2006年04月21日

■貯金で損をする!?

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は晴れexclamation×2 風はまだ冷たいとは言え、素晴しい天気でしたぴかぴか(新しい)  

■ようやくドタバタも今日で終了し、後はパートナーのK氏に任せることになり、一休みわーい(嬉しい顔)・・・でもないのですが猫あせあせ(飛び散る汗)。しかし、こうやって素晴しい人々と仕事を出来ると、心から元気が出てきますねっひらめき。このまま元気一杯、張り切って活きましょう手(グー) 

■さて、今日のMMVBですが、昨日のアナリスト達の予想通りに右斜め下となり、0.57%右斜め下の1,449.31でした。売買代金は約489億Rblで、これは月間平均の50%グッド(上向き矢印)ではあります。はい。53社が右斜め上で、111社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比 / 売買代金)
『アエロフロート』・・・60.8Rbl / 0.5%右斜め上 / 約3,232万Rbl
『統一エネルギー』・・・20.8Rbl / 0.43%右斜め上 / 約125.5億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ズベルバンク』・・・4万2,501Rbl / 2.63%右斜め下 / 約15億Rbl
『ユコスAO』・・・・28.2Rbl / 2.21%右斜め下 / 約6,084万Rbl
『ロステルAO』・・・97.81Rbl / 1%右斜め下 / 約12.5億Rbl
『ガスプロムAO』・・・276.11Rbl / 0.78%右斜め下 / 約172億Rbl
『ルコイル』・・・2,539Rbl / 0.74%右斜め下 / 約78億Rbl
『AvtoVAZ-3』・・・1,667.86Rbl / 0.65%右斜め下 / 約2,449万Rbl
『スルグトネフチガス』・・・49.2Rbl / 0.5%右斜め下 / 約18.4億Rbl
『シブネフチAO』・・・147Rbl / 0.48%右斜め下 / 約1.3億Rbl
『タトネフチ』・・・164.7Rbl / 0.3%右斜め下 / 約5.7億Rbl

■石油や金属の高騰を受け、今日は全体的にスタートダッシュでグッド(上向き矢印)と上がりましたが、石油株を中心に、午後から15時まで右斜め下、そして終了まで少し盛り上げて、最後は下がる右斜め下という動きでした。実際、今日は下げ組入りの『ガスプロムAO』は、一時280Rblまで上がってましたー(長音記号1)

■さて、もう直ぐ5月の連休を控えていますが、以前市場にロシア人投資家の割合が多かった時期は、こういった大型連休直前は売り時ー(長音記号1)演劇(現金化してセッセッと海外旅行へわーい(嬉しい顔))。今は日本の株式市場と同じく、同等、あるいはそれ以上の外国人投資家が入ってきていますから、どうなるか不明です眼鏡。まぁ〜、この時期に下げにでるか否かで、実際外国人が多いかどうかが判断できるでしょう猫。さて、明日(今日犬)は、今週最後の金曜日exclamation 楽しみですね猫

■さて、毎月お金を稼ぐことも大事ですが、その貯めたお金を上手く運用するのも、実は大事ですよねわーい(嬉しい顔)。そこで、今日はロシア人は、どうやって運用しているかexclamation&question というお話しをご紹介しましょう猫

■以前、預金する場合は、どの通貨exclamation&question、ということでルーブル預金が増えてきているというニュースをお伝えしましたよねぴかぴか(新しい)。銀行貯金は、果たして、おいしい運用方法なのでしょうか犬5 それでは記事にLet`s GoモバQ

本 マクロ経済調査センター『Yunikon』のレポートによれば、第一四半期に全ての銀行預金は、通貨に関係なく、マイナスの収益たらーっ(汗)をもたらしたという。

本 この際、預金者に最も多い損失をもらたしたのは、3ヶ月間で6.62%下落したドル預金である。それより若干少ないのはユーロ預金で5.25%の下落、そして最も損失の少なかったのはルーブル預金で、損失は僅か2.51%だった。

本 こういった全体的な傾向にもかかわらず、個々にみれば、ルーブル預金はその預金者に少ないながらも利益をもたらすことさえ出来ている。これは実際のところ、長期預金のみに関することである。

本 『FINAM』社のアナリスト、オルガ・ベレンカヤキスマークは、『外貨預金への関心は低くなっていく中で、ルーブル預金への関心は現在維持されていますが、ルーブル預金の収益は、インフレ率よりも低いのです:僅かな銀行のみがインフレ率をカバーできるのですから』

本 銀行預金の損失を背景に、限界を超えた収益を演出しているのは、不動産や金融市場への投資だけである。『ユニコン』のデータによれば、不動産投資は第一四半期に、その保有者に対し、実際に4.64%の水準のルーブル収益をもたらしているという。もしこの住居の高騰の速度が衰えなければ、2週間後には、既にモスクワの住居1u当たりの平均供給価格は、3,000ドルに達するだろう。

本 高収益を演出するのは、幾つかの投資ファンドへの出資である。しかし実際、個々の投資ファンドは、逆に、ドル出資でさえも損失が上回りもする。『ユニコン』のデータによれば、実際に、2006年第一四半期には、投資ファンドでのルーブル収益は、マイナス13.3%からプラス29.3%の間であった。

本 “金属関連”口座への投資者も、第一四半期で勝ち組だった。第一四半期に9.5%値上がりした金の価格上昇を背景に、1.65%の収益を得ている。

■銀行預金は、インフレ率(年間約10%ダッシュ(走り出すさま))のおかげで、マイナス利益になってしまうということですね。そう考えると、日本の銀行預金の年利は低いですが、減らないよりは、まだましなのかもしれませんexclamation&question 

■しかし、記事中の勝ち組の人達も、これは株と同じで、全く逆の動きを示す時もありますから雷、銀行預金のように、どっしりと構えるのではなく、“腰を軽くゴルフ”、“機敏に動くサッカー”ことを勧めているようです。

■以前ご紹介しましたように、ロシア最大手の銀行『ズベルバンク』では、ルーブル預金の場合、利子は1年1ヶ月で9.25%〜10%ぴかぴか(新しい)。またドル、ユーロ預金の場合、1年1ヶ月で6.75%〜7.25%かわいいの利子がつきます。

■4月に1000Rbl貯金すれば、来年の5月末には、1,092.5Rblになります。しかしインフレ率が10%とすれば、去年の1,000Rblは、今年は1,100Rblの価値になりますので、7.5Rblの目減りもうやだ〜(悲しい顔)。しかし外貨預金の場合は、中銀のインフレ抑制政策により、ルーブル高が今後も維持されていけば、ルーブル以上に損をする、ということを記事は言いたいのでしょう猫

■まぁ〜、銀行預金は、いずれにせよ資産運用の観点からは、あまり“おいしくないパンチ”ということになりますね。

■しかし、この銀行が預金者から預かったお金で投資する金融・不動産市場への投資は、おいしいバースデー。ロシアの場合、株式市場でも年間30%の運用は簡単雷ですからね。

■昨日のアナリストのコメントにもありましたが、株式市場にはロシア人投資家の資金がたくさん入ってきているようです犬。いや、正確には、もともとロシア人投資家が過半数だったのに、外資がたくさん入り過ぎて、存在感が薄れてしまっていたいい気分(温泉)、というべきですね猫。主に銀行・ファンド系でしょうが、一般人でも株式投資に転じる人も少なくない猫

■しかし、銀行預金とは違って、株式市場も不動産も、得をすればわーい(嬉しい顔)、損をするがく〜(落胆した顔)ことだってあります。あくまでも自己責任です雷

■中には、この基本的なことを正しく理解せずに、『○○先生が上がるといったから、買ったら、下がって損をしたっちっ(怒った顔)爆弾』、ということを言う人達がいるようですが、そういう人は銀行預金で運用していくべき人なのでしょう犬。人から何を聞こうが、『買う・買わない』、『売る・売らない』と最終的に決断するのは、目自分自身ですからね。

■まぁ〜、投資は損をしても凹まない額わーい(嬉しい顔)に決めておいて、残りは、堅実な通貨分散貯金をすることがベスト手(グー)なのかもしれませんね猫

■ではでは手(パー) 

iモード次項有 運用は堅実に!!あなたの一票をお願いします!!次項有晴れ
posted by アルバート at 05:57| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。