億単位の慰謝料は結構あるようですがあせあせ(飛び散る汗)、アブラモービッチの奥さんのケースは、いずれにしても破格中の破格ですね〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)(どこかの国家予算よりも多いっ目)。

■まぁ〜アブラモービッチにしては、こういうゴシップネタは迷惑な話ですふらふら(お金を持ちすぎると悩みも増えるんですねー(長音記号1))。

■問題は、なぜこの時期に、こういう報道が英国から発信されるのかexclamation&questionというところにあります。はい犬

■リーク先は、英国に亡命した元政商ベレゾフスキーexclamation&question あるいは排他的な英国の特権階級exclamation&question、彼の資産を狙うロシア政府exclamation&question などなど色々な憶測できます。そういう視点で考えていくと、何がが見えてきそうなニュースです。はい猫

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 離婚ビジネス!?あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 17:31| モスクワ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

■第2回ロシアベンチャーフォーラム、参加してきましたっ!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日のモスクワは晴れ。しか〜しあせあせ(飛び散る汗)、放射冷却減少か、現在の気温は0度がく〜(落胆した顔) もう冬ですなぁ〜ダッシュ(走り出すさま)

■さて、月曜日のMICEXは、前日比0.1%右斜め下の1,438.13でした。売買代金は月平均並みの約355億Rblで、84社が右斜め上、80社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ルコイル』・・・2,120Rbl / 1.25%右斜め上 / 約95億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,793.01Rbl / 0.45%右斜め上 / 約45億Rbl
『タトネフチ』・・・127.7Rbl / 0.29%右斜め上 / 約6億Rbl
『スルグト』・・・35.9Rbl / 0.28%右斜め上 / 約17億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ズベルバンク』・・・6万900Rbl / 1.68%右斜め下 / 約12億Rbl
『アエロフロート』・・・63.1Rbl / 1.41%右斜め下 / 約3,301万Rbl
『統一エネルギー』・・・20Rbl / 1.05%右斜め下 / 約40億Rbl
『ロステルAO』・・・135.5Rbl / 0.91%右斜め下 / 約1億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,757Rbl / 0.62%右斜め下 / 約3,425万Rbl
『ロスネフチ』・・・213Rbl / 0.47%右斜め下 / 約9,932万Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.16Rbl / 0.17%右斜め下 / 約1,420万Rbl
『ガスプロム』・・・297.78Rbl / 0.16%右斜め下 / 約111億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・113.2Rbl / 0.09%右斜め下 / 約7,327万Rbl

■月曜日のスタート時は軒並みグ〜ンとグッド(上向き矢印)。しかし欧州市場開始後に第1弾の右斜め下。そしてNY市場開始後の16時以降に第2弾目の右斜め下。しかし、ロシア市場の終了前から盛り返し、結局はインデックスも前日比0.1%の僅かなダウンに収まっていますぴかぴか(新しい)

■スタートダッシュは、やはり先週末の石油価格の安定でしょう雷。しかし午後になってからまたも石油価格が下落すると、それに重なり急落してはいますが、結果は戻してますわーい(嬉しい顔)

■石油価格が再び下落したにもかかわらず、石油株にさほど影響が出なかったことに対し、アナリストは、『中期的展望における市場全体からの(石油)部門の重大な離脱と説明できるだろう雷』、とコメントしています。つまり、投資家の中期展望に、最近荒れ狂う石油株は入っていないexclamation、ということでしょう猫

■先週自社株の最高値を更新した『ズベルバンク』は、売りが続いておりたらーっ(汗)、アナリストもまだこの傾向は続くとみています雷

■月曜日の結果を見ると、足並みが揃っていないという特徴があります雪が、これは『投機筋の活動が静まっていること雷』が原因だろうとアナリストはみています。まぁ、それはともかく、週の初めにしては売買代金も平均なみで、動きの多かった1日と言えるでしょう。はい猫

■さて、先週はぺテルブルグに出張に出かけており、『金曜日に更新しますexclamation』と言いつつもお約束通りにアップできずにいました猫あせあせ(飛び散る汗)

■その出張については、次号でお知らせしますexclamation、と書いてしまったので、ご報告させてください猫

■実は、私は10日〜11日にかけて行われた『ロシアベンチャーキャピタル協会』(RVCA)主催の『第2回ロシアベンチャーフォーラム』に出席してきましたぴかぴか(新しい)。ロシア、欧米のベンチャーカンパニー・投資家・ロシアのテクノロジー中小企業など、マスコミを含め総勢600名が参加した雷このベンチャーフォーラムには、政界からはロシア経済発展貿易省のシャーロフ次官、大統領府長官のパポーワ補佐官、教育科学省リワノフ次官、ロシア特別経済区域運営局のリーチェフ副局長、ペテルブルグのオセーエフスキー副知事などが参加ぴかぴか(新しい)

■外国からは米国のベンチャー界の第1人者の1人Harry Fitzgibbons氏(現『TheRussianTechnology Fund』会長雷)や、日本の省庁や宇宙開発機構でもお馴染みの国際コンサルタントJoerg Kreiser氏など多数が参加しています飛行機

■、というわけで、今日はまず、このベンチャーフォーラムに関する記事をご紹介しましょう猫。それでは記事にLet`s GoモバQ 

本 昨晩、サンクト・ペテルブルグで『第2回全ロシアベンチャーフォーラム』が開催された。同フォーラムにはイノベーションカンパニー105社、120社以上の投資・ベンチャーカンパニー、そしてコンサルティング会社約350社が参加した。

本 ペテルブルグのベンチャーフォーラムには、潜在的投資家を魅了することの出来るもののみが持ち込まれた:コンピューター医療産業向けのイノベーションプロジェクト、エコロジー製品、ナノテクノロジー用設備など。しかし“ベンチャー見本市”の参加者の興味をそそったのは、何よりも、以前から皆に知られるロシアの技術だった。

本 ハイテクの展示品は運がなかった。ほとんど全てのフォーラム・見本市の参加者達が、彼らの技術は世界に例が無いか、実際に海外の競合の製品とは大きくかけ離れていることを認めた。しかし、投資家達はすぐには資金を投入しない。『ここに展示されている製品の80%には、世界中で有名な代用品があるため、投資家からそれら製品への経済的効果を受ける確率は低いように思います』〜と新聞記者の質問にある投資家が答えた。

本 『多くのプロジェクトに、海外競合がパブリックに公表している特性のみと比較しても、明確に表現されているメリットがない、あるいは極めて少ない向上性しかありません』〜匿名を希望する投資家はこう答えた。

本 しかしながら、プロジェクト選択において、投資家をサポートするのは、『ロシア・ベンチャー・カンパニー』(RVC)である。同社は、最も利益の高い科学・応用技術プロジェクトのための投資ファンドの役割を果たす。その資本金は150億ルーブル。この際、国は意識的にベンチャー基金におけるシェアを低くしている。

本 『RVC』の資本金の49%は経営陣(国)、1%は同社のマネージャー、残りの50%が投資家である。『ベンチャーファンドにおける国の積極的な役割は、まったく想定されていません』、とシャローノフ次官は語った。しかしながら、民間資本に事実上『RVC』のコントロール・パッケージ(議決株)が与えられるにもかかわらず、多くのコンファレンス参加者達は、このような国の政策は、出資投資家に対する罰則と名付けた。実際、国は、このようにして彼らに失敗の可能性のリスクを転換しているのだ。

本 『ロシア・ベンチャーフォーラム』と見本市に参加したのは、『欧州復興開発銀行』(EBRD)、『国際ファイナンシャルコーポレーション』(IFC)、『Baring VostokCapitalPartners』、『Delta Capital』、『Eagle Venture Partners』、『NORUM』、『Quadriga Capital』、『the Russian Technology Fund』、『システマ』、『Troika Dialog』、『KITFinans』、『PriceWaterhouseCoopers』など。

■2日間に渡って開催されたこのフォーラムでは、世界のベンチャー・投資界の現役バリバリの方々雷や国政に携わるロシア政府の方々雷のセミナーが行われる一方で、約70社が会場に設置された展示場で、自社製品を出品していました決定

■投資を募る医療技術や、バイオ、ナノテク、IT、バイオメトリクスなどに携わる色んなロシアのテクノロジーカンパニーが終結しており、展示会場を見回るだけでも楽しかったです。はい犬

■わざわざウラジオストックから参加した会社は、日本企業と提携しているということで私に対し自社製品(健康食品)を凄くアピールしてくれましたぴかぴか(新しい)。原料は、ソルジェニーツィンの『ガン病棟』に出てくる“チャガ”(カバアナタケ)で、このキノコは癌に効くと言われてます演劇。はい。

■また、バイオメトリクス(体の特徴を利用した認証システム)では、オーラを測定するソフトがあり、はまりましたね〜わーい(嬉しい顔)。私も実験台になりましたが、特殊なアルゴリズムを使用して、アグレッシブ・ストレス・緊張度を計測してくれる面白いコンテンツでしたぴかぴか(新しい)

■さて、初日の夕刻からはパーティーが開催されまして、色んな方とお近づきになれました。はいひらめき。中でも、大手ロシアベンチャーキャピタル会社の副社長さん、世界No.1の某ソフト会社のロシア&CIS代表などは、『ええっがく〜(落胆した顔)exclamation&question』と思えるくらい、若い方々でしたあせあせ(飛び散る汗)

■また、『ぐう〜ぜ〜ん』(なつかしいわーい(嬉しい顔))パーティーで私の隣に座ったロシア経済発展貿易省の官僚の方も、若いぴかぴか(新しい)。この方はセミナーでRVC担当の講師をしていた人で、その実に鋭い受け答えに舌を巻くくらい有能な方です。はい決定

■それもそのはず、この方は米国スタンフォード大学を卒業しており、経済誌『Expert』の評論家でもあり、ベンチャー関連の本も執筆しており、先日記事で紹介しましたベンチャーキャピタリストを教育するために新たに開講された『モスクワ大学経済学部の特別コース』の創設者雷でもあるのです。はい。

■著書にサインを頂いたのですが、そのサインの横に絵文字で(^^)マークあせあせ(飛び散る汗)。私が今まで知り合った年配の官僚の方々とは全く違う・・・猫あせあせ(飛び散る汗)。時代は変わっているんですね〜ひらめき

■こういった若い方々が、ビジネスマン・官僚として日々仕事に精を出しておりパンチ、しかも米国、英国、ドイツ、フィンランド、イスラエルなどと、活発なテクノロジー・ベンチャーを行い、相互協力しているのです手(グー)

■最近悪化する米ロ関係ですが、政治とは離れたところで、米国に移住したロシア系ユダヤ人などが架け橋となり雷、活発なビジネス交流が行われています。私が知り合った社長さんはまさにその典型でしたぴかぴか(新しい)

■まぁ〜米国に限らず、欧米の投資関係者とも知り合うことができ、正直、刺激を受けたフォーラムでした。はい猫

■ただし、日本人は私1人ダッシュ(走り出すさま)といったところが寂しい・・・(まぁ〜逆にその分かなり目立ったため幅広く交流できましたがっわーい(嬉しい顔))。ホント、日本は大きく他国に遅れをとっているなぁ〜、と再認識しましたね〜むかっ(怒り)(これで中国資本勢力がこの分野に進出すれば、もう完全アウトですネたらーっ(汗)

■しかし、そう嘆いてばかりはいられないっ爆弾exclamation

■、ということで、現在、日本の同志と共に『ロシアのテクノロジーを日本に!』をコンセプトに、日ロ間で着々と準備活動を進めています。

■近々、本格的活動を開始しますが、その際には、皆さんにご紹介いたしますねわーい(嬉しい顔)。このコンセプトに興味をお持ちの投資家・テクノロジー関連の方は、左上のメールにコンタクトください位置情報

■ではでは手(パー)


晴れ次項有 新時代到来!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 17:31| モスクワ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

■ロシアのテレコム業界の昨年の傾向

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■皆さん、お久しぶりですぴかぴか(新しい)

■アップが予定より遅れてしまい、申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)。出張後に仕事が溜まっており、休日を返上しての仕事でたらーっ(汗) ブログが後回しになってしまいまして・・・ダッシュ(走り出すさま)(この出張については、次号でお話しますネ猫)。

■さて、モスクワはすっかり冷え込み霧、最低気温はついに氷点下となりましたがく〜(落胆した顔)。在モスクワの皆さん、体調に気をつけましょうexclamation×2

■さあ、まずは金曜日のMICEXの結果からお届けしましょうわーい(嬉しい顔)。インデックスは、前日比1.9%右斜め上の1,439.57でした。売買代金は月平均の20%グッド(上向き矢印)の約507億Rblで、118社が右斜め上、52社が右斜め下となってます。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『アエロフロート』・64Rbl/5.7%グッド(上向き矢印)/約5,558万Rbl/5.44%グッド(上向き矢印)
『ルコイル』・2,093.8Rbl/3.35%右斜め上/約96億Rbl/4.69%右斜め上 
『ガスプロム』・298.25Rbl/2.63%右斜め上/約217億Rbl/1.74%右斜め下 
『ノル・ニッケル』・3,776Rbl/2.41%右斜め上/約55億Rbl/10.4%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)
『スルグト』・35.8Rbl/2.3%右斜め上/約14.5億Rbl/4.13%右斜め上
『タトネフチ』・127.33Rbl/2.23%右斜め上/約5.5億Rbl/9.2%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔)
『ロスネフチ』・214Rbl/0.98%右斜め上/約8,685万Rbl/0.38%右斜め上
『ロステルAO』・136.74Rbl/0.97%右斜め上/約4億Rbl/1.06%右斜め下
『ガス・ネフチ』・113.3Rbl/0.59%右斜め上/約1億Rbl/2.86%右斜め上
『統一エネルギー』・20.21Rbl/0.57%右斜め上/約67億Rbl/4.77%右斜め上 
『ズベルバンク』・6万1,940Rbl/0.31%右斜め上/約10億Rbl/4.59%右斜め上
『モスエネルゴ』・5.16Rbl/0.1%右斜め上/約3,050万Rbl/3.88%右斜め下

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『AvtoVAZ-3』・1,768Rbl/0.37%右斜め下/約2,205万Rbl/ N/Aー(長音記号1) 

■スタート時からグッド(上向き矢印)、欧州市場開始後も好調を維持ぴかぴか(新しい)、そしてNY市場開始後はスピードダウンしたものの右斜め上で、好調な1日でしたぴかぴか(新しい)。前日の木曜日が右斜め下ということもあり、その反動で右斜め上に転じたようですネ。

■その理由について、アナリストは、やはり米国に冬が近づき、石油備蓄量が160万バーレル減少したということ雷、そして好調な米国の金融市場から経済発展国に資金が還流し、ロシア市場にも好影響を与えたのでは雷、とみています猫

■インデックスは1週間で1,374.86から1,439.57と4.7%右斜め上がく〜(落胆した顔)。石油価格がやや安定したことにより、資源系の株は1週間で大きく上がっているようです犬。はい。

■いずれにせよ、石油価格がどう変わるかで、今後も揺れる可能性があるため雷、アナリスト達は、『絶えず石油価格をチェックすることメモ』を推奨しています。さて、今週はどうなるでしょうかexclamation&question 楽しみですねひらめき

■さて、今日は通信業界のお話ですビル

■『ロスビジネスコンサルティング』社が実施したこの業界の昨年の傾向に関する調査結果をお届けしましょう。この業界ではどのような傾向がみられたのでしょうかexclamation&question それではさっそく記事へLet`s GoモバQ

本 テレコミュニケーション市場における合併・吸収の積極性は、非常に高いまま維持されている。ロシアの2005年のテレコミュニケーション市場の総取引額は、32億ドルを超過した。

本 これら多くの取引は、大手企業のビジネス拡張や、大手企業の地方市場進出の狙いに関連している。携帯電話会社のライセンス活動政策では、ライセンスを与えるゾーンごとにおけるオペレーター数の制限が規定されている。

本 従って、拡張する会社にとっては当該ゾーンにおいてライセンスを持つ小さな地域会社の購入が唯一の進出方法なのである。まさにこのように、『MTS』や『VimpelCom』は活動している。通信のみに集中しているオペレーターにとって、地方のオペレーターの買収は、何よりもまず、テレコミュニケーションのネットワークや現存の加盟者のデータベース利用の可能性に結び付けられる。

本 2003年1月から2006年8月の間で、テレコミュニケーション業界では160以上の取引が行われた。全取引額は、92億ドルと見積もられる。実際、全てのこれらの取引は、“水平な特徴”があった。

本 テレコミュニケーション市場の大きな買収の中では、2005年は『Altimo』(AlfaGroup)のトルコのオペレーター『Turkcell』の株式13%の新規購入による同社内のシェア26%までの増資が挙げられる。

本 2005年の大きな取引は、『VimpelCom』社による携帯オペレーター『Ukrainskie radiosistemi』(『URS』で、『WellCOM』のネットワーク)の2億3,130万ドルでの購入だったが、取引は『VimpelCom』の株主の1社である『Telener』社に反対された。『First National Holding 』社と『 Emergent Telecom Ventures』社は、(株)『PeterStar』の71%の株式を2億1,500万ドルで購入している。

■僅か3年半で160以上もの合併・吸収がく〜(落胆した顔)exclamation×2 まさに合併・吸収ブームですネ演劇

■携帯電話大手の『MTS』や『VimpelCom』(『Beeline』)は、モスクワ⇒地方へ拡張中パンチですが、これも利用者のニーズに応えるための地方の中小企業の合併・吸収。自然の流れでしょうリゾート(この独占化に政府がどう対処していくか、が今後見物でしょうがっ目)。

■ロシア地方のテレコム系の中小企業は、社員数は10〜50名程度で家、インターネット高速回線牡牛座をベースに、ケーブルTV、ADSL、ワイヤレス回線、IP-TV、IPカードなども提供しています雷

■しかし地方でNo.1になれど、これらの規模の会社で売り上げは年間100万ドル程度(もちろん、人口により差がありますが)ダッシュ(走り出すさま)。更なる拡張やその地位を維持するには資金有料有料が必要なのです。そこで現在、これらの多くの中小企業は、銀行融資を受けたり、国内外の投資家を探しているのです。はい犬

■しかし概して、技術畑を歩んできた社長さんは、投資を受けることに躊躇します雪。もちろん、会社の経営権を握られないため雷です。そのため、投資を募る際の提出書類も不備が多いあせあせ(飛び散る汗)。結局こうして『投資をお願いします演劇!』、と言いつつも、情報の出し惜しみをするためたらーっ(汗)、特に海外の投資家は手を引いてしまう手(パー)、という悪循環に陥ってしまうんです。はいー(長音記号1)

■一方、彼らの本音としては、『投資家は、書類さえ揃っている会社であれば、結局どの会社でもいいわけでしょちっ(怒った顔)』、という話しをよく耳にします。『本当にうちの技術が欲しければ、書類は二の次のはずですちっ(怒った顔)』、とも猫あせあせ(飛び散る汗)

■まぁ〜そう言われてみれば、確かにそうなんですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)。投資家側にとって大事なのはマーケット雷なので、そんなこと言われてもネ・・・ダッシュ(走り出すさま)。まぁ〜ということで、ロシアのテクノロジー会社は、欧米の同種の会社と業務提携するパターンが多いようです。はい犬

■話しがそれましたがあせあせ(飛び散る汗)、今日は国内大手の地方中小企業の吸収・合併のお話しでしたネわーい(嬉しい顔)。地方の中小の方々は、モスクワの大手と繋がることで安心するという心理も働きますし雷、同じロシア人同士合い通じるものがありますので雷、この業界では資金が有り余るビル大手企業による地方進出、これからもこのペースは維持されていくでしょう雪

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 急がば回れ!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 15:55| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

■ロシア企業の海外進出のポイント/お知らせ

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今朝のモスクワは曇り。連日の曇り空ですダッシュ(走り出すさま)。いよいよ秋も終わりに近づいていますむかっ(怒り)。これで気温が下がれば、今年初めての雪となり、なが〜い冬に突入するのでしょうネ犬

■さて、まずは休刊のお知らせです。今週は火曜日から木曜日まで出張することになりましたので、次のアップは金曜日となります。申し訳ありませんが、ご了承下さいひらめき

■さて先週金曜日のMICEXは、前日比0.74%右斜め下の1,374.86でした。売買代金は約380億Rblで、69社が右斜め上 88社が右斜め下となっています。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『モスエネルゴ』・5.36Rbl/1.51%右斜め上 /約2,204万Rbl/4.69%右斜め上 
『ロステルAO』・138.19Rbl/1.09%右斜め上 /約4億Rbl/3.13%右斜め上
『ロスネフチ』・213.19Rbl/0.32%右斜め上 /約1億Rbl/0.57%右斜め上

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『統一エネルギー』・19.29Rbl/2.2%右斜め下 /約66億Rbl/2.07%右斜め下
『スルグト』・34.38Rbl/1.43%右斜め下 /約14億Rbl/2.09%右斜め下 
『ガス・ネフチ』・110.15Rbl/1.21%右斜め下 /約7,024万Rbl/4.41%右斜め上
『ズベルバンク』・5万9,222Rbl/0.98%右斜め下 /約15億Rbl/2.11%右斜め下
『ガスプロム』・293.14Rbl/0.86%右斜め下 /約137億Rbl/1.78%右斜め上 
『アエロフロート』・60.7Rbl/0.8%右斜め下 /約1,372万Rbl/1.5%右斜め下
『ノル・ニッケル』・3,420Rbl/0.78%右斜め下 /約62億Rbl/0.35%右斜め上 
『タトネフチ』・116.6Rbl/0.26%右斜め下 /約3億Rbl/2.73%右斜め上
『ルコイル』・2,000Rbl/0.09%右斜め下 /約62億Rbl/1.4%右斜め下

■スタート前の海外の状況は良かったものの、やはり、“反動の法則”が働いたようですひらめき。大方の株が、スタート時は右斜め下で、欧州市場開始後は右斜め上 右斜め下に揺れ、NY市場開始後から右斜め下となりましたたらーっ(汗)

■先日発表された元気のない米国の雇用統計がロシア市場にも影響を与えたのでは雷、とアナリストは分析しています。また、最近の様々な米国経済に関するデータを、アナリストは、『米国の投資家達は、今年末までのFRBの金利値上げの可能性に対する疑念との最終的な決別、そして経済の冷え込みへのシグナルとして評価したのではexclamation&question雷』、とも観ています。はい犬

■金曜日に四半期決算を発表した『ノリリスク・ニッケル』は右斜め下。詳細は知りませんが、決算の内容が悪かったんですかね〜あせあせ(飛び散る汗)

■さて、先週金曜日と比較すると、インデックスは1,367.24から1,374.86の0.56%右斜め上と僅かながら上昇しています。はい。各銘柄をみると、いつものように『資源系は右斜め上or右斜め下』という流れではなく、全体的にバラついているようですネ雪

■2週連続で一応好調と言えるでしょうが、やはり石油価格に依存しています犬。OPECが何度“減産メッセージパンチ”をマスコミに流しても効果無し・・・たらーっ(汗)。最近のロシアの奇妙な行動(犬exclamation&question)も、この流れに起因しているんでしょう雷。まぁ〜現状では、アナリストの言う通り、ロシア市場は短期保有か、デイトレで勝負した方が良さそうですネ犬

■さて、今日はロシア企業の海外進出に関するお話しです猫

■といっても具体的にどの会社が進出exclamation、というネタではなくわーい(嬉しい顔)、スウェーデンのストックフォルム経済高等学校のカール・フェイ教授が4日に行われた『ロシアの戦略の検証』で発表した『ロシア企業にとっての世界水準への到達戦略』調査の内容をお届けします演劇

■さぁ、バイキングの末裔水瓶座は何を語っているのでしょうかexclamation&question それではさっそく、記事へLet`s GOモバQ

本 ストックフォルムの教授は、ロシア企業が世界市場へ進出するためには、国家の支援のみではなく、独自の拡張政策、海外のパートナーとの関係、そして世界市場における位置づけを変更しなければならない、とみている。

本 この調査では、ロシア、中国、インド経済の比較分析が行われたが、その目的は、これらの国々の、世界市場への進出の際の類似性を確定するためのもので、ロシアが急速に発展する国の経験をいかに活かす事が出来るか、ということにある。

本 フェイ教授は、これら3国の経済的に強い側面は、概して、広大で急速に成長する国内市場、安い、熟練した労働力の多さにメリットがあり、また世界市場へ企業が進出する際の障壁の低さにあると言明した。

本 (中略)同教授は、ロシア企業の世界市場への進出を刺激する間接的な対策としてインフラ開発、ビジネス教育、ロシア自体の世界的なイメージ向上を挙げた。

本 より快適な投資環境の開発に対して、同教授は、投資の際に企業が投資リスクを減少できる投資の複雑さに関する特別な情報システムのオーガナイズ、そして中小企業への支援、例えば、諸外国でのディストリビューターセンターの創設などが重要とみている。

本 その他、投資活動における許可発行のプロセスは、中国の経験を活かすことも可能だという。また、機能的な特別経済区域創設の際に、フェイ教授は中国の経験を活かす必要性を述べている。

本 世界市場に進出しようとする企業の活動としては、自社の世界でのオペレーションの量をいち早く20%でも増加させることが重要である、と教授は言明した。

本 世界市場へ上手く進出する戦略は、当初は余り魅力的でない部門に進出することで必要な経験を積み、自社の存在を示し、必ずそれ以降に市場の他の部門に進出すべきであると教授は語る。

本 そして、進出先の経験豊富なマネージャーを雇用することも有効であるという。そして幹部達は、会社のある国を定期的に訪問することが大事であるとも付け加えた。

本 その他、ロシア企業にとって大事なのは、世界のリーディングカンパニーの価格と製品の品質水準に従うことであるという。フェイ教授は、企業は海外の競合他社を参考にすべきだが、その活動をコピーしてはいけない、と強調した。

■海外に進出するロシア企業は、基本的には資源系や通信系の大手のみでしたが、最近は中小企業でも、徐々に海外に拠点を築きはじめているようです雷

■ロシア政府の方針は、外国企業の国内への誘致により国内市場を活性化すること位置情報、ですので、ロシア企業の海外への“流出”は歓迎されないんですね。。あせあせ(飛び散る汗) フェイ教授が語る『国家の支援』というのは、“歓迎”するように障壁を低くしてくださいぴかぴか(新しい)(=税務署のロシア本社への審査を“やさしくする”わーい(嬉しい顔))、ということでしょう。

■まぁフェイ教授の発言内容に、これと言って斬新なポイントは見当たりませんが、『中国の経験を活かす』は重要ですよネ雷。外交上は中国とロシアは仲が良いように見えますが、心の中では、ロシア人は嫌っていますあせあせ(飛び散る汗)(特に政府の上の人々眼鏡)。

■しかし中国が一番身近なロシアのモデルである、ということは認めざるを得ないので、昨年あたりから『特別経済区域』と銘打って、地方の活性化を図ってきてます。はい猫

■ところで、ビジネス教育の必要性にも、フェイ教授は触れていますが、確かに一般的に、という意味では、まだまだこれから必要な部分なのでしょうが、先日お伝えしましたロシア関係のVCの第1人者尾久氏ぴかぴか(新しい)によると、RVCA(ロシアベンチャーキャピタル協会)のドミートリエフ会長は、スタンフォード大⇒ハーバード・ビジネス・スクールを位置情報トップクラスで卒業後、米国のゴールドマン・サックス、マッキンゼーに勤めるという華々しい経歴を持っているそうですぴかぴか(新しい)

■そして役所でも、テクノロジーやベンチャーを担当している人々はMBAを取得していたりがく〜(落胆した顔)、海外大手企業から中途で採用がく〜(落胆した顔)されているとか。

■ロシアのビジネスエリートは、日本でも十分エリート(あるいは、それ以上犬?)で通用する雷雪、ということをVC最前線で戦う尾久氏に教えて頂きました(情報、ありがとうございますぴかぴか(新しい))。

■『ロシア人を教育して・・』、という発想は、既に過去のものとなりつつあるようですネー(長音記号1)(もちろん、工場労働者等は別ですがっあせあせ(飛び散る汗))。

■まさに、『Time they are a changing ♪』(カラオケ by ボブ・ディラン)

■皆さんも、ロシアについて古い観念や情報に捉われることなく雪、日々引き出しの中身をアップグレード雷していきましょう(このブログもそのためのお役に立てればと願ってます。はい猫)。

■それでは、皆さん、ウイークデーを楽しく過ごしてくださいexclamation また金曜日にお会いしましょう猫

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 時代は変わる!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 15:54| モスクワ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

■官僚2,500人を捜査対象〜FSB長官が語る汚職問題!!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今朝のモスクワは曇り。またも雨が降る気配です。はい犬

■さて、木曜日のMICEXですが、インデックスは前日比3.5%右斜め上の1,385.13でしたぴかぴか(新しい)。売買代金は月平均の30%グッド(上向き矢印)の約541億Rblで、127社が右斜め上、49社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ノル・ニッケル』・・・3,443.61Rbl / 5.37%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔) / 約57億Rbl
『スルグト』・・・34.89Rbl / 5.11%グッド(上向き矢印) / 約20億Rbl
『ルコイル』・・・2,000.2Rbl / 4.5%右斜め上 / 約102億Rbl
『ズベルバンク』・・・5万9,814.2Rbl / 4.01%右斜め上 / 約27億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.28Rbl / 3.48%右斜め上 / 約6,347万Rbl
『タトネフチ』・・・116.7Rbl / 3.46%右斜め上 / 約6億Rbl
『ガスプロム』・・・295.75Rbl / 3.34%右斜め上 / 約219億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・111.68Rbl / 2.21%右斜め上 / 約3億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,803Rbl / 1.86%右斜め上 / 約1,230万Rbl
『ロスネフチ』・・・212.5Rbl / 1.49%右斜め上 / 約1.5億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.71Rbl / 0.77%右斜め上 / 約73億Rbl
『ロステルAO』・・・136.71Rbl / 0.3%右斜め上 / 約2億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『アエロフロート』・・・60.95Rbl / 0.08%右斜め下 / 約1,522万Rbl

■売買代金が月平均の30%グッド(上向き矢印)で、ほとんど買いで盛り上がった1日でしたぴかぴか(新しい)。チャートを見ると、ほとんどの主要銘柄がスタート時からドーンとグッド(上向き矢印)。欧州市場⇒NY市場開始後は若干の右斜め上となり、インデックスは前日比3.5%右斜め上となっています犬

■OPECの減産情報で、原油先物市場が1バレル=60ドル台に上がったことが、やはり大きな要因でしょうね雷

■NY市場も続伸中で、ダウ、ナスダック、S&Pも好調雷。ロンドンの株価指数(FTSE)は、ついに6,000台へ雷。ということで、ロシア株式市場は、前日の反動の法則が働かなければわーい(嬉しい顔)、今日も右斜め上スタートが予想されます演劇

■さて以前、汚職プレゼントに関するクドリン財務相の綺麗な言葉で飾られたアイデアキスマークをお伝えしました。評論家や専門家などから、散々悪評をくらったクドリン大臣案はあせあせ(飛び散る汗)、『プレゼントの価格を設定するわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)』、というものでしたネ(詳しくはこのブログの9月21日付を参照下さい猫。右側の検索・『汚職撲滅』で出てきますヨ)。

■今日お伝えするのは、財務大臣ではなく、取り締まりの大本雷、連邦保安局のトップ眼鏡、パトルーシェフ長官が新聞で語ったお話しです猫

■さぁ〜本家本元の長官は汚職について何を語っているのでしょうか犬exclamation&question さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 ロシア連邦保安局(FSB)が、様々な等級のロシア官僚2,500人以上に対し汚職関与の調査を実施する。FSB長官のニコライ・パトルーシェフが、今日(4日)発売された日刊紙『アルグメンティ・イ・ファクティ』のインタビューでこう伝えた。

本 FSB自体は、同局未解決の刑事犯罪捜査に関連した汚職犯罪についてのみ、捜査するかもしれない、と同長官は説明した。

本 『同時に、保安機構は、汚職事実の暴露や抑止に関する捜査を実施する権利があるのみならず、実施しないといけません』、とパトルーシェフ長官は強調する〜『我々が集めた証拠が、刑事告発にとって十分となってから、全ての資料は、以後の調査を実施する検察に渡されます。これが法規です』。

本 同長官によると、『ここ最近で、保安機構により連邦政府機構や官庁の多くの政府高官の犯罪活動が抑止されました』、『保安機構の資料によれば、汚職に関連して、警察機構は2005年、960件の刑事告発を行っており、現在、様々なランクの官僚2,500名以上に関連した資料が審査されています』、という。

本 FSBの捜査官は、2003年から汚職を含めた他の犯罪に関連して、50名以上の刑事犯罪を捜査している。FSB長官は、最近モスクワ地方裁判所は、ロシア連邦財務省債務局の副局長デニス・ミハイロフ、また米国民で国際投資銀行の頭取顧問アレクセイ・キルジュネフ、そしてグルジア人でVIPクラブ『Natsionali』の創業者テイムラズ・カルチャフなどに判決を下したことを参考として伝えている。

本 ミハイロフ副局長は、国家機密の漏洩、収賄、そして全権悪用の罪で、またキルジェネフ頭取顧問は、贈賄及びその他の犯罪の容疑がかかっている。またFSB捜査官は“肩章の妖怪”と名付けられる捜査に参加した(非常事態省の将官と6名の将校の刑事事件容疑)。

本 『役人の買収行為は、政府の信用を失墜させ、また国家機関は信頼及び制御性を失います。汚職は潔白な人々から企業活動を隔離し、冒険的で、投機的な資金の優勢をもたらし、生産への損害をもたらします』〜と長官は語る。

本 同時に、パトルーシェフ長官は、対汚職法は今のところ不十分であるとみている。『汚職犯罪の全てを網羅する一連の規範となる法規の欠如が、汚職犯罪のモニターを含めた、対汚職政策の実現をとても困難にし、対汚職政策担当者の義務の管轄と領域の最適な区別けの障害となっているのです』、とFSB長官はまとめた。

■さすがはプロ中のプロ眼鏡。クドリン財務相の発言とは、情報量も、重みも断然違いますね〜雷雪。要約すると、『FSBは法規を遵守するが、法そのものがあやふやではダメですパンチ』ということでしょうか犬

■まぁ〜官僚と言っても幅広いですから、『ええっがく〜(落胆した顔)exclamation&question』というような人から、全く無名な人までいるんでしょうが、しかしまぁ〜、2,500人以上の官僚が捜査の対象になっているとは、正直驚きました。はいあせあせ(飛び散る汗)

■『Transparency International』社が世界中のビジネスマンを対象に行った調査結果 (コメルサント紙)によれば、世界の30カ国の中で、BRIC`sのブラジルが26位、ロシアが28位、中国が29位、そしてインドは30位を占めているそうですしあせあせ(飛び散る汗)、これはまだ生活の豊かさが隅々に行渡っていない、そしてこれからの経済発展のために外国人や外資がたくさん入ってくる経済発展国の特徴雷なんでしょうネ猫

■もっとも、官僚の給料が安いからだよね〜雪と思いがちですが、ロシア統計局によると、 2005年の国家機関や軍で働く人々の平均月収は1万693.2Rbl雷で、日本円に換算すると約4万2,000円。しかし同年の国民全体の平均月収は8,550Rblたらーっ(汗)ですから、25%も多いんですね〜猫あせあせ(飛び散る汗)

■日本でシュミレーションすると、例えば、日本国民の平均月収が3,000ドルとすると、 官僚は3,750ドル貰っているというところです犬。それなのに、更に堂々と賄賂プレゼント有料で私腹を肥やしている状況を想定していただければ、そりゃ〜『眠れる子羊眠い(睡眠)』と揶揄されるロシア国民もちっ(怒った顔)怒りますよねー(長音記号1)

■ですから官僚の給料が安いから、というのは、官僚が接する外国の同職者、あるいはビジネスマンと比較して雷、と付け加えた方が正確でしょう猫

■『自分が許可を与えることで、この外国人は何億も儲ける・・・ひらめき』と考え出したら、要注意パンチということを自覚して欲しいところですがあせあせ(飛び散る汗)、この世界30カ国で最も優秀なスイスでさえ、10点満点中の7.81ポイントということを考慮すると雷、理想と現実のギャップは大きいということなのでしょう・・ダッシュ(走り出すさま)。因みにロシアは5.16ポイント、中国は4.94ポイント、インドは4.62ポイントとなってます犬

■クドリン財務相とは異なり、FSB長官の発言はプーチン大統領直通と考えて間違いない雷でしょう。ですので、今後いよいよ取締りが厳しくなっていくことでしょうネ猫

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 私服は肥やせない!!あなたの一票をお願いします!!次項有半月
posted by アルバート at 15:32| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

■ロシアのベンチャーキャピタル業界の現状

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは2日連続で雨です。この雨で枯葉が落ちて、道路は枯葉で埋もれていますが、これも、これからなが〜い冬に入る自然の儀式のように思えます。はい猫

■さて、水曜日のMICEXのインデックスですが、前日比0.28%右斜め上の1,338.27でした。売買代金は月平均並みの約476億Rblで、78社が右斜め上、78社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ズベルバンク』・・・5万7,510Rbl / 1.79%右斜め上 / 約17億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・109.26Rbl / 1.66%右斜め上 / 約1億Rbl
『ガスプロム』・・・286.19Rbl / 1.38%右斜め上 / 約196億Rbl
『タトネフチ』・・・112.8Rbl / 1.11%右斜め上 / 約5億Rbl
『ロステルAO』・・・136.3Rbl / 0.96%右斜め上 / 約4億Rbl
『ロスネフチ』・・・209.39Rbl / 0.67%右斜め上 / 約8,778万Rbl
『アエロフロート』・・・61Rbl / 0.38%右斜め上 / 約2,739万Rbl
『統一エネルギー』・・・19.56Rbl / 0.36%右斜め上 / 約72億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『AvtoVAZ-3』・・・1,770Rbl / 2.21%右斜め下 / 約793万Rbl
『スルグト』・・・33.2Rbl / 1.63%右斜め下 / 約26億Rbl
『ルコイル』・・・1,914Rbl / 0.98%右斜め下 / 約81億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,268Rbl / 0.97%右斜め下 / 約51億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.11Rbl / 0.1%右斜め下 / 約1,189万Rbl

■水曜日は、予想に反してあせあせ(飛び散る汗)資源系はバッド(下向き矢印)スタートでしたが、欧州市場スタート後に右斜め上転じました。しかしNY市場開始後には右斜め下に転じ、上げ組に入った株は終了前に取り戻していますひらめき

■やはり原油先物が1バレル=58.2$まで下がったことがたらーっ(汗)、スタート時のバッド(下向き矢印)に繋がったようですネ犬。はい。

■『ガスプロム』は一昨日の晩の取引終了後に発表された第1四半期の決算が良かったことぴかぴか(新しい)右斜め上の要因に繋がったようです。

■しかし、NY市場は続伸(ダウは2日連続の史上最高値がく〜(落胆した顔))。ロンドン市場も反発雷。そして米国の原油先物相場も結局は1バレル=59.41$で終了雷しています。これらを考慮すると、石油株が要のロシア市場は、この影響を受けスタート時はグッド(上向き矢印)になる可能性は高いでしょうネ犬

■さて、今日はベンチャーキャピタル業界に関するお話しです猫

■『ベンチャーキャピタル』というと、日本でもよく耳にするけど、正確に分からないダッシュ(走り出すさま)、という人が多いと思いますが、それはロシアも同じです犬。しかしロシアの場合、日本や欧米の先進国と比べると、まだまだベンチャーキャピタルはこれから、という段階にあります雪

■ロシアのベンチャーキャピタルの現状、そしてそのスペシャリスト育成に関するニュースが記事に登場してますので、ご紹介しましょう猫。それでは、さっそく記事にLet`s GoモバQ

本 ビジネスを潜在的に有益な投資家に、十分に“パッケージ”できる専門知識を備えたマネージメントの欠如、これはロシアにおいて一番の問題である。そのため欧州ベンチャーキャピタル協会(EVCA)は、ロシアに特別にこの研修コースを提供した。既にこのコースはモスクワ大学の経済学部で開講しており、近々17の大学の学生も受講できるようになるという。

本 ロシアベンチャーキャピタル協会(RVCA)のアリビーナ・ニッコーネン常務が、『ロシアのベンチャー産業の欧州市場への参入とベンチャーの突破口のための必要条件』のプレスリリースでこう伝えた。このイベントは、10月3日に『インターファックス』社のプレスセンターで実施された。ニッコーネン常務は、今日ロシアには、投資家が明らかに興味を示す会社が約500社ほどある、と付け加えた。

本 プレスリリースには、RVCAのキリル・ドミートリエフ会長も出席した。同会長によれば、ロシアにおけるベンチャーキャピタルの投資額は、今後の2年間で20億〜30億ドルに達するかもしれないという。このような楽観過ぎる予測の大きな理由は、ロシアのベンチャー会社の創設にある。

本 その発起人は国家で、プロジェクトへの出資は、『ロシア・ベンチャー・カンパニー』(RVC)が、半分以上を民間の投資家が出資するという条件でファイナンスを提供する。2007年にはロシアは『RVC』に5億ドルを出資し、同社は2006年にはその活動を開始するだろう。

本 『ロシアへの2006年におけるベンチャー出資額は3億ドルで、2007年には国が5億ドルを投入します。これはロシアのベンチャー市場の実質的な成長をもたらす突破口となるでしょう』、と専門家は確信してる。

本 ドミートリエフ氏はまた、10月2日に『RVCA』と『EVCA』の幹部達が、ロシア経済発展貿易省のゲルマン・グレフ大臣と面談したと語った。その面談で、グレフ大臣は、2008年にはロシアで『EVCA』の年季フォーラムを開催する提案を行った。

本 その他、同大臣は、ロシア企業の成長速度に問題はなく、今日、それよりはむしろ、そのイノベーション開発の市場への促進の方が非常に困難であると言明した。そのため、同協会会長によると、グレフ大臣は、ロシアにおけるベンチャーキャピタルの発展に大きな意義を見出しているという。

本 ロシアの大学におけるベンチャーキャピタルの専門家研修に話しを戻すと、ドミートリエフ会長は、このコースで特に重要な2つの基本を強調した。

本 まず第1に、市場の理解力(イノベーション開発を創設する起業家は、しばしば自社製品をどのように促進するかを考えるが、今日、その商品にニーズがあるかどうかを熟考しない)。

本 第2は知的所有権の保護メカニズムである。『グレフ大臣は、我々との面談で、今日ロシアでは多くの興味深い開発が行われていることを認めました。彼らは、その商品を正しく市場に提供できるマネージャーを待ち望んでいるのです』、とドミートリエフ会長は付け加えた。

本 ロシアのベンチャーキャピタルの現状について、欧州ベンチャーキャピタル協会の代表ハヴィエル・ルイザーガが自己の見解を述べた。同氏によると、欧州のベンチャーキャピタルの総規模は、今日、1,650億ユーロに達したという。

本 ロシア市場の規模は、10年前のスペインの規模に似ているという。『10年間で、スペインのベンチャー市場は15倍膨らみました。ロシアの場合は、もっと早くこのくらい成長すると確信しています』、と同氏は語った。

■ロシアには、日本には無い、面白い技術は確かに数多くあります雪

■しかし、その多くは生産ベースにのらない稀有な技術・・もうやだ〜(悲しい顔)。それもこれも、ドミートリエフ会長が指摘しているように雷、『市場とは何かexclamation&question』ということもありますが、『商売とは何かexclamation&question』に関する視点が全く欠如している技術者が非常に多いからでしょうかダッシュ(走り出すさま)

■これは先日お会いさせて頂いた日本のベンチャーキャピタルの方でロシア関係では第1人者の方位置情報が指摘されていたことでもあり雷、またその方が仰ったことと、ドミートリエフ会長の指摘はピタリと一致しますひらめき(ひょっとして、この方がレクチャーしたわーい(嬉しい顔))。

■技術者が自分の技術力や商品に対して自信を持つのは必然であり、必要でもありますが、ロシア人技術者の場合、それがやや強過ぎる傾向にあるダッシュ(走り出すさま)とか。

■まぁ〜簡単に言えば、マニアック過ぎてしまうんですネあせあせ(飛び散る汗)。これもソ連の負の遺産でしょうがたらーっ(汗)、『世界初の技術exclamation』(ウラ〜演劇=万歳)ということに力が入り過ぎて、『それは実用的か否かexclamation&question』は考えないんですね〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

■まぁ〜世代交代と共にこの問題は解消されていくでしょうが雷、時代は待ってくれませんー(長音記号1)。そんなロシア人技術者に変わってくれ猫、とお願いするのは、私の経験上も無理たらーっ(汗)。人に『あなたの性格を変えてくださいっ雪』、とお願いするようなものですからネわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

■ですので、そのまま受け入れて、日本人の製品化のノウハウとプラスして行けば上手く進展していくように思いますぴかぴか(新しい)。はい。もちろん、『そのまま受け入れる手(チョキ)』にあたっては、ロシア企業の技術力、財務状況、そして社長さんの人格、意気込み等の調査が必須なのは言うまでもありませんがっ犬

■あるいは、そういうソ連型の技術者・会社を切り捨てて、若い世代のみにポイントを絞るか雷、ですが、このタイプはまだまだ少数派ですので、いずれにせよ、忍耐が必要ですネー(長音記号1)

■話しがそれましたがあせあせ(飛び散る汗)、ロシアには荒削りだけれども、将来有望な小企業が埋もれてますし雷、今後の専門家育成と共に、ベンチャーキャピタル市場は、更に盛り上がっていくことでしょう猫雷

■ではでは手(パー)

iモード次項有 落葉の中に宝有!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 14:54| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

■ロシア、グルジア、そしてスポンサー問題

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日のモスクワは曇り雨上がりの曇りです。気温は今日は16度まで上がるようですが、現在の気温は13度雷。日本で言えば冬雪ですか。

■火曜日のMICEXのインデックスは、前日比2.54%右斜め下の1,334.56でした。売買代金は月平均の30%右斜め下の約295億Rblで、42社が右斜め上、119社が右斜め下となっています。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『ガス・ネフチ』・・・107.48Rbl / 0.17%右斜め上 / 約1.6億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『スルグト』・・・33.75Rbl / 4.52%右斜め下 / 約9.6億Rbl
『ルコイル』・・・1,933Rbl / 3.78%右斜め下 / 約53億Rbl
『タトネフチ』・・・111.56Rbl / 3.39%右斜め下 / 約4億Rbl
『ズベルバンク』・・・5万6,500Rbl / 3.07%右斜め下 / 約11億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,299.95Rbl / 2.71%右斜め下 / 約26.6億Rbl
『ガスプロム』・・・282.3Rbl / 2.69%右斜め下 / 約115億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,810Rbl / 2.43%右斜め下 / 約2,615万Rbl
『ロスネフチ』・・・208Rbl / 1.59%右斜め下 / 約1.5億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.49Rbl / 1.36%右斜め下 / 約53.5億Rbl
『アエロフロート』・・・60.77Rbl / 1.32%右斜め下 / 約1,202万Rbl
『ロステルAO』・・・135Rbl / 0.73%右斜め下 / 約5億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.11Rbl / 0.29%右斜め下 / 約1,246万Rbl

■火曜日はスタート時から大きくバッド(下向き矢印)。その後欧州市場も右斜め下、NY市場開始後は一旦盛り返した右斜め上ものの、結局は右斜め下となっていますダッシュ(走り出すさま)

■全体的に不調な中、主要銘柄で上げ組に入った『ガスプロム・ネフチ』は、火曜日に発表された四半期決算内容がその支えとなったようです猫

■石油株を中心に大きく右斜め下ていますが、やはり1バレル=60ドルを切ったがく〜(落胆した顔)石油価格の影響が強いexclamation 昨日お伝えしましたベネズエラやナイジェリアの採掘量削減の発表も市場に影響を与えることは無かったようですねー(長音記号1)

■米国は経済成長の鈍化、そして暖冬を理由に、国内の石油備蓄量は『もう、いいですわぁ〜手(パー) 』、ということで予定していた1,100万バーレルの購入の拒否を発表してます雷。OPEC諸国の発表よりも、やはり米国の発表が大きいんですね〜がく〜(落胆した顔)。まっ、それもこれも石油価格の高騰自体、米国が仕掛けたことだからなのでしょうがっ犬

■また、北朝鮮の核実験実施の発表がく〜(落胆した顔)による世界の政情不安も、昨日のマイナス要因として働いたようです。はいあせあせ(飛び散る汗)。昨日のNY市場はダウ、ナスダックと揃ってグッド(上向き矢印)。ロシア市場はその影響で、スタート時は右斜め上の可能性が高いです。あとは、その勢いがどこまで維持されるか、でしょうネ犬

■さて、昨日ロシアvsグルジア問題を少し取り上げました猫。今日はその続編といいますか、役者、そしてスポンサーにも焦点があてられた記事がありましたのでカメラ、ご紹介しますね。

■先日行われた米ロのWTO加盟交渉は、結局、一歩も進展なしに終わっていますたらーっ(汗)。その結果、こんなことが起きてしまったんですね〜。それでは記事へLet`s GoモバQ 

本 昨晩、ロシア消費者監督局の局長が、グルジアのワインは近い将来、ロシア市場に舞い戻ることはないだろう、と伝えた。それは“(再開のための)何の根拠もない”からだそうだ。以前、同局長は、モルドバのアルコール飲料に対しても同様の宣告をしている。同時に、同局の職員は、米国企業からの鶏肉の輸入に対する一時的制限を発表した。

本 主任保健医は、グルジアワインの禁止は、悪巧みでも、悪要求でもなく、全く品質の問題に過ぎない、と確固として説明した。オニシェンコ局長によると、 クオリティが基準をクリア出来ないうちは、グルジアワインの復活に対する根拠がない、と言う。

本 その他、ロシア消費者監督局は、グルジア政府からの提案には、何も動きが見えないと不満を述べた。『当局に、トビリシは商品の品質向上のために規律を設けるよう努力しており、そのため工場を幾つか閉鎖しさえしているという断片的な情報が入りましたが、これは、まぁ、褒めるべきことです。しかし、品質の問題は残るのです』、と同氏は説明した。

本 最近オニシェンコ局長の官庁がモスクワ州とペテルブルグで実施した捜査で、グルジアのブトウ酒醸造業者の悪質なワインが立証された。当該地の工場ではグルジアのワイン材料で出来たかのような悪質なアルコールが発見されたのだ。

本 実際のところ、既に半年間厳しい禁止体制が敷かれている中で、どのようにしてここに入り込んだのか、全く理解不能である。

本 『製造者と代用品を分かち合うのではなく、ただ単に容赦の無い闘争を宣言しなければいけません』〜『ノーバヤ・イズベスチャ』紙に対し、ロシアブドウ栽培者及びブドウ酒醸造業者組合のレオニード・パポービッチ会長がコメントする〜『詐欺師やペテン師達は、グルジアワインのみならず、それよりも更に高級なブランドを偽造しており、取り返しの付かないイメージダウンを製造者にもたらしているのです』。

本 これらの出来事の中では、政治的な真相が見えない人はいないだろう。『グルジアがロシア人将校を拘束した後にこれを発表したことを考慮すると、これには特に驚きませんね』〜ロシア下院のワレリー・ガルトゥング議員が本紙に語る〜『パートナーをワインのみならず、経済的手法で罰する〜これは強国の普通の慣習でしょう』。

本 政治的な余韻が、昨晩、ロシア農業監督局が導入した米国企業群の鶏肉輸入の一時禁止措置にも感じ取れる。決裂に終わったこの夏の米国とのWTO加盟交渉後に、侮辱を受けたロシア経済発展貿易相のゲルマン・グレフ大臣は、ロシアは米国との“肉”の合意を破棄するかもしれないと直接的に示唆した。

本 この状況は、米国側がロシアの加盟への道のりを早めると約束したおかげで安定化した。しかし、つい最近行われた定期交渉では、前進は見られなかった。そして同省の貿易交渉局のマキシム・メドヴェドゥコフ局長が認めたように、米国の肉加工会社の監査、2009年後の肉輸入の割り当てを含めた以前同様の主要問題が残っている。というわけで、昨晩の制限の発表は、これらの問題解決を刺激するために生じたようである。

本 これらの政治的要因の中で、月曜日に更に1つの禁止事項が発表された。ロシア農業監督局が、米国からの米の輸入に対する許可証の発行を停止、更に既に発行済みのものを回収するというものである。

本 これは簡単なことで、米国では安全検査を通過していない遺伝子組み換え製品が販売に出回ったからである。欧州連合は、米国からの米輸入を即時に停止し、素早くこれに対応した。そして次はロシアが遅れつつも同じ措置を取ったのである。

■グルジアはロシアにワイン輸入禁止を解いて欲しいモータースポーツ。ロシアはWTOに入りたいモータースポーツ。米国はロシアのWTO加盟要求を背景に、自国の保険業者をロシアに入れたいモータースポーツ、更に自国の農作物もたくさん買ってもらいたいモータースポーツ

■『こうして欲しいモータースポーツ』、という利益を追求するグループの中で、グルジアと米国は、同じロシアに要求する立場で利益も一致する雷。ロシアは、米国はシブトイ交渉相手ですから(本質的には、似たもの同士なので苦手なんですあせあせ(飛び散る汗))、かつての同胞・グルジアに後押しして欲しいモータースポーツ

■米国はグルジアに対し、『俺らの言うことを聞いとけば、君の国の将来は安心だよー(長音記号1)眼鏡』と耳元でささやきかける。

■一方で、米国は表向きはロシアに対し、『もう近々、貴方達の要求を受け入れましょう犬ひらめき』、と紳士的な回答を送りつつ粘る。

■サアカシビリ大統領は、虎の威を借りる何とかとなりあせあせ(飛び散る汗)、ロシアに対し強気の作戦に出るむかっ(怒り)。別に将校の拘束なんていつでも出来るんですから雷。9月27日に行ったことにメッセージがある雷わけです。はい。

■そしてロシアはかつての同胞に再度裏切られ、憎しみが増幅するちっ(怒った顔)という悪循環です。はい猫あせあせ(飛び散る汗)

■グルジアを自国の利益のためにしたたかに利用する米国は、『グルジアを押さえたかったら、わしの言うことを聞くんじゃ〜眼鏡 』、というのが狙い雷でしょう。

■まぁ〜ロシア側はそんなことはお見通しですから、『目には目を・・・』の戦略でたらーっ(汗)、米国のシナリオをぶち壊すパンチことに切磋琢磨するわけで・・・。まぁ、結局はロシアがWTO加盟を諦めれば良いわけですが、これもロシアを世界で特別な、ニュートラルな位置において置きたい米国の真の狙い雷(=ロシアと欧州連合を親密にさせない位置情報)と一致してしまいますから、ロシア側も中々踏み込めないところでしょうネダッシュ(走り出すさま)

■両大国に挟まれたグルジアはたらーっ(汗)、例えば米国のシナリオ通りに行き、ロシア側が米国の要求を呑めば、米国はそれで満足ですしぴかぴか(新しい)、貴重な資金源となるロシアと一時の友・グルジアを天秤にかけ、その結果、グルジアはポイ捨てされるでしょうたらーっ(汗)。虎がいなくなったら、グルジアは・・・爆弾

■また例えば、ロシアのシナリオ通りに行けば(あるいは、このまま交渉が長引けば雷)、米国はハラワタが煮えくり返りちっ(怒った顔)、グルジアをますます挑発し爆弾、ロシア南部に紛争を起こす可能性が高い雷。この場合も、直接的被害にあうのはグルジア・・爆弾

■そしてまた、ロシアが『WTO加盟は、もういいすっ犬』と諦めた場合。まずは宿敵・米国よりも、その虎の威を借りる隣国グルジアにロシアの締め付けが真っ先に行くでしょう・・たらーっ(汗)。理由は簡単で、国防上の理由眼鏡雷です。よって、これも南部の紛争問題勃発の可能性が高い爆弾

■欧米被れしているサアカシビリさんは、米ロのやり取りの狭間で、両国にただ単に利用されているだけ、ということを再認識し雷、国民が路頭に迷わない、被害の少ない究極の選択ダイヤスペード(=どちら側につけば有利か雷)の練り上げに取り掛かるべきでしょうネ猫

■ではでは手(パー)

半月次項有 近所付合大事也!あなたの一票をお願いします!!次項有iモード
posted by アルバート at 15:42| モスクワ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

■モスクワ不動産市場に変化!/ロシアvsスポンサーの戦い継続中

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日のモスクワは、実に久しぶりの雨です。

■さて、ロシアとグルジアがもめてます爆弾

■今年7月14日付のこのブログにも書きましたがメモ、グルジアは以前のぺテルサミット時に、ロシアのWTO加盟に合意するロシア・グルジアの『2国間プロトコル』の見直しを発表むかっ(怒り)

■そして今回も同じパターンでロシアを攻めてきましたね〜猫あせあせ(飛び散る汗)

本 『グルジア政府当局が9月27日、ロシア軍情報機関の将校4人をスパイ容疑で逮捕したことで両国間の緊張が高まっている』(by 毎日新聞)。

■この9月27日は何の日でしょう犬exclamation&questionそうなんです、またもや米国とロシアのWTO加盟交渉のスタートの日だったんですね〜ダッシュ(走り出すさま)。この日にロシア代表団が米国に飛行機飛び立ったばかりでしたー(長音記号1)

■グルジア側の狙いは、ロシアのグルジア製ワインバーなどの輸入禁止を撤廃して欲しいこと雪。ただし最近、ロシアは『国民の口に入るもの』に神経を尖らせています眼鏡ので、クオリティの問題に敏感になってきていることもあります。

■それプラス、『撤廃して欲しければWTO加盟を応援しなさいちっ(怒った顔)』、という狙いもロシアにはあります。

■ロシアに大きく依存する旧ソ連諸国の対応であれば、ここでロシアの要請を受け入れる決定のが通例です。はい。しかしグルジアはその通例を無視パンチ

■“パチェムゥ〜exclamation&question”(=何で?)

■プーチン大統領は、グルジアのこの突然の行動に対し、“外国のスポンサー眼鏡の保護のもと”、と暗に外国(=米国)が絡んでいるのを非難しています(日本では報道されてるか知りませんがっ演劇)。

■やはり“スポンサーさん”が、裏で糸を引いている雷。そうでないと、気の小さいくつサアカシビリ大統領が、そしてロシアに依存しているグルジアが、ここまで堂々とロシアに対し反抗できるわけがないですからね〜猫あせあせ(飛び散る汗)

眼鏡当のスポンサーさんは、『ロシアとグルジアに対し、自制を要請した電話』(byロイター)。

■スポンサーさんは、直接介入はしないが、間接的な操作が大得意手(チョキ)。また、ビジネスマンですから、自国の経済活性化のために、イスラエル、イラン、北朝鮮、そしてグルジアなどなど、世界中に緊張がないと絶えられないあせあせ(飛び散る汗)ようですからねっ。

■米ロ両大国に挟まれたグルジアあせあせ(飛び散る汗)。その首都・トビリシには、私も行ったことありますが、山が居並び牧歌的でリゾート、敷石の道路が多く、どこかイタリアを思わせる、平和で穏やかな街でしたぴかぴか(新しい)。サアカシビリ大統領は、とても難しい局面に立たされてますが、この平和を維持するということをベースに、聡明な判断をして欲しいところです犬。はい。

■皆さん、アントニオ猪木のように、世界平和を祈りましょう!手(グー)

■さて、先週金曜日のMICEXのインデックスですが、0.06%右斜め下の1,367.24でした。売買代金は約411億Rblで、87社が右斜め上、81社が右斜め下となっています。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金/先週金曜比)
『ノル・ニッケル』・3,408Rbl/2.92%右斜め上/約55.4億Rbl/10.4%グッド(上向き矢印)がく〜(落胆した顔) 
『AvtoVAZ-3』・1,787Rbl/2.11%右斜め上/約4,763万Rbl/0.96%右斜め上
『ロステルAO』・134Rbl/1.67%右斜め上/約6.7億Rbl/3.72%右斜め上
『アエロフロート』・61.61Rbl/0.59%右斜め上/約556万Rbl/1.33%右斜め上

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『タトネフチ』・113.5Rbl/2.5%右斜め下/約4.8億Rbl/0.62%右斜め下
『ルコイル』・2,028Rbl/1.63%右斜め下/約46.6億Rbl/1.65%右斜め上
『ロスネフチ』・211.99Rbl/1.19%右斜め下/約3億Rbl/3.01%右斜め上
『統一エネルギー』・19.69Rbl/1.14%右斜め下/約94.4億Rbl/4.35%右斜め上
『スルグト』・35.1Rbl/0.71%右斜め下/約12.6億Rbl/6.4%グッド(上向き矢印)
『ズベルバンク』・5万8,000Rbl/0.68%右斜め下/約14.8億Rbl/6.62%グッド(上向き矢印)
『モスエネルゴ』・5.12Rbl/0.62%右斜め下/約1,467万Rbl/0.79%右斜め上
『ガス・ネフチ』・105.5Rbl/0.61%右斜め下/約2.8億Rbl/1.95%右斜め上
『ガスプロム』・288Rbl/0.59%右斜め下/約144億Rbl/5.88%グッド(上向き矢印)

■先週の金曜日は、スタート時は大方ドーンとグッド(上向き矢印)。しかしその後欧州市場開始後に右斜め下。NY市場開始後も右斜め下でしたが、終了間際に右斜め上となり、若干のマイナスとなっています。

■今週の金曜日に四半期決算を発表する『ノリリスク・ニッケル』が、リーダーでしたぴかぴか(新しい)。それ以外は非資源系の株が上げ組に入っています。石油・ガス系は若干石油価格が下がったことが原因では、とアナリストは見ています犬

■インデックスは、先々週の金曜日の1,300.21と比較すると5.16%グッド(上向き矢印)と、久しぶりのグッド(上向き矢印)(4週間ぶりexclamation&question)となりました。1週間でダウンしたのは『タトネフチ』のみ。ということで、先週は気持ちの良い1週間でしたね〜ぴかぴか(新しい)。この気持ち良さが今週も継続するのか犬exclamation&question次は月曜日の結果をお届けしますわーい(嬉しい顔)

■月曜日のインデックスは、0.16%右斜め上の1,369.39でした。売買代金は週始め恒例の平均20%以下の約314億Rblでした。92社が右斜め上で77社が右斜め下となってます。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比/売買代金)
『AvtoVAZ-3』・・・1,855Rbl / 3.81%右斜め上 / 約8,468万Rbl
『タトネフチ』・・・115.47Rbl / 1.74%右斜め上 / 約3億Rbl
『ガス・ネフチ』・・・107.3Rbl / 1.71%右斜め上 / 約1億Rbl
『ロステルAO』・・・135.99Rbl / 1.49%右斜め上 / 約4億Rbl
『ガスプロム』・・・290.1Rbl / 0.73%右斜め上 / 約104億Rbl
『スルグト』・・・35.35Rbl / 0.7%右斜め上 / 約9.5億Rbl
『ズベルバンク』・・・5万8,289Rbl / 0.5%右斜め上 / 約12億Rbl
『統一エネルギー』・・・19.75Rbl / 0.31%右斜め上 / 約70億Rbl
『モスエネルゴ』・・・5.13Rbl / 0.04%右斜め上 / 約877万Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ルコイル』・・・2,009Rbl / 0.94%右斜め下 / 約44億Rbl
『ノル・ニッケル』・・・3,392Rbl / 0.47%右斜め下 / 約48億Rbl
『ロスネフチ』・・・211.35Rbl / 0.3%右斜め下 / 約8,297万Rbl
『アエロフロート』・・・61.58Rbl / 0.05%右斜め下 / 約1,384万Rbl

■昨日もスタート時はドーンとグッド(上向き矢印)。しかし欧州市場開始後は右斜め下の一途を辿りましたたらーっ(汗)。が、結局NY市場開始後に、大方の株が右斜め上に転じていますわーい(嬉しい顔)

■やはりOPECがベネズエラやナイジェリア、イランなどでの石油採掘量の削減プランを発表したことで、石油価格が上向きになるのでは、という期待感から雷、スタート時は好調だったようです。はい犬

■しかし欧州市場開始後、特にロンドン市場が低迷スタートだったこと、そしてグルジア関連のニュースに影響を受けあせあせ(飛び散る汗)、急落した模様ですダッシュ(走り出すさま)。はい。

■さぁ、今週は一応プラススタートですひらめき。好調な1週間となって欲しいところですね位置情報

■さて、今日のニュースは、不動産関係のお話しです猫

■u単価=4,000ドルがく〜(落胆した顔)exclamation、と今年の春先から馬鹿高く高騰してきたモスクワの不動産市場ですがあせあせ(飛び散る汗)、ここにきて、ようやく市場に変化が現れてきたとかぴかぴか(新しい)。さぁ、どういう傾向なのでしょうexclamation&question 少し長い記事ですが、Let`s GoモバQ 

本 モスクワの不動産価格は上昇を続けているが、アパートの値上げ速度は毎月減速している。専門家によると、この傾向は今のところ継続され、1月にはアパートの平米単価は安定するとみている。

本 これは、先週末に開かれた『モスクワ及び地方の住居市場〜新しい数値と傾向』の円卓会議で導き出された結論である。更に専門家達は、これは需要と供給のバランスによりもたらされるのではなく、ただモスクワの潜在的購買者の資金が枯渇するからだという。

本 ここ15ヶ月間、モスクワの不動産価格は、未曾有のテンポで上昇した。この主な原因の1つは、ロシアには巨額の自由資金が存在することである。それにロシア金融市場の停滞も加わったのである。

本 その結果、投資家達はより収益の高い、信頼のおけるものに資金を出資したのである。

本 調査会社『不動産市場のインディケーター』のオルガ・レプチェンコ所長によれば、2006年の9ヶ月間で、モスクワのアパートの平均価格は73%上昇したという。

本 『上昇は継続していますが、毎月そのテンポは1〜2%減速しています』〜とレプチェンコ所長は語る〜『記録は4月の10%でした。しかし9月には僅か4%に止まっています。従って、新年に向けて価格上昇にピリオドを打つ傾向が見えてきているのです。それ以降は、モスクワの住居価格は、インフレの水準に合わせて落ち込むでしょう』。

本 今日、モスクワのアパートは実質、ロンドンやニューヨークの価格に追いついている(幾つかのカテゴリーでは既に追い抜いている)。しかし同時に、モスクワ住民の収入は、以前同様、西側の首都の住民の収入とは大きくかけ離れているのである。

本 市場専門家はこう確信している:『中流の消費者が住居を購入出来ない限り、あらゆる投資家ビジネスはこの終わりのない価格上昇を維持できないでしょう』。

■まぁ〜読んで頂いた通りで、コメントのしようもありませんがあせあせ(飛び散る汗)、急激な上昇傾向にストップ禁煙がかかり、上昇速度が減速してきており、新年以降は下げの傾向に入る雷、ということですね。

■不動産価格はロンドン、ニューヨークに追いつきつつあるのに、市民の収入は断然低くたらーっ(汗)、潜在的購買者=市民ではない、これ説得力がありますネ雷

■u単価=4,000ドルというのは、コンクリートむき出しの状態であせあせ(飛び散る汗)、内装費は別たらーっ(汗)、しかも新築アパートだど、その広さにもよりますが、管理費や光熱費に月300〜500ドルはかかりますダッシュ(走り出すさま)。はい。

■こんな条件で、一般市民が買える訳ないっちっ(怒った顔)

■また、同社が地方の百万都市で実施した調査では、『最近、ペテルブルグは移住の対象としては、人気はモスクワとほぼ同じという結果が出ている』、そうです雷。『モスクワなんて住めないよぉ〜演劇』、という地方の人々が、2番手のぺテルに乗り換えてきている、これぞ健全な需要&供給雪

■モスクワの不動産市場を皮切りに、百万都市⇒地方と下落傾向が浸透していくという慣性の法則が働いているようですので、今後、モスクワの不動産が如何に下がるか雷、これがポイントとなりそうです猫

■まぁ〜これまでの“高騰グッド(上向き矢印)exclamation×2”一本槍の大本営発表に変化が出てきたこと雷、これが一番大きな変化の兆しです猫。はい。

■ではでは手(パー)

晴れ次項有 世界平和を!!あなたの一票をお願いします!!次項有満月
posted by アルバート at 15:50| モスクワ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。