2006年02月26日

■ロシア人の暮らしぶり〜中流男性編

猫次項有 ナポレオン・ヒル・プログラム

■拝啓

■今日も曇り。今日は3連休最後の日でした犬

■昨日、『ロシアでは、金メダルで5万ドル、銀メダルで3万ドル、銅メダルで2万ドルの賞金が国からでるそうですが、日本はどうなんでしょうexclamation&question』と書きましたが、滝さんからコメントをいただきまして、日本の場合は、『金が300万円、銀200万円、銅100万円を「報奨金」として、日本オリンピック委員会がだすそうです。』ということですぴかぴか(新しい)。『アマチュアスポーツの祭典』なので、メダルだけなのかなぁ〜と思ってましたが、結構な額をもらえるんですねひらめき。滝さん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

■さて、今日のニュースですが、平均的なロシア人男性の暮らしぶりを探ってみましょう。『コンソモーリスカヤ・プラウダ』紙が、マーケティングリサーチ会社『Ekspert-Data』社と共同で中流クラスのロシア人男性の暮らしぶりに関する記事を掲載してます。それでは、まずは毎月の支出からご紹介しましょう モバQ

■市場アナリストの話によると、『ロシア人男性(中流クラスの代表)は、1月に460ドル(約5万3,000円)稼いでいる』ということです。少し少ないのでは目、と思いますが、ロシア全土で考えるとそうなのかもしれません。その月460ドルの収入から、出費が出てきますが、その割合は、『食費(飲み物を含む)・交通費等』に31%、『非消耗品の日常用品(例:家電製品、衣服等)』に33.1%、『公共料金支払い』に23.9%、そして『貯金』に12%、となっています。

■また『外食』(レストランカフェ・レストラン等)は、既婚男性が年間960ドル(約11万9,000円)で、独身男性の年間840ドル(約9万8,000円)を上回っているようです。

■食料品以外では、主に、香水類、衣類、音楽ディスク、自動車のパーツに費やしているようです。年齢によって若干の違いがあるようで、年間の合計額は、24歳以上30歳以下の場合で年間960ドル(約11万2,000円)、31歳以上から50歳以下の場合で約1,020ドル(約11万9,000円)となってます(ちなみに、昨年は男性の20%が250ドル(約2万9,000円)以上のものを購入していないとか犬)。

■さて、住居費家はどうなのでしょうか?モスクワの場合、賃貸料は毎年右肩上がりでグーン右斜め上と上がっていきますので、収入が460ドルくらいだと、全額をつぎ込んでも、賃貸できるアパートは、知り合い経由等の特殊なケースを除いては、おそらく地下鉄最終駅近辺か郊外で一部屋のアパート、あるいは、年金生活者から部屋を間借りするかしかないでしょうねたらーっ(汗)(でも、地方だとまだ良い条件で借りれるでしょうわーい(嬉しい顔))。

本 69%の男性が私有化された自分の住まいを持っている。12.4%が地方自治体の公共アパートに住んでおり、1.1%が勤務先が提供するアパートに住んでいる。一軒家やコテージを持つのは7.5%。そして寮が1.1%、賃貸は7.6%となっている。

■多くの方はご存知でしょうが、日本の方のために補足しますと猫、元々ソ連時代は住宅や公共施設等の全ての建物は、全て国が所有していました。それが連邦崩壊後に、その住所に居住登録されている住人は、区役所に申請すれば、ほぼただ同然でぴかぴか(新しい)自分の所有に移転することが出来るようになったのです。『公共アパート』に住んでいる人は、この私有化の手続きを行っていない人でしょう目。私が以前住んでいたアパートの家主は、この私有化制度のおかげで、モスクワのアパート4軒をがく〜(落胆した顔)個人資産として手に入れ、自分は別荘に住みつつ、家賃収入のみで優雅に暮らしていましたぴかぴか(新しい)

■私有化されたアパートに住んでいる人は、他の人に比べて出費が少ないので楽ではありますが、最近では相次ぐ公共料金の値上げグッド(上向き矢印)により、出費も増えてきているようです犬。はい。

■ところで、家庭を持つロシア人男性の暮らしぶりにも、記事は触れていますので、ご紹介しましょうわーい(嬉しい顔) 

本 家族の中で、誰が家事を行うのかという質問に対し、20%の男性が自分で行うと答え、残りの男性は、妻と日常の雑事を分担するか、全く男性の仕事とみなしていないたらーっ(汗)。実際、女性達の意見によれば、食器を洗い、昼食を準備するという夫の割合は、僅か2.2%であるがく〜(落胆した顔)

本 その代わり、男性は家の外でより多く働いている。女性の労働時間は、平均で9時間仕事をしているという男性よりも30分短い。そして男性は出張に頻繁に行っている(男性は年に10回以上で、女性は年に7回以下)。

■家事をする人が意外と少ないのには驚かされますねあせあせ(飛び散る汗)(タチアナ・ナフカの旦那さんはどうなのかなぁ犬) ロシア人男性は(というか日本にも当てはまるかもしれませんが)結婚するまでは、すごーく女性につくしますが黒ハート、結婚し、月日が経つと、その疲れといいますか、反動といいますが、妻へのサービスも少なくなってくるのでしょうか失恋(でもまぁ〜、私が知っている夫婦の多くは、仲良く家事を分担し合ってますよぉ〜ムード)。

■妻は仕事をしている場合が多いですから、仕事時間の差が30分だと、妻の負担も大きいでしょうねたらーっ(汗)。ロシアは、新婚さんの2組に1組は離婚すると言われるほど離婚が多いのですが、これも原因の1つなのかもしれませんねパンチ 最後に、調査の対象となった中流クラスの男性陣の58%が既婚で、17%が離婚してから婚姻届を出さないまま、恋人と同棲することを好んでおり、25%が独身だそうです。

■ではでは手(パー)

犬次項有 banner_03.gif ありがとうございます!海外のユニークブログへ全員集合!!
posted by アルバート at 08:19| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。