2006年04月03日

■IPOのロシア企業〜儲かってます

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は曇り。終始ど〜んよりとした天気でした犬。昨晩、日本語の達者なアーニャさんが持ってきてくれたアラブのお酒『KSARAK』(アルコール53%exclamationがく〜(落胆した顔))を少し試しましたのですが、そのおかげで、頭が少しガンガンむかっ(怒り)してました。はい。

■さて、最近きな臭くなってきている米ロ関係は置いといてー(長音記号1)、今日はIPO(新規株式公開)に関するニュースをお届けしますわーい(嬉しい顔)

■会計監査法人『アーンスト アンド ヤング』によれば、ロシア企業のIPOブームが始まっているとか。景気の良い話ですねぴかぴか(新しい)。それでは記事にLet`s Go モバQ

本 世界の証券取引所におけるIPOの総規模は増加を続けており、ロシアはこのIPO市場の視点からは、最も有望な国の1つに数えられる雷。またIPO市場のグローバル化の傾向は、2006年も維持されている。

本 会計監査法人『アーンスト アンド ヤング』社が実施した、IPO部門の第3回世界動向調査の結果を基にしたレポート“増加の高速化”の結論がこれだ。

本 『ロシアのIPOブームは既に始まっており、このトレンドはここ数年間は維持されるでしょう』〜、と『Ernst & Young』のパートナーで、ロシア・CISにおけるIPOオペレーションマネージャーであるポール・マーフィーが語る。

本 ロシア企業が、新規株式公開において著しい数を占めている。ロシア企業は昨年、11社が上場により49億ドルを手に入れたが、これは2004年の数字を4倍以上も上回っている。

本 『外国投資家、そしてロシアの投資家のロシア・CIS諸国の企業に対する急激な需要は、地方における大きな消費市場の存在、西側諸国と比較した投資利益の高さ、採掘分野における可能性、そしてまた、新市場に対する多種多様な有価証券などを含めた、多くの要因があります』。

本 『ビジネスの成長と発展を掴むために新規株式公開することを積極的に利用する、採掘分野とは関係を持たない会社の登場が、新たなトレンドとなってます』〜とマーフィー氏は語った。

本 『IPO』市場は、世界経済における相対的な変化を顕現し続けているが、特に、それは経済成長国において著しい増加をみせている。2005年のトレンドのキーワードは、中国、イスラエル、ロシア、ポーランドにおけるIPO規模の拡大であった。2006年には、中近東、韓国、インド、ブラジル市場への関心が高まると予測されている。

■以前お伝えしました小売チェーン『ぺチョーラチカ』(Pyaterochka Holding)も昨年5月に、ロンドン市場で新規株式公開を行ってますが、これぞまさにマーフィー氏の言う“トレンド雷”なんでしょうね。

■その他の、昨年IPOを行ったロシア企業では、JSFC『Sistema』、『NovaTEC』、『Evraz Group』、『Severstali-Avto』、『Urals Energy』、『Rambler Media』、『International Marketing&Sales Group』などがあります猫

■この“IPO企業”の中から“トレンド”2社を勝手にチョイスしてご説明しますと猫、まずJSFC『システマ』は、昨年2月に17%をロンドン市場で新規公開しまして、13億1,750万ドル有料有料有料を手に入れています。同社は、電話・通信の会社(携帯電話携帯電話最大手オペレーターMTS、電話電話のジャイアンツ・モスクワ固定電話会社(MGTS)、 コムスターなど)、大手保険会社(『ROSNO』雷)、不動産(『Sistema-Gals』)、銀行、小売業、メディアなどなど、幅広い会社を運営、または所有している投資会社で、新規公開で最も大きな利益を得ている会社です雷

■そして『Severstali-Avto』は、『UAZ』(資本金の66%)・『ZMZ』(同75%)・『ZMA』(同99.6%)などのロシア国産自動車会社車(セダン)の大株主で、ロシア国産ブランドでもあります(韓国車『Ssang Yong REXTON』も製造)。2005年4月に26%を公開し、6,630万ドルを得ています。

■その他“旧来の”企業2社を簡単にご説明しますがわーい(嬉しい顔)、『NovaTEC』は『ガスプロム』に次ぐ大手の天然ガス会社で、2005年7月に17%を公開ぴかぴか(新しい)。そして『Evraz Group』は鉱石採掘に携わるホールディングカンパニーですが、2005年6月に8%を公開していますぴかぴか(新しい)

■以前、投資家の方が、『ロシアの優良企業に投資して、ロンドン上場を狙ってますexclamation×2』と言っていましたが、記事とは矛盾するようですが、それはもう過去の話なのでしょうかダッシュ(走り出すさま)。世界的投資家の方々は、当然ながら一歩先を行きます雷から、中近東などの地域への注目度が高まっている、と記事の最後にあるのも頷けるところではあります。はい犬。しかし中近東は政情不安が続くでしょうから、韓国・インド・ブラジル、そしてロシアの“トレンド企業”(おまけですがあせあせ(飛び散る汗))が、比較的安全、というところでしょうか猫

■ではでは手(パー)

野球次項有 毎日感謝してます!! あなたの一票をお願いします!! 
posted by アルバート at 06:47| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

■日本の形〜鮨 を久しぶりに観る!!

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓 

■今日は曇り、時々晴れでした。

■今日は我が家でホームパーティーがあったため、朝から買出しやら、料理の準備やらで、大忙しでしたあせあせ(飛び散る汗)。私はカレーとトンカツを、そして彼女は野菜サラダを主に準備しましたexclamation

■誕生日祝いということもあり、パートナーのK氏、太郎君夫妻、以前登場したクセーニャさんとニコライ君のカップル、私の彼女の仕事仲間が4・5名ほど集まってくれまして、とても賑やかで、楽しいひと時を過ごすことができましたぴかぴか(新しい)

■しかまぁ〜、女性人のほとんどが、ロシア正教の“ポスト”という、肉類(鶏・卵も含むパンチ)・乳製品をとらない仕来りを遵守しているために、私が苦心して作ったカレーも、トンカツも、ほとんどの女性が食べることができませんでした・・・たらーっ(汗)

■誤解を恐れずに言うと、この“仕来り”も、別にイエスが“そうしなさい”、と言ったわけではないのです。おそらく、この春が訪れる時期に、あらゆる動物の子孫を守るために、教会側が勝手にこの“ポスト”を義務付けしたダッシュ(走り出すさま)という話しもありますが、私も、どちらかというと、この説が説得力があると思っています猫。はい。

■さて、日本人組は、『カラオケ乾杯』などの歌を、ロシア組みは、『モスクワ郊外の夕べカラオケ』などを歌いながら、非常に楽しいひと時を過ごしました。

■そして人が集まった時は、恒例雷の『日本の形〜鮨』の上演会ぴかぴか(新しい)exclamation×2 

■総勢10名の皆さんに、披露しましたところ、今回も大うけわーい(嬉しい顔)exclamation×2でした。

■何度も書きますが、やはり、“天丼”(同じパターンを繰り返す笑いの手法目)部分が一番受けるようですね。はい猫

■中指・人差し指・親指の3本の指で鮨を摘み、口から45度の角度まで持ち上げての“食べます&食べます&食べます”の“天丼”も爆笑でしたが、それよりも大きな笑いが残ったのは、

『注ぎます・・・“おっとっとっと・・・”、“まぁまぁまぁ〜”、“おっとっとっと・・・”』

の部分でしたねぇ〜わーい(嬉しい顔)。とにかく。このシーンには、日本人もロシア人も関係なく、大爆笑でした猫

■ロシア人のコメントは『面白いねぇ〜』というものが多かったですが、日本人のコメントとしては、『これは面白いけど、誤解される可能性があるよね〜目』というものでした。

■確かに、何も知らないロシア人が、このビデオを観たら、きっと誤解するかもしれませんダッシュ(走り出すさま)。『日本人の足が酢臭いのは、このせいです』、そして鮨の醤油のつけかたについての、『たっぷりつけましょう!』という説明は、ギリギリの微妙な笑なのでの、誤解を招くかもしれませんねどんっ(衝撃)

■もちろん、私達日本人が『これは冗談ですよっexclamation×2』、とか、『そ〜んなヤツ、おれへんやろぉ〜犬』などと、フォローしましたので、誤解したまま帰る人はいなかったでしょうわーい(嬉しい顔) 。

■まだこの画像を観ていない方は、以前、コメント頂いたSatomiさんのHPからご覧になれますので、是非ご覧下さい( http://tinyurl.com/zj8e5 ※編集の都合によりURLを短縮しています。あしからず。)

※『動画をまだ観てない方はこちらかこちら・・』の2番目の“こちら”からこのサイトに飛ぶことが出来るようです。はい猫

■画面が小さいため、英語の訳が見辛いのが難点ですが、ロシア語でみっちり解説して見せれば、反響も、これ以上に伸びることに間違い雷ないでしょう犬

■ということで、今日はこの辺で失礼致します。それでは、皆さん、楽しい日曜日をお過ごし下さいexclamation×2

■ではでは手(パー) 

野球次項有 毎日感謝してます!! あなたの一票をお願いします!! 
posted by アルバート at 07:32| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

■ニッチを攻めろ!ロシアのウェディング代理店

射手座次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日は曇り。しかし昨夜の雨のおかげで、路肩の雪も大分少なくなってくれましたわーい(嬉しい顔)。ウイークエンドから、来週初めは更に暖かくなり、10度も越える日があるかもしれないということです手(グー)

■さて、ロシア地方のパートナーから昨晩遅くに電話携帯電話がありました。何でもモスクワからエカチェリンブルグに帰る飛行機が飛ばずに、2時間待ちだとのことで、空港から携帯電話かけてきたそうです猫

■この社長さんの会社は、高レベルな特殊IT技術雷を持っており、今ロシア国内のバイオパスポート導入に携わるため国の上層部と掛け合っているところですぴかぴか(新しい)。ちょっと問題があり、『助けて欲しい目』ということだったのですが、今のところ順調なので『大丈夫ですぴかぴか(新しい)』とのこと。安心しました猫

■技術者あがりの社長さんですので、先見の銘があるというか、昨年から別件を政府に提案していたのですが、当時は無視されていましたたらーっ(汗)。しかし今回は世界的要因も重なって、見事承諾されそうだとのことぴかぴか(新しい)。この分野はこれから絶対に伸びる市場exclamation×2ですから、期待してますぴかぴか(新しい)。はい。

■さて、今日のMMVBのインデックスは、0.26%右斜め上の1,298.94(売買代金:約333億Rbl)。96社が右斜め上で、67社が右斜め下でした。

わーい(嬉しい顔)上げ組代表:(終値 / 前日比 / 売買代金)
『ユコスAO』・・・・・・・19.9Rbl / 4.19%右斜め上 / 約6,255万Rbl
『統一エネルギー』 ・・・18.89Rbl / 3.06%右斜め上 / 約143億Rbl
『モスエネルゴ』・・・・・・4.87Rbl / 0.72%右斜め上 / 約2,603万Rbl
『タトネフチ』・・・・・・・147.99Rbl / 0.67%右斜め上 / 約2.4億Rbl
『アエロフロート』・・・・・59.6Rbl / 0.52%右斜め上 / 2,445万Rbl
『スルグトネフチガス』・・・42.22Rbl / 0.29%右斜め上 / 約13億Rbl
『ルコイル』・・・・・・・・・2,307.8Rbl / 0.16%右斜め上 / 約72億Rbl

もうやだ〜(悲しい顔)下げ組代表:
『ロステルAO』・・・・・89.89Rbl / 1.03%右斜め下 / 約8.2億Rbl
『シブネフチAO』・・・131Rbl / 0.71%右斜め下 / 約5,939万Rbl
『ズベルバンク』・・・4万1,105Rbl / 0.11%右斜め下 / 約10億Rbl
『ガスプロムAO』・・・230.18Rbl / 0.1%右斜め下 / 約44億Rbl

■インデックスを先週金曜日と比べてみると、0.6%右斜め上となり、ほぼ“横ばい”ですね。しかし3月1日と比較すると、2.9%右斜め下となってます。

■主要銘柄の1ヶ月を振り返ってみると、石油・ガス系では『ガスプロムAO』(5.6%グッド(上向き矢印))、『スルグトネフチガス』(2.8%右斜め上)、『ルコイル』(2.7%右斜め上)などが上昇していますが、『タトネフチ』(16.2%バッド(下向き矢印))を含む他社株はダウンしています(『ユコス』は168%バッド(下向き矢印)がく〜(落胆した顔))。

■その他の燃料・通信・製造・銀行系の主要株では、『アエロフロート』(9.4%グッド(上向き矢印))のみが1ヶ月間で上昇し、『ロステルAO』(6.5%バッド(下向き矢印))、『ズベルバンク』(4.1%右斜め下)、『統一エネルギー』(2.6%右斜め下)、『『AvtoVAZ-3』(2.5%右斜め下)は値を下げているようです。

■もう決算期も終了ですので、来週からどう動くか、楽しみですねわーい(嬉しい顔)

■さて、今日のニュースは、結婚式に関するお話です猫。『Abarus Market Research』社が、結婚式をサポートする代理店を対象に、ウェディング市場の調査を実施したそうです。

■『ロシアにウェディング市場なんてあるの犬?』、と思う前に、『ロシアにも、そんな業者があるの犬?』、という疑問がわいて来ます。どうなんでしょう!? それでは記事にLet`s GoモバQ 

本 結果によれば、モスクワ市場においては、専門的なウェディングサービスの大手代理店は、10社以下だという。それら代理店が、全ウェディング代理店の売上の半数を占めている。その他の売上金は、『ザクス』(戸籍登録課)のサービスや、(新聞・雑誌の)告知広告による一般サービス業者に流れる。またウェディング代理店のサービスを利用しない人もいる。

本 ウェディング代理店は、通常予約料金から10%をサービス料として請求するが、代理店によっては、価格別のサービスパッケージを提供しているところもある。最も安い標準サービスは1,500ドルからで、パーティー(車、花嫁へのブーケ、ヘアセット、司会、DJ、写真・ビデオ撮影など)を除いた結婚式のオーガナイズサービスを提供しているという。

■以前、テレビで結婚式披露パーティーの演出やメークアップなどを行う代理店を取材してましたが、これがいわゆる“専門的なウェディング代理店”なのでしょうね。例えば、花嫁が階段から下りてくる際のブーケの持ち方、顔の表情、また歩く時の姿勢などを、コーディネーターがこと細かく、楽しそうにレクチャー雷してました。

■それよりも、記事の中の『パーティーを除いた雷』という部分がひっかかりますね。パーティーの部分が、実は主要な部分のような気がします。会場予約だけだったら、自分で予約した方が良いでしょうに。1,500ドル支払うに値するサービスが何なのかが、気になるところですね。はい猫

■さて、このロシアの『ウェディング市場』ですが、記事では、この市場は次のように分析されていますモバQ

本 ロシアではウェディングビジネスは、形成段階にある。専門家はモスクワにおけるウェディング市場の市場規模は、6,000万〜2億ドルと評価している。そしてウェディング専門・非専門の代理店が、これらの資金の約3分の1を保有している。

本 大手ウェディング代理店の毎年の売上は、10万ドルとも言われる。市場参入者のデータによれば、モスクワにおける最も安い結婚式(招待客35名)は、4万Rbl(約16万円)で、約30%のカップルがこの価格帯を利用している。

本 調査結果によれば、平均的な結婚式の費用は、8万〜10万Rblである。モスクワでは昨年、7万5,000以上の結婚が登録されている。

■モスクワの場合、結婚式は、一般的に結婚登録を行うために『ザクス』に行き、その後は、ロシア正教の教会に行くカップル、またはそのまま市内の名所に行き記念撮影カメラするカップル、そしてその後はレストランレストランを貸しきって、飲めビールや歌えカラオケや踊れトイレやのパーティーを行う段取りが一般的のようです。はい。

■招待客35名で、約16万円というのは、レストランと車両込みの費用ということでしょう(私の周りの平均値は、4,000〜5,000ドル(約47万〜59万円)といったところので、記事の平均より若干高いようです目)。まあ、16万円というと日本に比べるとすご〜く安いがく〜(落胆した顔)でしょうが、こちらでは決して実現できない価格ではないでしょう猫

■まぁ〜、経済が豊かになってくれば、当然、ニッチなところを狙ったビジネスが登場するものですが、“大手”が10社以下で、年間売上が10万ドルというのは、少なすぎますね。記事にもあるように、まさにニュービジネスということなのでしょう猫

■ではでは手(パー)

野球次項有 毎日感謝してます!! あなたの一票をお願いします!! 
posted by アルバート at 06:56| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。