2006年01月17日

■ホリエモン、ピンチ!〜ライブドア強制捜査

猫次項有 無料でもらおう!ナポレオン・ヒル・プログラム


■拝啓

■今日は曇り。徐々に寒くなってきたような気がします。

■今日のニュースで、シベリア地方はマイナス40度exclamation×2を下回り、この寒気が今晩よりモスクワに到し、気温はマイナス27度に下がり、今週末はマイナス36度まで下がるかもしれない、と言っていましたがく〜(落胆した顔) 。

■モスクワのイメージは、『と〜っても寒い国』です。しかし乾燥しているのでマイナス10度といっても、実は意外に耐えられる気温なんですね。でもマイナス20度を越えるとなると、さすがにこたえますもうやだ〜(悲しい顔)。モスクワ在住の皆さん、外出時は、しっかり着込みましょう猫

■しかし、今日は日本のニュースにビックリexclamation×2

■皆さんもご存知の様に、あのホリエモンのライブドアが東京地検特捜部により強制捜査exclamation×2。『子会社の虚偽情報公表などをめぐる証券取引法違反(風説の流布、偽計取引)容疑』、だそうです。

■私はこういうビック・ニュースを知ると、その善悪よりも、まず第一に誰が得をするのか、という観点から考えます犬

■しかも、この捜査はライブドア・法人というよりも、ホリエモン個人に焦点があてられている。となると、ホリエモンを蹴落として、自分が得をしそうなのは誰か?を推測しなければならない。ライバルのIT関連会社か、外資か、政治家か、余り彼にいい感情を持たない一部マスコミ関係か、あるいはふられた芸能人か・・目

■しかし東京地検を動かすほどの力があるとすれば、政治家か、外資勢力(米国)しかないでしょうが。もちろん、当事者ではないので、幾ら考えても、事実は分かるわけがない犬。。

■では、なぜこの1月16日の午後6時頃に強制捜査が入ったのか?、というタイミングの側面から考えてみると・・・・。

■ピンぴかぴか(新しい)とくるニュースがありましたっexclamation×2

TV『耐震強度偽装事件で、衆院国土交通委員会は17日午後、偽装マンションの建築主「ヒューザー」(東京都千代田区)の小嶋進社長(52)を証人喚問する。(中略)午後1時45分から、与野党がそれぞれ約1時間ずつ質問する。 』(時事通信)

■飽くまでも推測ですがわーい(嬉しい顔)、姉歯一級建築士事件の「ヒューザー」の小嶋社長は、証人喚問の際、“政治献金”してきた政治家達が彼を救う姿勢を見せなければ、その実名を挙げるとか、何らかの爆弾発言を行うかもしれない危険な人物パンチ。それゆえ、国民が17日の証人喚問に大きな関心を寄せていては困る人がいる。しかもその人は国にとって重要な人。

■しかーし犬 『ホリエモン強制捜査!』騒動のおかげで、前夜からマスコミ各社は、せっせ、せっせあせあせ(飛び散る汗)と大忙し! このインパクトで国民の関心を一時的にでも、大きくはぐらかすことが出来る。彼であれば、国民の多くはあまり好意を持っていない。しかしその存在感にインパクトがあり、世代を問わず認知度は高い右斜め上。そういう意味で、ホリエモンは格好のダミーなんですねーたらーっ(汗)

■しかし東京地検が今後徹底的にホリエモンを潰しにかかれば、他にも理由があるということでしょう(ホリエモンという存在をターゲットとすることで、「ヒューザー」に絡んだ政治家も、その他の目的がある人物にも、おいしいわーい(嬉しい顔))。

■そして万が一逮捕ということになれば、ホリエモンは非常に不利になるたらーっ(汗)

■『要するに一旦、国策捜査のターゲットになり、検察に「蟻地獄」を掘られたら、そこに落ちた蟻は助からないのである。だからこのゲームは「あがり」は全て地獄の双六なのである』
(『国家の罠』佐藤優著・新潮社P.300より抜粋 http://tinyurl.com/ddnwh

■他の理由があるとすれば、佐藤優氏風に言えば、起業ブームに対する“時代のけじめ”を象徴する、ということなのでしょうか犬

■何れにせよ、今後の動向に注目です。はい目

■ではでは手(パー) 

犬次項有 banner_03.gif 海外の人気ブログが盛りだくさん!ありがとうございます 
posted by アルバート at 07:24| モスクワ ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。